« 2021年12月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年1月の3件の記事

曙色に染まる赤城山地蔵岳に立つ

109801dsc00358

 赤城山で霧氷を見始めたのは2015-16シーズン。以来、青と白の世界の虜になって、もう数え切れないほど通い続けていて、そうなると自然の流れで、朱の光景も見たくなるもの。しかし、寒いの苦手だし、半ば徹夜になるし、暗闇怖いし、まして雪山のナイトハイクなんかやったことないし、などと言っていて、はや6シーズンが過ぎてしまっています。

 今季こそ赤城でモルゲンロートの霧氷越し谷川連峰が見たいと、お正月に一念発起、地蔵岳(赤城山第3峰、標高1674m)を目指しました。するとどうでしょう、ビギナーズラックとしか言いようのない願いどおりの光景に、あたふたドタバタしどろもどろ‥‥
 慌てるのも無理はなく、こうした光景はたった5分ほどしか見られません。撮影はいろいろやらかし二兎も三兎も追って一兎をも得ず、の感なきにしもあらず――

 (※以下写真24点の長編)

続きを読む "曙色に染まる赤城山地蔵岳に立つ"

| | コメント (4)

曙色に染まる赤城山地蔵岳へ ~prologue~

220102dsc00363
赤城山地蔵岳の頂上にて御来光、お日様の左には筑波山 2022年1月2日撮影 RX100m6

 2022年の山始めは赤城山。年が明けて翌日、それも未明から登って、地蔵岳の頂上で御来光を拝もうとの魂胆です。こういうのは考え出すと面倒が先走ってポシャるので、淡々と支度を整え、決めた時刻に家を出て、とにかく現地入りします。
 つるっつるの赤城道路をどうにか登りきり小沼駐車場へ。荒れた元日から一転、マイナス11度と冷え込んではいるけど快晴無風、霧氷もありそう。やったー!!

 山頂に着いたのは日の出8分前。霧氷の木々、マジックアワーの空、ビーナスの帯、刻一刻と景色が変わって、あっという間に日が昇ってきて、辺り一面、曙色(あけぼのいろ)に染まります。見たことのない光や色に言葉がありません。ただただ美しい‥‥

 この山歩の様子は日を改めて記します。少し時間がかかりそうですけど。
  → 曙色に染まる赤城山地蔵岳に立つ (第1098号)

(第1097号)

| | コメント (0)

年賀状2022

2022_nenga

 謹んで新春の御祝詞を申し上げます

旧年中は、格別のご厚情をいただきまして、誠にありがたく存じます。
本年もいっそうのご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。
 2022年元日

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 弊職が25歳で現在地にて独立開業以来、近隣の方からも多くご用命頂き、弊事務所が26年を超えて支えられてきたことに深く御礼申し上げます。ありがとうございます。
 弊事務所は本年中に移転します。市役所の真ん前から大東地区へ、西武新宿線の南大塚駅近くの住宅地に移ります。現在地から離れても、従前どおりの軽いフットワークでお客様の元にすぐ伺います。変わらぬごひいきを賜れば幸いです。なお、移転に至った経緯は、機会あれば追って書くところに譲ります。

 いっぽう、二男が3月で中学校を卒業します。関係する多方面の皆様方によるご支援あって、今日まで安全安心な学校生活を続けてこられました。県立特別支援学校への遺憾無き引き継ぎも含め、残り40数日、しかとやり遂げます。

 このようなしだいで私にとっては大転機。言ってしまえば大ピンチなのですが、とにもかくにも、一歩一歩、前へ。前を向いてこの難局重畳に向き合っていこうと思います。

(第1096号)

| | コメント (2)

« 2021年12月 | トップページ | 2022年3月 »