カテゴリー「家族」の80件の記事

初歩きは初富士を拝む百蔵山へ

190101_img_2715t

 今年は元日にして山始め。あまり遠くなく、なるたけ労力は少なく、しかし富士山は大きく見たい、そんな勝手な都合をきっと叶えられるだろう百蔵山(標高1003m)を目指しました。

 道中の車窓から初日の出を拝み、穏やかな陽だまりを2時間弱のんびり歩いて着いた山頂からは、期待していた以上に素晴らしい富嶽眺望でメデタシメデタシ。なんかいいことありそう。前年に続き今年も安全第一、そして程々に、山を愉しんでいきたいと思います。

*撮影2019年1月1日 Canon PowerShot G7X MarkII
*百蔵山/東コース~西コース周回(山梨県大月市/秀麗富嶽十二景第七景)

(第1017号)

追伸: 1月4日に今シーズン初の赤城山で霧氷見物してきました。追ってアップします。

| | コメント (2)

比企丘陵 里山の雅

181201_img_2343

 師走入りの週末、出掛ける予定じゃなかったけど、朝から穏やかに晴れ上がっている小春日和がもったいなくて、お昼を過ぎてから家を出て、地元は比企丘陵の嵐山渓谷(らんざんけいこく)の森を歩いてきました。
 一帯は、さいたま緑のトラスト保全第3号地で、コナラやクヌギが優占する雑木林と大平山に続くゆるやかな斜面や槻川の流れとが織り成す県内屈指の景勝地。イロハモミジは散り加減ながらコナラ等は紅葉のピークを迎えており、午後の日差しを受け木々が黄金に光り輝き、ときおり吹く風で葉が花吹雪のように舞い上がっていました。

181201_img_2363

 車椅子の子どもを連れ、時間も押してしまったため、渓谷の水辺には降りられませんでした。もちろん大平山にも登れていませんが、去りゆく秋、里山の雅をのんびり楽しみました。

*撮影2018年12月1日 Canon PowerShot G7 X MarkII
*武蔵嵐山渓谷(遠山口IN・OUT)/埼玉県嵐山町/県立比企丘陵自然公園

(第1013号)

| | コメント (2)

奥武蔵の関八州見晴台にて

Img_6297

 今年のGW登山は奥多摩と奥武蔵に各1回ずつでしたが、もう1カ所、車で登れる山に家族で行きました。奥武蔵の関八州見晴台(標高771m)です。
 駐車場から目と鼻の先と言えど、体重20キロ超の肢体不自由児を抱えての登り降りは難儀でありました。ただの荷重20キロではありません。メガネを払ってきたり、髪の毛を引っぱったり、好き勝手に動き回るのです。蹴りも入ります。お目当てのヤマツツジは咲き始めでした。

*撮影2017年5月6日 Canon PowerShot G7 X 関八州見晴台/埼玉飯能越生境

(第943号)

| | コメント (0)

赤城山のお助け砂

160211_g1xm2_7225

 想像するに2017年1月22日の赤城山は指折りの雪山日和。きっとこんな霧氷天国だったに違いありません。
 しかし、この日は愚息の高校受験初日ゆえ、山行きは控えました。親が遊びで未明から不在とあっては何かあったとき申し開きが立たなくなりますからね。(笑)

 とは言っても親ができることなど何もありません。普段どおり送り出すだけです。滑り止めの御守りにアイゼン貸してやるぞ、と言ったら、ピッケルが良いと返されました。ごめん、父ちゃん、ピッケルは持ってないんだよな~
 ってことで、以前に買った『赤城山のお助け砂』(AKAGIやる気塾謹製)を進呈。この砂は「受験、登山、車の運転、わかさぎ釣り、告白、一発ギャグなどでスベリたくない時にお助けします」だそうで、とりあえず受験番号と名前だけは確実に書いて来られたようです。さあ、砂の効果や如何に?

P1226308

 冒頭写真は、絶好の霧氷日和だった昨年2月11日の赤城山でのカットです。山は逃げないと言うけれど、今日は行きたかったなあ‥‥。まあ、初試験の当日では仕方ありません、いちおう受験生の親なので。

(第925号)

| | コメント (0)

有間峠から新緑まばゆき奥多摩の尾根へ

Img_0778

 連休山行第3弾も奥多摩へ。前回に続きラクチン山歩きを企み、車で行ける奥武蔵最高地点である有間峠(標高1149m)から都県境の尾根に取り付きます。その後、この頂を仰ぎ見るところまで歩いて、でも、ゆるハイク貫徹。同伴者の意向でこの頂には登らず戻りました。

続きを読む "有間峠から新緑まばゆき奥多摩の尾根へ"

| | コメント (4)

妖怪にゃおん、旅立つ

110623_r0010094

 妻の連れ子であり、私が親しみを込め“妖怪にゃおん”と呼ぶ飼い猫が2月7日、しずかに息を引き取りました。本名広田めぐ、長女、黒猫、推定雑種、享年推定19歳。
 めぐは、1997年、交通事故に遭って瀕死の道ばたで妻に拾われました。まだ両手のひらに乗るほどの小さな命。妻によって動物病院に運ばれ一命こそ取り留めるも、下半身の機能は失われ、自力での排泄もできません。以来、妻がほぼ毎日、足の包帯替えやら排泄の介助やら世話をしてきました。

 昨年の暮れから急に弱ってしまって覚悟はしていました。生きていることとは如何に尊くて、そして、かように果敢無いものでもあるか。眠っているような彼女の身体からだんだんに温もりが逃げていく悲しい夜でした。

(第861号)

| | コメント (2)

夏休み、会津駒ヶ岳へ

150812_img_4102_2
 昨年に続き、今年も長男を道連れに夏休み親子山行。檜枝岐(七入山荘)で前泊し、ペルセウス座流星群の星空目当てに会津駒ヶ岳の駒ノ小屋で1泊。さらに駒から大津岐峠を経て下山し、その足で尾瀬沼に向かい後泊もする3泊4日のプランでしたが‥‥

続きを読む "夏休み、会津駒ヶ岳へ"

| | コメント (7)

玉原の森をあるく

P7040968_lr2

 週末は家族で泊まりの尾瀬を計画していましたが、土日とも微妙な予報にてパス。代わりに日帰りで玉原(たんばら)の森を歩いてきました。尾瀬に劣らぬ美しいブナ林が広がっていて、またひとつ、好きな場所ができてしまいました。

続きを読む "玉原の森をあるく"

| | コメント (3)

16年前、上野駅13番線にて

 16年前の1999年6月4日は新婚旅行の初日でした。向かう先は北海道、乗り込む列車は寝台特急「北斗星1号」札幌ゆき、出発はいまと変わらぬ上野駅地上ホーム13番線です。いまと違うのは写真が全部フィルムで総じてワンシーン・ワンシャッター、写っている人物もまだ若者ですね。

990604_hokutosei1
 当日の機関車EF81型99号機は、その後、カシオペア塗装をまとい、2011年8月まで走り続けて廃車となりました。当時毎日3往復もあった北斗星がいまや週に3往復、まもなく“とうさんばん”の情景も追憶の彼方へと走り去ろうとしています。

990604_hokutoseiticket
 当日の切符。A個室ロイヤルです。北斗星の寝台券は当時もプラチナチケットで、10時打ちに参戦してくれた友人が見事引き当ててくれました。これが最初で、たぶん最後となるロイヤル乗車でしょう。

(第804号)

| | コメント (3)

芽吹きを求めて奥多摩三頭山へ

150505_img_2694

 寝台特急「北斗星」の撮影に明け暮れ、ちっとも山に行けません。北斗星は今夏で姿を消してしまうので仕方ありません。今年は山を諦めています。せめて北斗星の走らぬGW連休中だけでも、と奥多摩三頭山へ。しかし、とんだハプニングもあり‥‥

続きを読む "芽吹きを求めて奥多摩三頭山へ"

| | コメント (2)

より以前の記事一覧