« 登山靴を買い替える夏の陣 | トップページ | 赤城山ツツジ追っ掛け5月のこと »

遅ればせながら、両神山‥‥

Rx_00468

 出掛けてからすでに2ヶ月以上経ってしまいましたが、GWの両神山(りょうかみさん、1723m)の記録です。ギザギザに切り立った山容ゆえ何処から見ても一目瞭然の存在感で、地元埼玉県だけに属する唯一の日本百名山ながら、登ったのはこれが初めて。つまり、どちらにせよ、遅ればせながら、の話です。登山口はちょうど新緑滴る頃でした――

 (※以下写真23点の長編)

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 のこのこ7時過ぎに着いたら、登山口から2キロも手前にしか車を停められず‥‥日向大谷口(ひなたおおやぐち、670m)は予定より1時間遅れのスタートです。
Rx_00071

 新緑極上!
Rx_00091

 序盤は沢筋で心地よいプロムナード。
Rx_00147

 足元に春の花を見ながら新緑の森を登っていきます。
Rx_00171

 古くからの信仰の山で、石碑・石像が随所に見られます。
Rx_00124

 日向大谷口から2時間で弘法ノ井戸、さらに10分少々で清滝小屋。かつての営業小屋は休業中ながら開放されており、テントの設営も可能です。
Rx_00196

 清滝小屋から産泰尾根に取り付き両神神社まではクサリ場の連続する隘路。この日の朝は冷え込み、水の滲み出る岩肌には氷柱が見られ、足元はまさかの凍結でした。
Rx_00220

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 両神神社本社手前の横岩付近からは木々の合間より上越国境の白波、燧ヶ岳も見えていました。
Rx_00235

 本社を過ぎると奥秩父の山並みも現れ、富士山の頭が覗き始めます。
Rx_00259

 まもなく山頂のあたりからは秩父盆地を眼下に武甲山、背後には関東平野、スカイツリーも確認できます。
Rx_00268

 南方から以外、どの角度から見ても痛々しい武甲山‥‥
Rx_00269

 山頂への最後のアプローチ‥‥
Rx_00273

 そして山頂到達。日向大谷口から4時間もかかってしまいました。
Rx_00298

 山頂からは思った以上の大展望です。浅間山は大きく、上信越はもちろん‥‥
Rx_00292

 北アルプスは槍・穂高連峰から常念山脈の全貌が‥‥(換算200mm)
Rx_00300

 圧巻は後立山連峰がこんなに‥‥(換算150mm)
Rx_00331

 八ヶ岳から浅間山を入れて広角で撮るとこんな眺め‥‥(換算24mm)
 埼玉の山からこんなに北アルプスはっきり見えるとは予想外でした。
Rx_00328

 長沢背稜から雲取山、富士山を挟んで雁坂嶺あたりを入れるとこんな感じ‥‥
Rx_00339

 山頂の展望図。非常にざっくりしたもので富士山はこんな大きく見えません。
Rx_00296

 ところで、『展望の山旅』などで知られる藤本一美氏によると、両神から木曽の御嶽山が見えると著書に繰り返し書かれていて、この図にも描かれていますが、手前の八ヶ岳(赤岳~横岳)に大きく阻まれ見通せないのでは?? (カシミール3Dでは見えない判定)

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 そんなこんなで時間を忘れて展望を考え、楽しんでたら、やばい14時だ。そそくさと神社にお参りして、ささっと下山です。
Rx_00350

 遅くなる原因の一つ、足元の花を撮ろうとがんばっちゃうから。
Rx_00374

 遅くなる原因の一つ、遠くに見える花も撮ろうとがんばっちゃうから。
Rx_00424

 ‥‥ってな感じで下山は最終バスの時間、山懐はもう翳り始めていました。
Rx_00470

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 アカヤシオの山として知られる両神山で、じつは今回、それ目当てに出掛けたんですけど、大きな勘違いをしていて全く見られませんでした。次こそはちゃんとアカヤシオを見たい。もっと易しく登れる白井差コースにはブナ林が広がり秋はきっと見事だろう。空気の澄んだ冬場の遠望も素晴らしかろう。‥‥今後何度か足を運ぶことになりそうなお山です。

*撮影2019年4月28日 SONY RX100m6 埼玉県小鹿野町
*日向大谷口~清滝小屋~両神山頂往復/秩父多摩甲斐国立公園

(第1032号)

|

« 登山靴を買い替える夏の陣 | トップページ | 赤城山ツツジ追っ掛け5月のこと »

コメント

両神山に登ったのは何年も前の梅雨時でした。とても蒸し暑く展望もなくて、きつかった記憶があります。空気が澄んでいるときに晴れると、こんなに展望いいのですね。次は秋~晩秋に行きたいものです。

投稿: Suekichi | 2019年7月 6日 (土) 15時36分

Suekichiさん、両神山頂からの展望は素晴らしかったですよ。とくに北アルプスは、西穂高岳から白馬乗鞍岳までが切れ目なく連なり圧巻でした。この日は高曇りで春にしては遠望が効いていました。
両神のような低山は、やはり秋春がベストシーズンでしょうか。次はブナとダケカンバの黄葉目当てに秋に白井差から入ってみたいです。

投稿: 鉄まんアトム | 2019年7月 6日 (土) 23時07分

なかなかの好展望ですね。空気が澄んでないとなかなか見れないのでしょうけど人気の山ですよね。

標高がそれなりにありますから4月ではちょっと早かったようですね?

山頂付近が彩られる時期が険しい稜線を入れて撮影するには良いかもしれませんね。

投稿: てばまる | 2019年7月 8日 (月) 16時53分

てばまるさん、地元奥武蔵の一座くらいに舐めて行ったら、大混雑だし、車のナンバーは全国区だし、さすが百名山すげーと思いました。標高まで勘違いしていて反省です。展望もここまでとは思いませんでした。
両神の紅葉の美しさは折り紙付きなので、次回は抜かりなきよう、また歩いて見たいと思います。

投稿: 鉄まんアトム | 2019年7月 8日 (月) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 登山靴を買い替える夏の陣 | トップページ | 赤城山ツツジ追っ掛け5月のこと »