« 黄金に輝くブナを求めて奥多摩三頭山へ | トップページ | 今年も川越大師喜多院 有終のもみじ »

去りゆく秋、奥武蔵皆野アルプスへ

191130rx_02665

 紅葉狩り第5弾。前回から2週連続で週末をフイにし11月も晦日、遅れていた紅葉前線もすでに里へと下りてきており、去りゆく秋、奥武蔵は皆野アルプスへ。標高626mの破風山(はっぷさん)を中心に多くコナラが褐葉するなか、カエデやツツジの橙や紅が山を彩っていました。見慣れた地元奥武蔵の、ふだん着の紅葉です。
 この日、上越国境の山々だけでなく、赤城山までもが本格冬山へと変身しました。そして師走入り。振り返ること一月と十日の間に5箇所を巡った今シーズンの紅葉狩り、名残惜しくもこれにて中締めであります。
191130rx_02833_1

 足元にはたくさんのアブラツツジ? 小さな紅葉は宝石を鏤めたよう‥‥
191130rx_02610

*撮影2019年11月30日 Sony RX100m6 埼玉県皆野町
*皆野アルプス縦走/秩父華厳滝登山口~如金峰コース~前原尾根コース~大渕登山口

(第1047号)

|

« 黄金に輝くブナを求めて奥多摩三頭山へ | トップページ | 今年も川越大師喜多院 有終のもみじ »

コメント

地元と呼べる場所でこれだけ紅葉が楽しめるのは良いですね。わたしの地元高尾山も紅葉の名所といわれてますがほぼすべて植栽ですから(^_^;)

これからはいよいよ白い山ですね。

投稿: てばまる | 2019年12月 4日 (水) 09時28分

てばまるさん、奥武蔵は裏山にちょっと散歩の感覚ですね。ただ、この山域は、場所をよく選ばないと杉林だらけで一日終わるので要注意であります。

投稿: 鉄まんアトム | 2019年12月 4日 (水) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黄金に輝くブナを求めて奥多摩三頭山へ | トップページ | 今年も川越大師喜多院 有終のもみじ »