« 株主限定プレミアムビール2024 | トップページ

RX100M6、みたび修理

114201img_3244
 自称コンデジフォトグラファー。1台で何でもこなせる万能レンズ、筐体はできるだけ小さく、でもセンサーは少しでも大きく、そんなカメラを渡り歩いてきました。老眼が進んだいまはファインダーも必須です。
 最後にカメラを買ったのが2019年4月のSONY RX100M6。その4か月後にAF機能を強化したマイナーチェンジの後継M7が発売され、その後、新機種の発表・発売がありません。CANONも同様で、5年前のカメラがいまだ“最新機種”で時価は約17万円もします。

 そんな状況ですからM6を使い続けているところ、調子が悪くなりました。電源は入るけどシャッターが切れない、カメラの操作も一切できない、という事態。3年前と同じ故障です。
 とりあえず修理に出し、気付いている他の不良箇所を申告し、ほかに異常がないか点検もしてもらいました。すると‥‥
11420220240602112423_00001
 結論から言うと、上記のとおり、税込み総額83,897円の修理となりました。
 発売から6年も経っているカメラにこんな大金叩いた理由は次のとおり。

≪理由その1≫ 最低でも電源回りだけは直さないとカメラとして使い続けられない。直さないなら何か買わないといけなくなる。いまM7を17万も出して買いたくない。となると最低修理26,521円は避けて通れない。

≪理由その2≫ 新機種が出て買い替えてもサブのカメラは必要で、同種・同程度のカメラは26,521円はおろか、83,897円出しても買えない。そもそも新機種など出そうにもない。

≪理由その3≫ 最低修理と完全修理との差額57,376円はファインダーとレンズへの異物混入による部品交換の費用の差で、前者は不便なだけで撮像に影響しないが、後者はわずかといえど撮像に影響する。サブとして使う以上は万全にしておくべき。

 こうして我がRX100M6には3度の修理で買った値段以上のお金を使いました。コンパクトデジカメはスマホに取って代わり、半導体不足やら円安やらにも追い打ちを掛けられ、機材の更新もままならないこうした状況はまさに「コンデジ難民」です。やがて修理もできなくなればお手上げです。年貢の納め時なのでしょうか。

(第1142号)

※※ 7/4追記 ※※
この修理を巡って後日談あり さしあたってコメント欄の上から2つ目ご覧ください。

|

« 株主限定プレミアムビール2024 | トップページ

コメント

こんばんは 
お久しぶりです。
 コンデジの修理に、税込み総額83,897円ですか!!
しかし、高機能を使い続けるということはそう言うことでしょうか。 アトムさんは何時も綺麗でキッチリとした写真を撮られているので、カメラの維持もそれなりにかかるのですね。
コンデジも価格的に恐ろしい時代になりましたね~
 当方はリコーのコンデジから始まってリコーの一眼、パナのLUMIXを加えていますが、画面にゴミが見られるのですが、修理はどうしたものかと悩みます。

投稿: 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) | 2024年7月 3日 (水) 23時35分

奥武蔵の山人さん、こちらこそお久しぶりです。
不義理を重ねてしまっています。恐れ入ります。

このカメラ修理には後日談がありまして、戻ってきてから撮った写真の同じ場所に影が写り込んでいるのに気付き、ソニーに返したところ「イメージセンサー近くに糸くずのような異物混入を確認」との回答でした。
修理後18日目の発覚で、常識的に考えて、修理の際に紛れ込んだと考えるのが自然ではないでしょうか。
しかしながら、ソニーは「前回とは別の話」「使用中の異物混入」などと決めつけ、先の83,897円とは別に、その修繕費用を請求してきました。はて?

消費生活センターに相談したら斡旋に入ってくれましたが、ソニーは譲りません。
相談員によると、ソニーが譲らない理由は<修理ミスは考えられない、修理品は点検して返送している、異物が残った状態で返送することはあり得ない>からなのだそうです。はてはて??

というわけで、いま手元にこのカメラはありません。再び戻ってきたら、この顛末について追って別途記事にするかもしれません。

投稿: 鉄まんアトム | 2024年7月 4日 (木) 14時47分

奥武蔵の山人さん、話が横道に行ってしまい、失礼しました。

「画面にゴミが見られる」については、絞ると顕著に見え、同じ位置に現れるとしたら、センサーの汚れが疑われます。清掃は一眼なら自分でもできますし、不安ならメーカーに依頼ですね。キタムラでもクリーニングサービスあったと思います。

コンデジだと、メーカーに送るしかなく、多くの場合、清掃ではなくレンズユニットごと部品交換となって高額になりがちです。(キヤノンはいままで全部交換でした)

投稿: 鉄まんアトム | 2024年7月 4日 (木) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 株主限定プレミアムビール2024 | トップページ