カテゴリー「能登」の30件の記事

10年前、奥能登にて

 2005年3月31日を跨ぐ1週間、私は、出生地である奥能登に張り込んでいました。同日をもって廃止される「のと鉄道能登線」(石川県・穴水~蛸島間61キロ)の最期を見届けるためです。それから10年が過ぎようとしています。いま見上げている空だけが当時と繋がっている唯一の現実です。

Noto_last1dayp
 主に最終日に撮影した写真を寄せ集め、廃止直後に制作した写真コラージュ『のと鉄道能登線最期の24時間』(上)と各写真の説明書き(pdf)。 

 なお、リサイズ処理を除いて、当時の制作物及び説明書きには一切手を加えていません。若干穏やかならぬ文章表現も見受けられますが、本記事の意図をお酌みいただき、ご了承願えれば幸いです。

(第775号)

| | コメント (4)

ふるさとが近きになりて思ふこと

 北陸新幹線の長野金沢間が開業しました。大宮から約2時間で金沢まで行けるようになり、かつて室生犀星が「ふるさとは遠きにありて思ふもの」と詠んだ北陸と首都圏がぐっと近くなった、と新聞には書かれていました。しかし、それは光の部分であって、影の部分に目を向けるとどうでしょう――。

Dscf7680_1

 出身地である石川県鳳珠郡能登町。その役場所在地である宇出津までのルートを振り返ってみました。北陸新幹線の計画が決まった私がまだ子どもの頃は、国鉄1社「川越から宇出津ゆき」の1枚の切符で済み、東京から鈍行を乗り継いでも1日で行けました。

続きを読む "ふるさとが近きになりて思ふこと"

| | コメント (2)

能登線追憶(18)

Noto_81304_1

 ちょうど24年前の1988年3月24日、JR能登線最後の日。穴水―蛸島間を6両編成仕立ての記念列車「サヨナラJR能登線」号が走った。500円で線内1日乗り放題のフリーきっぷを買って、祖母や従弟らとともに汽車の人となった。時代はまだ昭和だ。
 JR穴水駅1番線ホームは、記念列車を見送る人で埋まっていた。鉄道能登線にとっては小学校の卒業式のごとし。この日を境に運行の担い手が「JR」から「のと鉄道」に変わるだけで、能登線は能登線で在り続ける。人々の表情に惜別の寂しさはあっても悲しみはない。

 当時の国鉄に見切りをつけ、早期の廃線指定を陳情してまで、石川県が先頭に立って旗をふり鉄道として残したマイレール能登線。それからわずか17年後、同じ石川県が旗をすげ替えることによって、再びこのホームでこの光景が繰り広げられる未来をまだ誰も知らない。

Noto_81307_1
▲動き始めた汽車の窓から……。
 写真上下とも、JR七尾線・能登線の穴水駅にて1988年3月24日筆者撮影

Arigatounotosen
▲この日使用した「ありがとうJR能登線」キーホルダー付き「さよなら能登線フリーきっぷ」

(第511号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登線追憶(17)

Img_3507
のと鉄道能登線蛸島駅 2005年2月11日撮影(石川県珠洲市)
Canon IXY DIGITAL400/Photoshop Lightroom3.6にて現像

「蛸島(たこじま)は奥能登にある遠い遠い終着駅で、金沢から急行でも三時間一〇分、各駅停車だと五時間もかかる。」――宮脇俊三著『終着駅』(河出書房新社・2009年)より引用。

 夕闇迫る蛸島駅のホームに立つ。金沢から160キロ、奥能登の果てる終着駅。駅員はおらず、汽車を待つ人もいない。雪が風にあおられ、しゃりしゃりと降り積もっていく。都会ではラッシュアワーだが、およそ文明的な音は聞こえてこない。
 それでも決まった時刻になると、駅は灯り、汽車がくる。丘をぬけ、やってきた汽車のライトはどこかメルヘンチック。ほんに小さな汽車だけど、温もりたちをたくさん乗せてやってくるんだ。

(第502号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登線追憶(16)

Noto_02923
のと鉄道能登線矢波駅 2005年2月14日撮影(石川県鳳至郡能都町=当時=)
CanonEOS55,Tamron28-200mm,RDP100

 日本海に防波堤のよう突き出た能登半島。荒波が押し寄せる北側を外浦といい、半島に包み込まれた南側を内浦という。真冬であっても波穏やかな内浦沿岸を、かつて能登線が29の駅でつないでいた。
 そのなかで一番海に近い駅、矢波。ホームに立つと、遮るものは何もない。小さな待合室に入り腰をおろせば、見えるのは海だけだ。雪の止み間、陽射し降り注ぐ浜辺ではウミネコたちが羽を休めている。汽車を待つ時間(とき)の波音はどこまでもやさしい。

(第501号)

| | コメント (0)

能登線追憶(15)

Noto_w1626_1
のと鉄道七尾線能登三井―穴水間をゆく、輪島発金沢行き急行「能登路4号」
2001年2月11日撮影 CanonEOS55,Tamron28-200mm,RDP100

 のと鉄道七尾線穴水~輪島間の廃止が1カ月後に迫る2001年2月、私は、雪の能登路にありました。この鉄道の最期の冬景色を見届けるため、わずか2日ながら滞在。けれど向かう道中、吹雪く深夜の能登有料道路でブレーキに異常を感じ、JAFに救援要請。レッカー同乗にて金沢へと引き返した記憶は、いまでも鮮明です。
 そんなことがあって結局、1日1往復の急行「能登路」撮影はワンチャンス。膝上まで雪に埋まる斜面で近づく汽車を待っていたら、鈍色に覆われていた空がひらき始めました。ほどなく満員の乗客を乗せた急行列車が、やわらかな陽射しにつつまれ、ゆっくりと、そして静かに通り過ぎていったのでした。

 いまから10年前、穴水より先が切り捨てられた七尾線。それからわずか4年後、今度は穴水起点の能登線も見捨てられることになります。春が待ち遠しいこの時期になると、来て欲しくない春のあった過去を思い出さずにはいられません。

(第424号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登線追憶(14)

Noto_01913
のと鉄道能登線甲~鹿波間 “甲入江”付近を快走する普通列車
2004年10月11日撮影 CanonEOS55,Tamron28-200mm,RDP100

 甲(かぶと)駅を出発した上り列車は、大きく左にカーブしながら、波静かな甲入江の岸辺に沿って高度を上げていく。このあたり穴水湾北湾沿岸は「七浦七入(ななうらなないり)」と呼ばれるリアス式海岸の絶景だが、甲~比良(びら)間の能登線は山へと分け入り、野並トンネルや線内最長の川尻トンネル(1259m)でトヤン高原を越える。

 近づく汽車に向け左手を挙げると、運転士が軽い警笛を鳴らし応えてくれた。真っ正面の“特等席”でこちらに敬礼している少年の姿が印象的だった。

Img_2659
七浦七入夕景。能登線中居駅近く、並行する国道249号線の「中居湾ふれあいパーク」にて2004年11月撮影。中居~比良間の能登線車窓からも見られた七浦七入の風景でもある。

(第401号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登線追憶(13)

Noto_w1210

 不定期ながら続けている「能登線追憶」シリーズ(?)に、2度目の七尾線登場です。
 いまから10年前、七尾線の穴水―輪島間は、それぞれ最後の季節を過ごしていました。その姿を記憶と記録に残したくて、その年は何度か能登に通いました。夏雲立つ炎天下のもと、穴水と輪島の間を朝から晩まで駆けずり回っていたことを、今年の夏の暑さが思い出させてくれます。

 その能登に、今年はまた帰れそうもありません。ただ、こうして追憶にひたることで、気持ちだけでも帰れたような気になりました。それにしても、あれからもう10年……アルバムの1つも作れておらず、無為に時間を過ごしていることを実感します。

Noto_w0908_2
写真は上下とも、のと鉄道七尾線穴水―能登三井(みい)間にて2000年8月撮影。下の列車は、金沢発輪島行き急行「能登路1号」。CanonEOS55,Tamron28-200mm,RDP100

~追伸~
 のと鉄道の無人駅(西岸駅)を活用し「駅舎マーケット」を始めた方がいます。
  ・西岸駅舎きまぐれ報 http://notogishi.exblog.jp/
 先日ご紹介した秩父鉄道の記事でも触れましたが、こうした価値ある“資産”が積極的に利活用されていくのは素晴らしいことです。というか、鉄道会社自らが、もっともっとそういうことに目を向けるべきなのですが…(それを実践しているところは、どこも“元気”ですね)。

(第382号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登線追憶(12)

 朝方に降り積もったボタ雪は、ほとんどが解けて消えていた。長く厳しい冬が終わろうとしている。能登線の、一番好きな場所に一番好きな列車が、まもなくやってくる。この場所に立ち何度その汽車を見送っただろう、その汽車に乗り何度この景色を眺めただろう、ファインダー越しに失われた風景を探し求めた。
 待っているのは、急行「能登路」。かつて金沢と奥能登の果てを結び、能登半島を駆け抜けていた列車。その名に「さよなら」を冠し、在りし日の姿でもうすぐやってくる。その姿が見たくて、再び見たくて待った月日は約17年。希み求めた再会を能登線廃止がもたらすとは、因果か。

 『神様、仏様、御先祖様。古(いにしえ)の汽車と会う夢は返上しますから、どうか能登線を残して下さい。』

 そんな願いを取り纏める前に、かの汽笛が聞こえてきた。少年時代の心象がすうっと目の前に現れたのだが、刹那に去りぬ。……6日後、此処に鉄路を刻む汽車の姿もなくなった。

Noto_03102
のと鉄道能登線波並駅付近を走り去る、蛸島行き臨時急行「さよなら能登路」
2005年3月26日撮影 CanonEOS55,Tamron28-200mm,RDP100

(第318号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらば故郷への夜汽車よ

P1110220_0

 上野と金沢を結ぶ夜行列車の「北陸」と「能登」。両列車の廃止が決まった昨年末から、言いようのない脱力感に支配されてきたが、これを振り払った。最終日前夜、大宮駅のホームに私は立っていた。
 23時25分に「北陸」が、23時59分には「能登」が、それぞれやってくる。その都度ホームに流れる「まもなく、8番線に、金沢行き……」という案内放送。大宮駅が、故郷(ふるさと)との結節点たる特別な駅であることを、改めて実感する。

 両列車の姿は国鉄時代そのもの。発着する30分程の間、辺りには、20年も30年も前の時代の情景がよみがえる。今日はなぜか、少年の頃の私もいる。彼と同行二人。幼い頃の感情や記憶が、すうっと現れては遠ざかっていく。故郷への憧れの列車、故郷を想う列車、故郷の匂いのする列車。確かめるよう、そして忘れぬよう、目に、耳に、心にと焼き付けた。

 列車は、すぐに行ってしまった。気がつくと、少年の頃の私もいない。どうやら汽車に乗り込んだようだ。彼を通じて汽車と私も同行二人。彼らが戻ってきたら、またいっしょに旅をしよう。
 ラストランを飾る――どこからか、風に乗り飛んできた手垢まみれの紙切れには、そう記されていた。

Img_1376_1
12日の運転を最後に廃止される寝台特急「北陸」(写真上・LX3)と急行「能登」(写真下・S90)
JR大宮駅にて2010年3月11日撮影

*関連記事 上野金沢間を直結する列車が消え去る日(第290号)

(第315号)

| | コメント (3) | トラックバック (0)