« 山歩き、ふたたび | トップページ | 二十年大昔、それからさらに十年 »

3年ぶりの奥多摩三頭山で金屏風の中へ

231103dsc000362
 2023年文化の日、3年ぶりに、奥多摩三頭山へと出掛けてきました。紅葉は都民の森(東南側)ではもう下の方へと移ろい、上部は落葉が進んでいました。
 いっぽう、ヌカザス尾根や鶴峠の方(西北側)では中腹あたりブナ黄葉が見頃で、一片の雲もないド快晴の青空の下、場所によっては見渡す限りこれでもかというほどに金屏風が立ち並んでいました。風もなく、人もおらず(※)、静かに時だけが流れていました。
231103dsc09689
 この日の主目的は富士山の眺めで、紅葉、ましてや金屏風など期待せず、狙ってもいませんでした。追い求めているときはなかなか巡り逢えないのに、不思議なものです。谷川、玉原に続き、備忘録の宿題が1つまた増えてしまいましたが、いずれなんとか‥‥

 ※ 富士山を撮影した三頭山の頂上(西峰)は大賑わいでした。

(第1123号)

|

« 山歩き、ふたたび | トップページ | 二十年大昔、それからさらに十年 »

コメント

ザ・金屏風!

ですね。これに包まれたらもう至極の境地でしょうね~

投稿: てばまる | 2023年11月15日 (水) 15時16分

てばまるさん、3年ぶりの三頭山金屏風でした。
ここのすごいところは、一方のみならず前後左右、上も下も、まさに包まれる感覚ですね。そしてここが奥多摩であることです。

投稿: 鉄まんアトム | 2023年11月15日 (水) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山歩き、ふたたび | トップページ | 二十年大昔、それからさらに十年 »