カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の206件の記事

ダイソーメスティンがやっと買えたんで

107101img_2509

 昨今キャンプがブームのようでグッズが軒並み品薄です。なかでも、ダイソーから6月に売り出されたメスティン(いわゆる飯盒のこと)は重さ103g、作りはしっかり、しかもアルマイト加工済みでシーズニングも不要ながら500円の破格とあって、転売屋も巣くうほどに大人気。9月に入って店頭に並んでいるのをようやく見つけゲットできました。
 メスティンと言えば2合弱のサイズが一般的ですが、ダイソーのは1合と小振り、ソロ炊飯にはもってこいでご覧のジャストサイズ!(笑) これでさっそくご飯を炊いてみましょう――

続きを読む "ダイソーメスティンがやっと買えたんで"

| | コメント (0)

75回目のヒロシマ忌、原爆の図丸木美術館に行く

200806img_2370

 広島に原子爆弾が投下されてから75年の節目となる今日、「原爆の図丸木美術館」に行ってきました。近くに住んでいながら、これが初めての訪問です。

 戦争において原子爆弾が使われたのは過去の事実。しかし、永遠に過去で在り続けるのでしょうか。隣国から私たちに向けられた核兵器はこの瞬間も存在しており、それが放たれれば、数分後に私たちは「原爆の図」と同じ惨状を体験しなければならなくなります。けして過去の他人事ではありません。
 ひるがえって、核兵器廃絶は歴史が物語っているとおり容易でないとしても、こうして核使用の実相に触れ、その事実を伝えるだけでも無意味ではない気がします。お近くの方はぜひ丸木美術館に行って「原爆の図」と直接向き合ってみてはいかがでしょうか。
 それは無力なようでいて核廃絶に向けた有用な行動の一つだと私は思います。

2020年8月6日 原爆の図丸木美術館 埼玉県東松山市下唐子1401番地

(第1069号)

| | コメント (0)

桑の実

200607rx_08328
 家の周りに限っていた散歩の範囲を少し広げました。入間川まで出ると河川敷で懐かしいものを見つけました。自生の桑の実(別名マルベリー)です。
 子どもの頃、そこらへんに生えているのを通りすがりに洗いもせず食べ、バレて親に叱られていたことを思い出します。よゐこだった方は心当たりがないかもしれません。そう言えば、昔に比べ、桑畑を見なくなりました。こんな鈴生りを見たのは何年ぶりでしょう。

 1つ摘まんで口にします。少年時代の記憶がすぅーっと蘇ります。真っ黒に熟した実を少し持ち帰り、ジャムにしてみました。ラズベリーよりは甘く、ブルーベリーよりは酸っぱく、なんとも爽やかな風味でありました。

(第1066号)

| | コメント (4)

株主限定プレミアムビール2020

Img_2028

 お待たせしました、恒例、株主限定ビールの話です。今年のお題目は、「麦本来の濃醇な味わいが特長‥‥アサヒビールの最新醸造技術“旨み残し発酵”により、麦芽由来の濃醇な旨みを最大限に引き出すことに成功‥‥素材本来の奥深い味わいをじっくり楽しむことのできるプレミアムビール」だそうです。アルコール度数は5%でした。

 出来映えは、一言で言えば‥‥ これといった特徴を感じず、そもそも「濃醇」とは何なのかもよく分からず‥‥ そして、極めつけか、同封されていた株主宛て手紙の「‥‥『中期経営方針』 では、「稼ぐ力の強化」、「経営資源の高度化」、「ESGへの取り組み深化」を重点課題に設定し、“グローカルな価値創造経営”を推進しています。また、この重点課題をエンゲージメント・アジェンダとしてステークホルダーとの対話に努め‥‥」なる文章群‥‥

 あのぅ社長さん、これじゃ、なにを言ってるんだか、なにが言いたいんだか、さっぱり分からないですよ。次からは、せめて小池都知事レベルのでお願いします。

【関連記事】 株主限定プレミアムビール2019 (第1030号)

(第1065号)

| | コメント (0)

すべての人の心に花を ~Flowers for your heart~

170617img_8224
ホソバヒナウスユキソウ 谷川岳 西黒尾根 Mt.Tanigawadake, Nishiguro ridge June 2017

🎵 Blossom of snow may you bloom and grow
    Bloom and grow forever . . .

    Bless my homeland forever

ホソバヒナウスユキソウ/細葉雛薄雪草‥‥ キク科ウスユキソウ属。ヨーロッパアルプスに咲くエーデルワイス近縁の日本固有種(絶滅危惧II類)。ミヤマウスユキソウ(別名ヒナウスユキソウ)の変種で尾瀬の至仏山と谷川連峰の蛇紋岩が露出した風衝地にのみ生える。綿毛に包まれた白い花びらのように見える部分は葉である。花期6月~7月。

(第1063号)

| | コメント (0)

2年ぶり、狭山丘陵 菩提樹の山桜へ

200321_rx_06680
 狭山丘陵は菩提樹池の里山に咲くヤマザクラの大木。これまであまり広くは知られていません。人混みを避け、静かな花見を楽しもうと2年ぶりに行ってみました。運が良ければトトロに逢えるかもしれません。
 ところが様子は一変、ずいぶんと賑やかに‥‥ 多くの人が「ミツコザクラ」と呼んでいます。聞いたことがありません。調べてみると、所沢市がその呼び名で「とことこ景観資源」に指定し、市のホームページに写真付きで詳しい場所も分かるよう載せていました。
 木の下ではしゃいでいる子どもたちの目にはトトロが映っているのかもしれませんが、おじさんの霞んだ目には‥‥
200322_rx_06855
*とことこ景観資源190番『みつこ桜(中峯一本桜)』 所沢市山口字西中峯
*撮影2020年3月21・22日 Sony RX100m6

【2年前の記録はこちら】 狭山丘陵 トトロの山桜、春燦燦 (第982号)

(第1061号)

| | コメント (0)

年賀状2020

2020_nenga

 謹んで新春の御祝詞を申し上げます

旧年中は、格別のご厚情をいただきまして、誠にありがたく存じます。
本年もいっそうのご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。
 2020年元日

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 今年、春で50歳になり、秋には弊事務所開設25周年を迎えます。人生の半分でこれを半生(はんせい)と言いますが、同じ字面を「はんなま」とも読み、つまりこの程度は未熟者であります。

 40代は登山に明け暮れた10年でした。50代はどんな10年になるんだろう。いや、どんな10年にしよう‥‥
 先が見えないようで見えた気になることがあります。でも見えたはずとは違う場所に辿り着いたりもします。かつて「冬はお休みです」「雪山はやりません」と言いながらこの年賀状です。だから先のことはわかりません。未だ天命も知れません。しからば未熟を自覚しつつ理想は持って惑わず時々の風に吹かれるしなやかな中老で在りたいと思います。

(第1051号)

| | コメント (2)

登山靴を買い替える夏の陣

Img_9129

 予備の登山靴としてバーゲンで買っておいたCaravan C1-02(※写真右奥)。2016年以降はこれがグリーンシーズンのメインとなり、北アルプス5回を含む幾多の山々で履き通してきましたが、ソールは目減り、外装も擦り切れてきたので、山で壊れないうちに買い替えです。
 後継となるC1-02Sが、ちょうどキャラバンシューズ65周年を記念した「LIMITED COLOR」にて数量限定販売中。サイズ感は分かっているのでネットで買ってしまいました。この靴に限っては通販で全く問題ありません。そのぐらいの信頼感です。

 かつてのメインGK-30もここにきてソールが剥がれ天寿全う。主に冬や泥濘コースで履いてきたヌバックレザーのGK-69も更新時期が近づいており、ただ最近さまざま物入りゆえ、これらはとりあえず冬まで先送りだ。

(第1031号)

※余録‥‥ 4月20日の至仏山のあと、すでに山行き5回していますが、記録の整理が滞っております。大半が初めて歩いたところなので僅かでも書き留めておきたいんだけど‥‥(汗)

| | コメント (2)

株主限定プレミアムビール2019

Rx_02491

 お待たせしました、恒例、株主限定ビールの話です。今年のお題目は、「徹底的に「麦のうまみ」にこだわり抜き‥‥ 世界有数の大麦産地として知られるオーストラリアの基準で最高等級にランクされ、粒の大きな大麦の麦芽のみを贅沢に使用した、麦芽100%の生ビール‥‥ ホップ由来の苦みも抑えることで、麦本来のうまみを余すところなくご堪能いただける‥‥」だそうです。アルコール度数は5.5%でした。

 出来映えは、一言で言えば、良く出来た新ジャンルの味わい。ウリであるはずの主役「最高等級ランク大麦麦芽」が、脇役「ホップ香料」に打ち消されてしまったよう感じました。最近、数量限定で発売された『麦とホップ 爽の香』に負けたかも。麦芽100%ビールは麦芽とホップのみで勝負してこそ勝機(商機)あり、ではないでしょうか。

p.s. 今期は過去最短で手仕舞い。わずか3営業日のみの保有で、配当別の税引き売却益は2千円強でした。(つまり今期もタダ酒!)

【関連記事】 株主限定プレミアムビール2018 (第992号)

(第1030号)

| | コメント (0)

花咲く片品、天王桜を愛でる

190503img_6555

 尾瀬の玄関口である群馬県片品村に「天王桜」(てんのうさくら)と称される真ん丸とした大きな一本桜があります。樹齢300年以上、幹回り6m、枝幅は17mを超えるオオヤマザクラで、日本最大級と云われています。
 尾瀬に通い続けて10年。その行き来のついでに都合良くは咲いてくれず流れ流してきましたので、今年初めてこの桜だけを目当てに片品へと足を運びました。朝5時から日付を跨いで翌午前1時半までゆっくりじっくり愛でてきました。長いですかね?(笑)

 GW10連休は、前半で県内の山に1回登り、後半この桜を見に来ただけで終わってしまいました。かつてないほど雪氷に明け暮れたシーズンを区切るにはちょうど良かったかもしれません。ようやく気持ちが春夏へと切り替わりました。

*撮影2019年5月3日 群馬県指定天然記念物「天王桜」 片品村針山

(第1029号)

| | コメント (2)

より以前の記事一覧