« 鉢形城のエドヒガンに遊ぶ | トップページ | 朝日に輝き立つ八徳一本桜 »

狭山丘陵 トトロの山桜、春燦燦

180329g1x2_2987

 2年ぶりに狭山丘陵の里山に咲くヤマザクラの大木を見てきました。横へ横へと長~く伸びた枝にトトロが乗っかっていそうな一本桜は今や花盛り。朝日を受け、根元からてっぺんまで木全体を光り輝せていました。
 これの花吹雪はどんなだろう、と風吹く翌朝にも行ってみたら、なんと、すっからぴん。儚いがゆえの美しさ、そして楽しさ。桜を愛でる営みは人生の如しであります。

*撮影2018年3月29日 菩提樹池里山保全地域/埼玉県所沢市 Canon G1 X markII

(第982号)

|

« 鉢形城のエドヒガンに遊ぶ | トップページ | 朝日に輝き立つ八徳一本桜 »

コメント

下から上までバシッと光があたってますね!
ヤマザクラは白っぽいのですが朝陽を浴びてるおかげで妖艶に見えますね。
この手の古桜は人の手助けが無いと折れたり枯れたりしますから、長く花を咲かせ続けるには人との繋がりは必須なんでしょうね。

投稿: てばまる | 2018年4月 2日 (月) 21時22分

てばまるさん、掲載の写真を撮った時間帯がこの木が最も広く陽射しを受けるようです。
以前は藪に埋もれていた木でしたが、近年周りがきれいに刈り払われ、今年は大きな枝のいくつかに支えも施されました。桜の人との共生も興味深いですね。

投稿: 鉄まんアトム | 2018年4月 3日 (火) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鉢形城のエドヒガンに遊ぶ | トップページ | 朝日に輝き立つ八徳一本桜 »