« 2017年8月 | トップページ

2017年9月の6件の記事

川越夕景(47)

170919img_3421

 台風一過の夕焼け狙いで敬老の日に伊佐沼まで出てみましたが、ボウズでした。台風が未明に駆け足で通り過ぎ、さらに日中晴れ渡ってしまっては、まず焼けません。

 翌19日も快晴で期待薄だったものの、夕方が近づくにつれ薄雲が広がり、もしやと思って出てみましたけど、またもや不発の様相です。数人いたカメラマンもみな立ち去りました。夕凪の水辺が心地よく一人残っていたところ、辺りがとっぷり暮れてからの残光に空の高いところが少し染まりました。こんな静的な夕空も捨てたものではありません。

*撮影2017年9月19日 伊佐沼/埼玉県川越市 Canon PowerShot G7 X MarkII

(第965号)

| | コメント (0)

川越夕景(46)

170912dscf2096_t1

 すんばらし~い夕焼けでした。年に何度とは見られない最上級の焼け具合で、色も模様も広がりも、今年見てきた中で一番の空です。三度、四度と1時間以上にわたって続き、真っ暗になるまでずうっと見ていたくなる、そんな夕焼け空でした。
 伊佐沼まで出たかったけど、こういうときに限って時間も機材もなし。場所はいつもの弊事務所前です。焼けのピークは5分程度。型落ちのコンデジが良い仕事をしてくれました。

*撮影2017年9月12日 川越市役所駐車場 FUJIFILM XQ1 Velvia SIM/Lightroom5.7

(第964号)

| | コメント (0)

夏休み、北アルプス常念岳へ ~epilogue~

170828img_2848
ミヤマホツツジとお隠れモードの穂高連峰 2017年8月28日常念山脈の稜線にて撮影 Canon G7 X MarkII

 去年に続く北アルプスパノラマ銀座の縦走から半月あまり。ちょっと槍様のチラリズムに弄ばれた感あれども、未踏の稜線を3日がかりで歩き通し無事に上高地へと下り立てた達成感がこれに勝り、今回もまた豊かな余韻に包まれています。
 これで3度目の北アルプスも未だ一を識りて二を知らず。蝶ヶ岳や常念岳から朝日を浴びる槍・穂高連峰を望みたい、西側の裏銀座方面からも見てみたい、黒部源流の山々や後立山連峰にも行ってみたい、北アへの思いは広く尽きません。北アは自分の小ささをより強く感じ取れる特別な場所であります。

【話の振り出しに戻る‥】 夏休み、北アルプス常念岳へ ~prologue~(第959号)

(第963号)

| | コメント (0)

夏休み、北アルプス常念岳へ(下)

Img_3084

 蝶ヶ岳で迎える朝。空が白む頃を過ぎてもガスに覆われていたところ、東の空が微かに開いて景色の一部が姿を現しました。安曇野は雲海です。もしかしたら御来光が拝めるのかもしれません。外に出てみます。さあ、最終日、3日目の始まりです――

続きを読む "夏休み、北アルプス常念岳へ(下)"

| | コメント (0)

夏休み、北アルプス常念岳へ(中)

170828g1xm2_2516

 まだ真っ暗な2時30分に外を覗くとガスに包まれていました。出発を見合わせ3時に再確認すると、なんとガスが完全に抜けています。急ぎ支度を調え小屋を出ます。空は雲に覆われているけど山は晴れています。稜線の所々に小屋の灯りが瞬いて見えます。灯台のようで頼もしいです。
 出遅れてしまい息も絶え絶えに登り詰め、どうにか薄明の山頂に滑り込みます。燃え上がるんじゃないかと思えた朝焼けはボヤに終わりましたが、浅間山と四阿山の間から御来光がありそうです。2日目が始まります――

続きを読む "夏休み、北アルプス常念岳へ(中)"

| | コメント (0)

夏休み、北アルプス常念岳へ(上)

Img_2520

 山の日に放送された某番組を見たら、にわかに北アルプスへの気運が高まりました。もう行くしかありません。昨年下りた一ノ沢から常念乗越に上がり、「パノラマ銀座」の稜線を南へ常念岳から蝶ヶ岳まで縦走し、最終日に上高地へと下りるコースを2泊3日で歩いてきました。何を置いても槍ヶ岳が見たいです。
 まず目指したのはコース唯一の百名山である常念岳(標高2857m)。昨年、目の前にして登頂をあきらめた(→第896号参照)ので、その高みからの景色はどんなものだろうと気にはなっていました。では行ってみましょう――

続きを読む "夏休み、北アルプス常念岳へ(上)"

| | コメント (4)

« 2017年8月 | トップページ