カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の277件の記事

谷川岳を描いた切手と風景印

170922_minakamiyubiso

 今秋の谷川連峰第1弾で山麓局の風景印をゲットしました。合わせたのは2002年発行のふるさと切手「谷川岳」です。
 意匠は、切手が「アズマシャクナゲと谷川連峰」(左)と「紅葉の一ノ倉沢」で稜線や雪渓も丁寧に描かれており、風景印は、水上局が「水上温泉と谷川岳の遠望」、湯桧曽局が「谷川岳一ノ倉沢の岩壁に湯檜曽温泉と文学歌碑」がデザインされています。どれも秀逸で、とくに水上局の温泉マークが何とも言えぬ味わいを醸していますね。

 ところで温泉と言えば‥‥(以下、全くの余談)

続きを読む "谷川岳を描いた切手と風景印"

| | コメント (0)

ぶらり善福寺公園

170702_img_0068

 急きょ日曜に西武新宿線の上石神井駅へ行かねばならなくなり、せっかくなので善福寺池(善福寺公園)まで足を伸ばしました。井ノ頭池(井の頭恩賜公園)、三宝寺池(石神井公園)と並び武蔵野三大湧水に数えられる水辺で、これら3カ所は川越からでも西武線で案外と行き易い穴場ぶらりスポットであります。

続きを読む "ぶらり善福寺公園"

| | コメント (0)

思い切ってG7 X Mark II

P7010077

 Canon PowerShot G7Xは僕のスタイルにドンピシャのカメラです。でも、購入からわずか半年後の昨年4月、後継機mark2が発売され、以来、そいつにずっとうるさく付きまとわれていまして、思い切って乗り換えてみることにしました。後継機は新映像エンジンDIGIC7によるブレイクスルーがてんこ盛りです。
 初代はG1X MarkII を超える広ダイナミックレンジでしたが、ディテールの甘さが否めず下克上はなりませんでした。さあ2代目はどうでしょう。

 なお、いま使っているLightroom5.7ではG7Xmark2のRAW(CR2)が読み込めません。無料の「Adobe DNG Converter」でDNGに変換すれば読込&現像できるようだけど、劣化とかあるのかな?(それだと困る) アドビ税は予算外だな~σ(^_^;

【関連記事】 いまさらながらG7X(第840号)

(第951号)

| | コメント (2)

株主限定プレミアムビール2017

P6047262

 毎年恒例のこの話題。今年のお題目は、「国産の麦芽とホップだけを原料に使用した和のプレミアムエールです。日本の大地の恵みと当社初採用の酵母に由来する華やかな麦の香りをお楽しみいただけます。麦芽100%でコクがある琥珀色のプレミアムビール‥‥」だそうです。アルコール度数は6%です。
 出来映えは昨年に続き今年も上等。色も香りも喉越しもしっかり華やか。苦味に甘み、フルーティな香りも際立つ正統エールでありました。少し前にヱビスが「和の芳醇」なる同趣旨の限定品を出していましたが、アサヒの圧勝です。

P5217252

 えー、2年前に高値で掴んじゃったアサヒ株。その後の下落トレンドで評価損が膨らんでいましたが、今年に入り上昇に転じ1割以上の含み益が出たので、いったん利確しました。
 しかし、買うと下がって売ると上がるの株取引あるある(?)で、売却後は新値を追う展開となり上場来高値を連日更新、もはや“高嶺(高値?)の花”状態になっています。買い戻すにはまた‥‥。これって、儲かっているのか損しているのか正直よく分かりません。この2年だけ見れば35缶ビール8本タダで飲めた勘定ですが。

【関連記事】 株主限定プレミアムビール2016(第882号)

(第946号)

| | コメント (4)

奥武蔵、春もみじの尾根へ

170503p5036737

 芽吹き間もなき奥武蔵は春紅葉の彩り。山笑う新緑とも、鮮烈な錦秋ともまた一味違った、淡い独特の色合いを愛でながら、ウノタワから大持山を乗り越し小持山までの奥武蔵珠玉の尾根道を歩いてきました。
 この時季この尾根もう1つの楽しみはアカヤシオ。こちらはピークから数日遅かったようで、新鮮な花の多くは終わってしまっていました。それでも見て歩くには十分、ふんわりピンクの優しい花たちに癒された日本国憲法施行70周年の記念日でありました。

170503_p5036785

*撮影2017年5月3日 OLYMPUS STYLUS 1s 奥武蔵大持山~小持山の尾根にて

(第939号)

| | コメント (0)

桜、流れて

170410_img_5003

 桜が咲いて散っていくまでの約10日間、そこに今年は所用やら仕事やらが次々入り込んできて、全然うつつを抜かす暇なく桜の季節は流れていってしまいました。
 でも春は、奥多摩や奥武蔵の山あいへと足を伸ばせば、進んだ季節を少しは取り戻せます。仕事等が一段落したこの週末、飯能の奥まで行ってみました。山が見事な笑いっぷりです。狙いのアカヤシオには遅かったけど、棚から牡丹餅、笑う門には福来たる、知り合いとの遭遇もあったり、なんか得した気分で山を下りてきました。

170423_img_5811_s1

 そんな次第で今年もまた吉野山に行けなかったけど、地元でこんなの見られるのなら、別にわざわざ遠出しなくてもいいかという気になります。井の中の蛙、とはこのことか?

【写真上】川越市内にて2017年4月10日撮影/【写真下】旧名栗村の飯能市内にて2017年4月23日撮影/どちらともCanon PowerShot G7 X

(第937号)

| | コメント (2)

パステルカラーの氷川橋にて

170407img_4883

 3月下旬になっても雪山で戯れていたせいか、例年なら桜に明け暮れる頃を迎えてなお気分が春に切り替わりません。それでも咲いている桜は日々目に付くもので、ふと気になり、いつもの場所へと出向いてみました。
 なんともう花筏です。夕陽を浴びてすごくキレイ。きっとこれが今年の極でしょう。良いときに来ました。心の中が一気に柔らかく明るく澄んだ調子になりました。春一色です。

*撮影2017年4月7日 Canon PowerShot G7 X 川越市宮下町二丁目“誉桜”

(第936号)

| | コメント (4)

十五の春

十五の春に咲かぬ桜もあります。きっと其処此処にあります。
そんな桜たちもみなそれぞれ世界に一つだけの花なのであります。
だから日々健やかに生きている以上を望んではいけないのかもしれません。

何を隠そう私自身も十五の春に咲けず当時の自分と重ね合わせ色々思い回してしまったけれど、もう止めて、きちんと省みることだけはしつつ、前を向いて歩き出すとしよう――

やっと出掛けられる気分が戻ってきたので電車に乗って奥武蔵へ。
山の駅に降り立ったとたん花粉の大海原へと投げ込まれたようで‥‥
この2週間分以上の涙と鼻水が一気に出ちゃってまた泣き腫らした春彼岸の休日です。

170319_img_4141
セツブンソウ 奥武蔵日向山「山の花道」にて2017年3月19日撮影/埼玉県横瀬町

(第934号)

| | コメント (2)

ペンクリニックに行ってみた

P2276613

 お気に入りの「パーカー75」が書き出しに掠れがちなので、手持ちの万年筆を無料で調整してくれるイベント“ペンクリニック”に行ってみました。今回の開催場所は群馬県太田市、ドクターは著名な川口明弘氏です。

 ペンクリは混むの先入観でしたがほとんど待たず、いざ診断。ドクターは、ペンを掌に載せ紙の上を滑らすも線が出ず、フロー悪しとの所見。それから数分足らずの作業で返されたペンは、さすがの職人芸、もう全く掠れないペンに生まれ変わっていました。すごい。
 一方、調整後、横画での引っかかりが見受けられ、聞くと「インクとの相性」の所見。ちなみに使用インクはパイロットのブルーブラックです。パーカーのインクは好みじゃないので、う~ん、困ったなぁ・・・

 さて、写真にはもう1本のペンが並んでいます。最近の万年筆熱が高じて、いままで使ったことのない国産金ペンも気になり買っちゃったんですね、じつは。(笑)
 で、これもフローが悪いと診断され、でも、調整後に同様の摩擦感‥‥このまま少し使って様子を見るけどセカンドオピニオンが必要かなぁ‥‥こうしてどんどん沼に填まっていくんだろうなぁ‥‥楽しいけど恐るべし万年筆の世界。

【沼の入口はこちらでした…】 LAMY Safari なる万年筆を手にする(第923号)

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 追伸 太田(旧・新田)まで行くんじゃ、赤城山はもう目と鼻の先。ってことで、ついでに先回りして赤城山も歩いてきました。こちらは機会あれば後日また。

(第931号)

| | コメント (0)

奥多摩三頭沢 氷の造形をたのしむ山始め

170107_p1076137

 仕事始め、もとい、山始めに奥多摩の三頭山を歩いてきました。三頭大滝から三頭沢にかけての沢筋では凍結が始まっており、寒の入り頃の風物詩である氷の造形がたのしめました。カメバヒキオコシのシモバシラ氷花も小さいながら点々と咲いていました。

 山頂(西峰)からは富士山がよく見えており、午後の日差しに照り輝く姿が印象的でした。石尾根もスッキリ見渡せ、遠く日光の峰々まで望めました。冬枯れの奥多摩もいいものです。
170107p1076260

 今年も安全第一、そして程々に、山を愉しんでいきたいと思います。

*撮影2017年1月7日 OLYMPUS STYLUS 1s
*奥多摩三頭山/檜原都民の森「ブナの路」周回(東京都檜原村)

(第922号) 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧