« 初テント泊を北アルプス蝶ヶ岳にて | トップページ | 夏休み、北アルプス蝶ヶ岳へ(後編) »

夏休み、北アルプス蝶ヶ岳へ(前編)

Img_7622

 北アルプス南部東側の常念山脈。このうち燕岳~大天井岳~常念岳~蝶ヶ岳と続く稜線は「パノラマ銀座」とも呼ばれ、その名の通り、槍・穂高連峰の大展望が広がる絶景縦走コースです。前回の昨年8月末、雲とガスと雨で展望を阻まれた蝶ヶ岳(標高2677m)に、この夏、買い揃えたばかりのテント装備を背負って出直してきました――

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 登山口は安曇野側の三股(標高1350m)から。三途の川を渡り、いざ天国へup
Img_6950

 歩き始めて30分も経たぬうちに最終水場の「力水」です。周囲のロケーションはこんな感じ。
Img_6962

 力水から20分足らずで、今度は「ゴジラみたいな木」のあるベンチ。石の重みで顎が外れないんだろうか、と心配に(笑)
Img_6972

 それから約1時間で休憩適所の「まめうち平」(標高約1900m)に到着。距離も標高もまだ半分に届かず、先は長そう‥‥
Img_6995

 標高2140mで蝶沢を渡ると再び急登に‥‥ただ、登山道は花道となり、花に元気をもらいながら登っていけます。
Img_7040

 やがて大滝山との分岐で樹林帯は終わり山頂はもう目の前なんだけど、登山口から5時間、ここでまさかの雨‥shock‥。ガスも濃いし、台風一過の夕焼けなんか狙った自分を呪います。
Img_7062

 木の下に戻って雨が少し収まるのを待って山小屋へ。テント場の手続きを済ませ、雨が止んでいるうちにテント張ってしまえ、とばかりに、まずは地鎮祭から。(笑)
Img_7071

 はい、だいたい30分で建築し終わりました。初めてにしては上出来かな‥smile
Img_7073

 山頂からテント場を見下ろすとこんな感じ。真ん中の黄色いのが新築の我が家ですね。依然ガスガスで景色は望めませんが、雨は上がり薄日も差してきました。
Img_7080

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 午後の稜線散歩を楽しみにしていましたけど、こんなものが出てるぐらいですからダメですね‥‥いちおうガスと薄日の存在証明、にはなるかな。
Img_7089

 いまのうちに夕食を済ませてしまいましょう。これを自炊と呼べるか疑いの余地なしとは言えず‥(゜▽゜*)‥
Img_7115

 日没の時刻を迎えるもガスガスで諦め半分、でも外で佇んでいたら‥‥うわっ、なんと、槍ヶ岳、見えてきたっ!
Img_7150

 反対の安曇野側も晴れてビーナスの帯と地球影がっ!
G1xm2_3269

 上高地を埋めていた雲が勢いよく常念山脈を乗り越えていっています!
G1xm2_3277

 台風一過の夕焼けは叶わなかったけど、諦めていた槍ヶ岳がシルエットでも見られたのは御の字!
Img_7165

 あ~、でも、常念山脈の鞍部を西から東へと流れていた滝雲がぐんぐん昇ってきて、マジックアワーのショーは終わりを迎えます。蝶ヶ岳稜線はまたガスに覆われてしまいました。運が良いのか悪いのか、わから~ん!
Img_7181

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 我が家に戻るとフライシートが結露でびっしょりです。風もあって、おばんのコーヒーは止めにしテントに潜り込みます。ところが!少ししてテントから顔を出してみると満天星!!180809_g1xm2_3287

 慌てて飛び出し数枚撮れましたが、またすぐにガスが流れ込み撮影は難しくなりました。ほんの数分だったけど、目で見た天の川はすごかった‥‥夜中何度となく外を覗くも全然ダメです。頼む、翌朝は晴れてくれ!!(後編につづく)

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

*撮影2018年8月9日 Canon PowerShot G7 X MarkII/G1 X MarkII
*北アルプス蝶ヶ岳1泊2日の1日目/中部山岳国立公園

(第999号)

|

« 初テント泊を北アルプス蝶ヶ岳にて | トップページ | 夏休み、北アルプス蝶ヶ岳へ(後編) »

コメント

初の北アルプステント山行、なかなか気持ちよさそうなテント場ですね。「新築」のテントはイイなぁ~。うちのは築30年超の老朽物件です。(+_+)

投稿: Suekichi | 2018年8月24日 (金) 19時46分

Suekichiさん、蝶ヶ岳のテント場の一部では、テントの中から槍穂が見えます。小屋は目の前だし、景色を眺めながら、のんびり過ごす北ア山行も良いものです。

30年超とはずいぶんと物持ちがいいですね。大事に使われているんですね。見習いたいです。もっともこのあと30年は私の身体がまず持ちません、50近くになって始めることではなかったかもしれません‥‥もう手遅れですが。(^◇^;)

投稿: 鉄まんアトム | 2018年8月24日 (金) 23時49分

新品はなんでもウキウキしますね。同じ場所に連泊するときは、移築するのも気分が少し変わって良いですよ。

しかし、極悪非道な天気のテントデビューにならなくて良かったですね。そこそこ展望も星空もあったのが幸いでした。山岳テントは大変ですがちょっと癖になります。

投稿: てばまる | 2018年8月28日 (火) 09時50分

てばまるさん、なるほど、2日目なら一番乗りですからね。
もしも稜線で天気が極悪非道だったら、とっとと小屋に逃げ込もうと決めていました。

ガスガスで危うく丸焼けのブタデビューになるところでしたが、暮れ時に槍が出て大興奮でした。これも小屋泊まりだったら見逃していたかもしれません。テント万歳ですね。

投稿: 鉄まんアトム | 2018年8月28日 (火) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初テント泊を北アルプス蝶ヶ岳にて | トップページ | 夏休み、北アルプス蝶ヶ岳へ(後編) »