« 平標テント泊、紅葉の上越国境山稜をあるく(前編) | トップページ | 紅葉狩り2020ざっくりレポ »

平標テント泊、紅葉の上越国境山稜をあるく(後編)

107301rx_00655_1

 6年前の同じ頃、ふと初めて平標・仙ノ倉を訪れ、初めて山の稜線での紅葉を見ました。それまで森の紅葉しか知らなかった私にとってまさに別世界で、そこでの出逢いはその後の登山人生に1つの転機をもたらしました。
 地を這う灌木を見下ろします。灌木はパッチワークのように広がっています。それに草もみじの伽羅色を纏ったりしているのが平標・仙ノ倉の紅葉です。6年前は偶然にも当たり年の最盛期を見てしまったようで、今年はそれには遠く及びませんがそれはそれ。今日は今日の風に吹かれましょう――

 (※以下写真24点+蛇足1点の長編)

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 朝の4時半はまだ真っ暗で、しかもガスに覆われテントの外側はびっしょりでした。気分が乗りません。明るくなるのを待って渋々歩き出してみると、ん?稜線は晴れている??
107302rx_00531

 階段を駆け上がっていくと、うわ、やべえ、一面の雲海だ、空も焼けている! やっちまったな‥‥ どうやら“わが別邸” はこの雲の中だったようです。
107303rx_00544

 はひー、もう山頂での御来光には間に合わねーと思いつつも、必死で登り続けて5時46分、山頂にてどうにか撮った1カット。1週前だったら“ダイヤモンド仙ノ倉”だったでしょう。
107304rx_00566

 西の方では苗場山に影平標が現れました。奥に北アルプス白馬連峰が浮かんでいます。
1073042rx_00583

 こんな好天に30分以上も滞留した代償は大きかった‥‥ ブルーアワーがとうに終わってしまった、朝日差し込む平標山頂です。静かに見える写真とは裏腹に、ここを文字通り東奔西走、あたふたしました。
107305rx_00589

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 晴れ渡っていたのは束の間、さっきの雲海が一気に上がってきて、あっという間に山頂はガスに覆われました。風が強く雨粒も落ちてきて、再び停滞することに・・・
107306rx_00607

 山頂の風裏にて滞留すること小1時間、風とガスが弱まったのを見計らって先に進みました。平仙鞍部を過ぎ再び登りに差し掛かろうというところで・・・
107307rx_00632

 7時05分、ガスが一気に失せ始め、振り返ればブロッケンやら白虹やらが出たり消えたり。2つを合わせ撮ることは叶いませんでした。
107308rx_00631

 冒頭の写真を撮ったあたり、この山稜一番の紅葉地帯に差し掛かります。この日最も艶やかだったのはたぶんこのミネカエデちゃん。
107309rx_00678

 紅葉越しに目指す仙ノ倉山の頂上が視界に入ります。
107310rx_00675

 そして7時50分、仙ノ倉山頂2026mに到達。谷川連峰の最高点です。
107311rx_00726

 山頂を乗り越し東側に少し下りてみます。谷川岳へと続く国境稜線を境に上州側は大雲海です。一部は滝雲となって越後側に溢れています。絶景です。
107312rx_00774

 仙ノ倉東面の紅葉。ピークには少し早い感じ。
107313rx_00772

 1時間ほどこうした情景を1人で眺めていました。8時50分、ようやく私以外の人がこの山稜にやってきました。
107314rx_00818

 仙ノ倉山頂に戻り上越国境稜線を見納めます。まるで絵画のよう。
107315rx_00823

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 9時04分、来た道を引き返し始めます。
107316rx_00835

 だいぶ雲が上がってきました・・・ (谷川岳肩ノ小屋から10000m地点)
107317rx_00860

 少し陰っちゃったけどそれでも映えるミネカエデもここいらで見納め・・・
107318rx_00886

 青空の平標山頂はどうやら厳しそうです・・・
107319rx_00937

 なので、山頂手前のベンチで朝食の残りと午睡を貪ります。10時08分です。
107320rx_00954

 で、11時、ガスが迫ってきたので仙ノ倉ビューを諦め、テント場へと戻り始めます。
107321rx_00965

 平標山ノ家まで戻るとテントが2つ増えていました。(手前がマイテント)
107322rx_01009

 昼食取りながらのんびり撤収。13時36分、下山します。
107323rx_01032

 色づき始めたブナの森をたんたんと下っていきます。駐車場まで約2時間の道のりです。
107324rx_01045

 予想より雲抜けの悪かった2日間。それでも夕に朝にお日様を拝め、ドラマチックな照る山紅葉が見られ、軽身にてゆっくり稜線歩きも楽しめた望外の山行きでありました。
 正直言うと、消極的に行き着いた今回の平標テント泊。しかし、行き帰り渋滞なし、テント場で過密なし、下山後の温泉は貸切状態、そして、書いたとおりの情景の数々とあってほかに何を望みましょう。コロナ禍での山にまつわるモヤモヤはすべて消え去りました。もう今季はこれで締めても構いません。谷川山系で初のお泊まりは大成功です。 <完>

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

<蛇足> 6年前に見た紅葉の片鱗 (撮影 2014年9月23日 Canon G1X markII)
107325img_3225
【その当時の記録】 谷川連峰たおやかなる稜線をあるく (第728号)

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

*撮影2020年9月29日 SONY RX100m6
*谷川連峰 平標山・仙ノ倉山1泊2日の2日目/上信越高原国立公園

(第1073号)

|

« 平標テント泊、紅葉の上越国境山稜をあるく(前編) | トップページ | 紅葉狩り2020ざっくりレポ »

コメント

美しい夜明け、紅葉の稜線、ダイナミックな滝雲・・・! なんとも形容しがたい美しさですね。

投稿: Suekichi | 2020年10月 8日 (木) 08時48分

Suekichiさん、そう、文章で形容しがたく、写真も到底及ばぬ美しさです。
泊まりで行く山はやはり格別です。

投稿: 鉄まんアトム | 2020年10月 8日 (木) 10時38分

稜線の白虹なんてなかなか珍しいですよね。これだけでも嬉しくなります。名前の通り平らな稜線は癒し系ですね。

投稿: てばまる | 2020年10月28日 (水) 09時50分

てばまるさん、白虹は、ブロッケンが見えるときにはチャンスあり、なんでしょうね。高い山の上がこういうふうになっているのは異次元な感じがして、好きです。

投稿: 鉄まんアトム | 2020年10月28日 (水) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平標テント泊、紅葉の上越国境山稜をあるく(前編) | トップページ | 紅葉狩り2020ざっくりレポ »