« ブナ黄葉の玉原高原をあるく | トップページ | 黄金に輝くブナを求めて奥多摩三頭山へ »

晩秋の谷川岳をあるく

104501rx_01101

 秋の谷川岳といえば例年9月下旬。ちょうど山頂稜線が紅葉盛る頃でこれまでずうっとその時季を狙って歩いてきました。一方、麓の一ノ倉沢などで紅葉が見頃を迎える10月下旬、その頃に上から見る景色はどんなだろうと気になっていました。
 すでに中腹より上では紅葉が終わり、雪も降り始める難しい時期ですが、今年は季節の進みが遅れており紅葉狩り第3弾に晩秋の谷川岳を歩いてみました。見渡す山並みが赤い、真っ赤っかに燃えている、初めて見る光景かもしれません。

 (※以下写真24点の長編)

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 麓の紅葉も盛りを過ぎた頃、土合の谷川岳登山指導センター前の当日朝の様子です。
104502rx_00625

 向かい側、白毛門の山肌が錦繍もこもこに彩られています。
104503rx_00640

 マチガ沢出合。とある目的から厳剛新道を使います。ここに来て初めて気付きましたが、紅葉が期待できる厳剛新道にはまだ日が当たっていない‥‥
104504rx_00690

 引き返すと時間のロスが大きいし、とある目的に期待してそのまま厳剛新道を進みますが、手前側がずうっと影で真っ暗です。
104505rx_00741

 向かい側、東尾根の日に照らされた紅葉がとてもきれいでした。
104506rx_00764

 厳剛新道第一見晴。とある目的とは此処で、錦繍の山肌と東尾根シンセン岩峰群を見上げる山岳景観期待でしたが、すでに紅葉が散り加減‥‥ あははは、遅かったか(^◇^;)
104507rx_00783

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 その後、数カ所の鎖場・梯子などで高度を一気に稼ぎ、ガレ沢ノ頭にて西黒尾根に合流。
104508rx_00913

 西黒尾根をちょっと下ってラクダノ背に寄り道。時間が押しているので進退を検討するも、眼下に見るロープウェイからの約束された錦繍車窓を楽しみに登山継続。
104509rx_00924

 ラクダノ背から山頂を仰ぐとインパクトあるけど‥‥がんばるぞ!
104510rx_00920

 これぞ西黒尾根、日本三大急登の岩稜縦走なり
104511rx_00979

 かつて氷河が削った一枚岩
104512rx_01011

 ザンゲ岩(写真右)を通り越し見下ろす西黒尾根。いつの間にか、尾瀬、日光、武尊の眺めが素晴らしい。
104513rx_01036

 まもなく肩ノ広場、近づく山頂に最後の喘ぎ‥‥
104514rx_01045

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 谷川岳山頂トマノ耳にて。茂倉岳、一ノ倉岳、そしてもう1つの山頂オキノ耳を望む。
104515rx_01089

 そして、オキからトマを振り返る。鋭いシルエットがいま歩いてきた西黒尾根。
104516rx_01117

 反対側、清水峠や蓬峠が越える国境稜線の先には越後三山や巻機山、谷川岳の影は湯桧曽川まで伸び、眼下に陰る一ノ倉沢。山が赤い、赤い山脈です。
104517rx_01131

 ゆっくりばかりもしていられません、14時を過ぎ、ロープウェイの最終まで3時間を切っています。名残惜しいけど下山です。
104518rx_01140

 よく見ると、トマノ耳の右、榛名の山並みの奥に富士山が薄く見えています。谷川岳から富士山を見たのはたぶん初めて。
104519rx_01151

 秋の日はつるべ落とし。万太郎や仙ノ倉方面の上越国境主脈稜線は早々に逆光で、山並みの陰影は濃く、手前の笹原は光り輝きます。
104520rx_01176

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 赤城山を正面に天神尾根をすたこらさっさ下っていきます。すでに15時、ヘタをすると最終ロープウェイに乗り遅れかねません。
104521rx_01185

 ここでも見下ろすもこもこ紅葉、西日に映えてきれいでした。
104522rx_01209

 天神尾根に1つだけあった名残の紅葉
104523rx_01224

 すっかり日が陰った天神尾根、ロープウェイに間に合う目処がたち、山頂、そして西黒尾根を振り返ります。今日の一日が暮れていきます。
104524rx_01236

 ロープウェイ天神平駅では30分待ちの大行列。17時を過ぎ、約束されていたはずの錦繍車窓はご覧のとおり真っ暗闇、何も見えません。ゴンドラに照明がないことを初めて知りました。
104525rx_01268

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 晩秋、いや初冬とも言える11月の谷川岳。稜線に吹く風は冷たく、間近に紅葉を楽しむわけでもなかったけれど、こうして山が赤く見えるのも今だけの一期一会、これもれっきとした紅葉狩りでしょう。谷川岳ではこの2日後に初雪となりました。

*撮影2019年11月2日 Sony RX100m6 上信越高原国立公園
*土合口~厳剛新道・西黒尾根~オキノ耳~天神尾根~ロープウェイ

(第1045号)

|

« ブナ黄葉の玉原高原をあるく | トップページ | 黄金に輝くブナを求めて奥多摩三頭山へ »

コメント

すこぶる良い天気の紅葉狩りでしたね。イマイチと言うけれど、全体的に眺めるには綺麗ですね。西日があたるとさらに紅く燃えますし。西黒尾根、一度挑戦してみたいものです。

投稿: てばまる | 2019年11月 9日 (土) 21時00分

一日遅れで西黒尾根・天神尾根を歩きましたが、残念ながらほぼ終日曇りで、麓の紅葉もあまり映えませんでした。やはり、秋晴れはいいですね。

投稿: Suekichi | 2019年11月10日 (日) 16時04分

てばまるさん、青空に紅葉が映える日でしたので、本来なら紅葉真っ盛りの森の中を歩く方こそ適していたかもしれません。ただ、上から見る紅葉も捨てがたいです。
西黒尾根は初夏、高山植物で百花繚乱のときにぜひ。至仏山解禁前にホソバヒナウスユキソウも楽しめます。

投稿: 鉄まんアトム | 2019年11月11日 (月) 11時25分

Suekichiさん、3週連続で同じ山へのアプローチでしたね。翌日の曇りも最後の晩秋色模様を眺めるには良い塩梅だったんじゃないでしょうか。次の週まで紅葉は待ってくれないし、先日の玉原みたいに行けるなら行くしかないときもあります。

投稿: 鉄まんアトム | 2019年11月11日 (月) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブナ黄葉の玉原高原をあるく | トップページ | 黄金に輝くブナを求めて奥多摩三頭山へ »