« 赤城山ツツジ追っ掛け5月のこと | トップページ | 白馬大池テント泊、一朶の雲を目指し(後編) »

白馬大池テント泊、一朶の雲を目指し(前編)

103401rx_05720

 北アルプス後立山連峰の盟主白馬岳への手掛かりとして、白馬大池(標高2380m)をベースに白馬三山を望む小蓮華山(新潟県最高峰、2766m)を目指し、長野県小谷村の栂池から今年初のテント泊装備にて歩いてきました。かのドラマ『坂の上の雲』のテーマ曲で広く知られた稜線から「一朶(いちだ)の雲」を目指す山旅です。

(※以下写真26点の長編)

    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 栂池登山口へは、麓の栂池高原駅(839m)から自然園駅(1829m)まで、ゴンドラ「イヴ」とロープウェイを乗り継ぎ990mもの高度を一気に稼ぎます。正味乗車時間は25分です。
103402rx_04876

 午前9時28分、栂池山荘前。まずは景気付けに一発!
103403rx_04920

 栂池登山口から約1時間半をかけて標高2200mの天狗原へ
103404rx_04972

 天狗原ではオオシラビソのマツボックリが目線に鈴生り~
103427rx_04990

 天狗原で風吹大池への道を分けると、一気に白馬乗鞍岳(2437m)へと直登する岩ゴロの急坂を登っていきます。地味にキツイ‥‥ (下りではさらに神経使って気疲れします。)
103405rx_05040

 途中、雪渓を横切る箇所もあります。(※帰りに撮影)
103406rx_05858

    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 天狗原から、急登に喘いで雪渓を越え白馬乗鞍岳の山頂台地を通って約2時間、目指す白馬大池がようやく眼下に現れます。うわ~ 雲上のレイクリゾートだ。
103407rx_05108

 テント場をズームアップ。あれ?テント張る場所残ってるのか??(汗)
103408rx_05112

 湖畔に向かって高度を下げていきますが、見えてからが長い。なかなか着きません。それにしても素晴らしいわ~ 日本の景色じゃないみたい。
103409rx_05122

 白馬大池山荘13時39分到着。なんとかテント1つ張る場所を見つけました。傾いてるけど仕方あるまい。今年初のテント泊ゆえ設営に30分もかかってしまいました。
103410rx_05142

    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 テント張ったらひと安心。とりあえず周辺を散策します。
103411rx_05161

 大池の先に進んで坂を上がっていくと小蓮華山が見えてきます。足元は一面のミヤマコゴメグサ、それにコマクサやチシマギキョウが点々と咲いていました。
103412rx_05172

 小蓮華山へと続く雷鳥坂を少し歩いて大池を振り返りました。下界は雲海です。ほぼ2カ月ぶりの登山でもう足が上がりません。今日は此処までとします。
103413rx_05189

 大池湖畔のチングルマはほぼ終盤で果穂が風に靡いていました。
103414rx_05220

 山荘にて購入。この銀のヤツは好かんけど無いよりはマシ、祝杯じゃ!
103415rx_05229

 日が暮れる前に夕食。おにぎりにラーメンで腹は膨れるけど、なんか物足りないな。食の見直しは今後のテント山行における最大課題です。
103416rx_05236

    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 食後は入り日を見ようと先ほどとは反対側の湖畔へ。18時前、いい感じになってきました。
103417rx_05248

 と思っていたら、長野側から新潟側へと雲が乗り越してきました。
103418rx_05273

 あっという間にガスに覆われちゃって‥‥
103419rx_05280

 もうダメかと思ったけど落日の瞬間は見られました。方角は雪倉岳の北肩です。
103420rx_05306

 日が沈んでからの雲の動きや色彩はエモーショナルだった‥‥
 なんと東の空がここまで焼けました!!
103421rx_05337

 湖畔に夜の帷が下りても西の空には長く夕映えが続き、三日月も輝いていました。
103422rx_05368

 大混雑のテントサイトも意外とステキ!?
103423rx_05377

 その後は雲が出ちゃって星空ダメかと思ったけど、少し楽しめる時間もありました。東の空にはアンドロメダ銀河がこのサイズの写真でも‥‥
103424rx_05398

 西の空には北斗七星が煌煌と‥‥
103425rx_05402

 そして圧巻は南の空、天の川の流れです。(※ただ、ちょっと画質悪いな‥‥)
103426rx_05423

 天の川は肉眼でも分かるほど明瞭で、天頂を跨ぎ流れていました。流れ星もそれなりに飛んでいました。こうした星空を23時過ぎまで眺めていたんだけど、やがてガスが流れ込み寒くもなってきたので寝に入りました。 (後編につづく)

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

*撮影2019年8月3日 SONY RX100m6
*北アルプス白馬大池1泊2日の1日目/中部山岳国立公園

(第1034号)

|

« 赤城山ツツジ追っ掛け5月のこと | トップページ | 白馬大池テント泊、一朶の雲を目指し(後編) »

コメント

大混雑のテントはさておき、別天地ですね。1回しか見てませんけど、あの光景は未だに目に焼き付いてます。

しかし、やはり、この混雑はちょっと落ち着かないというか・・・ となりのちょっとした音も聞こえちゃいますからね。プーとかペーとかも(^_^;)

テント飯って山雑誌とかでいろいろ特集してますけど、よっぽど余裕無いと嵩張るし重いしで大変ですけど、僕は乾燥のはアルファ米の白米だけにしてあとはレトルトや缶詰とか持って行ったりしてます。お昼は山小屋で調達できるならそこで食べることもあります。2日目の朝は、最近はササッと調理できるラーメンですね。餅とか乾燥具材とか入れます。

投稿: てばまる | 2019年8月11日 (日) 00時56分

てばまるさん、白馬大池はまさに別天地でありました。混雑は覚悟のうえ出掛けましたが、ちょっと白馬山域の人気の高さを甘く見ていました。テント場でいびきがあんなに響くものとは‥(^_^;)‥

食料装備はいつも悩ましいです。混むと宿泊者以外の食事提供を断る山小屋もあり完全には依存できませんし、生ものは衛生面が気になるし‥‥ 缶詰を今度いくつか試してみたいと思います。ありがとうございます。

投稿: 鉄まんアトム | 2019年8月11日 (日) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤城山ツツジ追っ掛け5月のこと | トップページ | 白馬大池テント泊、一朶の雲を目指し(後編) »