« 油氷とアイスバブルの赤城大沼をあるく | トップページ | 赤城ブルーに煌めく霧氷風景を追い求め »

3週連続の赤城山、雪煙上がる地蔵岳へ

1020_01_190119g1xm2_5049

 冬型が緩む予報の週末、もしや朝方まで適度に荒れてくれれば地蔵岳での霧氷が狙えるんじゃないかと、今季、しかも今月に入ってからの3連チャン敢行です。
 やや読み誤ったようで、朝の赤城は自分が来た中で一番のブリザード。黒檜山や駒ヶ岳はもちろん、本命の地蔵岳すら見えません。それでも寄り道しつつ山頂に立てば、やや白さが薄いながらも概ね狙いどおりの、この全山霧氷風景。しかし、とにかく風が強く、寒い寒い‥‥

 (※以下写真21点の長編)

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 関越道の寄居や藤岡あたりから見える赤城山は上部が見えず、前橋市街からも鍋割山より上は雲の中で、姫百合駐車場から雪がちらつき、新坂平を越えたら吹雪です‥(汗)‥
1020_02_img_3816

 これは少し遅らせるしかない‥‥そこで小沼(1470m)に行ってみると湖畔が霧氷で幻想的。ときおり空も見えるので、予定を変え、まずは長七郎山(※写真正面奥のやや左方)へと向かってみます。
1020_03_img_3840

 すぐに繊細で美しい霧氷の森の中に入って行くんだけど、霧氷はやはり光がないとダメだ、青空も大事だけど何より光‥‥
1020_04_img_3865

 その待望の光が差す一瞬一瞬があり、1人、はしゃぎます
1020_05_190119g1xm2_4860

 長七郎の尾根では大半が雲の中だったけど、光さえ差し込めば、鈍色の冬空を背景に浮かび上がる霧氷がこれまた美しく‥‥
1020_06_190119g7xm2_3916

 たまに赤城ブルーと重なればそれはもうお祭りです♪♪1020_07_190119g1xm2_4912_2

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 そうこうしているうち長七郎山の頂上(赤城山第5峰、1579m)に着きます。天気は回復傾向にしても、依然、風は強いし雲も多い‥‥
1020_08_img_4001

 日光方面、皇海山や袈裟丸山は見えているのに、目の前の黒檜や駒が見えないのは残念。でも長七郎でここまでの霧氷風景も珍しかろう‥‥
1020_09_g1xm2_4942t1

 この日は荒山にも霧氷あり。浅間山と四阿山の間に北アルプスも見えてきました。
1020_10_img_4007

 長七郎頂上は見晴らしが良く、風を避けられる南面で寛いでいたら、あれっ、地蔵の雲が取れそう、霧氷も薄くなってきてる やばい‥‥
1020_11_g1xm2_4977

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 急ぎ下りて、小沼の真ん中を突っ切って地蔵岳に向かいます
1020_12_img_4054

 長七郎山頂から30分で八丁峠(1498m)へ。急速に霧氷が落ちてる
1020_13_img_4072

 間に合ってくれ~と祈るように地蔵の霧氷群を見上げながら登っていきます
1020_14_img_4082

 早く上がりたい、早く上がらねば、と思ってはいるんだけど、途中こんなだから、ついつい足が止まっちゃう‥‥ 覚満淵は真っ白だ。1020_15_190119g1xm2_5022

 あ~ちょっと落ちちゃったな~ でも、筑波山も見えているし、昼過ぎの地蔵南面でこれだけ残っていれば御の字。さすがに長七郎の霧氷は消えそうです。
1020_16_g1xm2_5032

 そして冒頭写真を撮った地蔵岳の頂上(赤城山第3峰、1674m)へ。しつこく黒檜や駒に掛かっていた雲も取れ、正午を回ってこの白さ。いま向こうにいる人は霧氷天国かな~??
1020_17_g1xm2_5072

 それにしても北面は風が強い。舞い上がった雪煙が容赦なく吹きつけ氷片が当たって痛いです。
1020_18_g1xm2_5063

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 そんな地蔵岳で霧氷風景を楽しんだら、さくっと下山し大沼氷上(1345m)へ。
1020_19_img_4171

 氷上への立ち入りができる16時までの2時間、ゆっくりアイスバブルを撮り直すたくらみだったのに、早々に日が傾き‥‥1020_20_190119g1xm2_5151

 遮るもののない氷上は烈風で、想像以上に寒い! 帰ります。
1020_21_g1xm2_5148

 お日様がフェードアウトしたんでアーベントロートは諦めるも、登ってきたお月様に捕まり日没まで粘らされたら、なんと最後の最後2分足らず燃えました♪ (16時48分頃)
1020_22_190119g1xm2_5182

 地蔵や長七郎での霧氷を狙うには多少の風は覚悟のうち。ただ、振り返ってみると、いちばん霧氷がきれいな時間帯に、いちばん霧氷の少ない場所を歩いていたようで‥‥現地でも「そう来たか!」という感じにはなりましたね。(笑)
 それにしても赤城は奥が深い! いたって簡単に行けるのに、景色はじつに雄大、コースは豊富でどこも歩きやすいし、人は多からず少なからず。冬の赤城通いはまだまだ続きそうです。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

*撮影2019年1月19日 Canon PowerShot G1X MarkII/G7X MarkII 群馬県前橋市
*小沼~小地蔵分岐~長七郎山~八丁峠~地蔵岳~八丁峠~鳥居峠~大沼

(第1020号)

|

« 油氷とアイスバブルの赤城大沼をあるく | トップページ | 赤城ブルーに煌めく霧氷風景を追い求め »

コメント

全山真っ白で、霧氷もみごたえがありますね。
しかし相当に寒いのでしょうね・・・。

投稿: Suekichi | 2019年1月24日 (木) 17時19分

Suekichiさん、霧氷が新鮮かつ繊細だと白さに透明感があり、とても見応えあります。
防風防寒対策が万全なら、歩いている間の寒さは問題ないでしょう。

投稿: 鉄まんアトム | 2019年1月24日 (木) 17時58分

いや~風は強いけど美しい光景ですね。
距離は短いとは言え二山で霧氷満喫、沼でも満喫で冬山遊びで満腹って感じですね。

投稿: てばまる | 2019年1月24日 (木) 21時37分

てばまるさん、ずうっと風の強い1日でした。ちょっと雲抜けも悪かったですが、でもそのおかげでいろんな表情の霧氷が楽しめました。青空バックの撮れ高は稼げなかったし、寒さに挫けて沼遊びも途中棄権でしたけど、十分満たされました。

投稿: 鉄まんアトム | 2019年1月24日 (木) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 油氷とアイスバブルの赤城大沼をあるく | トップページ | 赤城ブルーに煌めく霧氷風景を追い求め »