« 尾瀬のワタスゲに呼ばれて | トップページ | 北八ッ雨池初逍遙 »

彷徨って北八ッ彷徨

170804img_1779

 某百名山の頂上近くに建つ山小屋で1泊する夏山計画。これをヤマテン(山の天気予報)の芳しからぬお告げゆえ前日に見送り、彷徨ったすえ、雨や霧の予報を逆手にとって全く別の山域へと向かいました。3年ぶりの北八ヶ岳です。
 しかし、北八ッで狙いの雨は降らず、一方の見送った某百名山では美しい夕焼けが‥‥。当初の計画を直前に変更した判断は、以降の選択のほとんどが裏目に出る空回りの始まりとも相成って、大失敗でありました。

 それでも北八ッの森は裏切りません。シラビソやコメツガなど黒木が鬱蒼と生い繁り、足元を多様な苔が覆い尽くす圧倒的な密度の森で、フィトンチッドに満ちあふれ、それらを分厚い静寂(しじま)が包み込んでいる森です。彷徨い歩いた場所だけは間違っていなかったようです。森から元気をもらって帰ってきました。

*撮影2017年8月4日 北八ヶ岳大石峠付近にて Canon PowerShot G7 X MarkII
【3年前の北八ッ】 北八ケ岳にゅうの森をあるく(第719号)

(第956号)

|

« 尾瀬のワタスゲに呼ばれて | トップページ | 北八ッ雨池初逍遙 »

コメント

一枚の写真から、「シラビソやコメツガなど黒木が鬱蒼と生い繁り、足元を多様な苔が覆い尽くす圧倒的な密度の森」の息づかいが感じられるような気がします。
私も一日遅れで北八ッを歩いてきました。この場所も通っているはずなのですが、なかなかこういう写真は撮れません。

投稿: Suekichi | 2017年8月10日 (木) 12時53分

Suekichiさん、1日遅れで大成功でしたね。日帰りせずに泊まっていれば私も肖れたんですが、本文に書いたとおりの読み違いやらかしでありました。

写真へのコメントは謙遜と褒め殺しに過ぎましょう。Suekichiさんのブログに載っている写真と大差ありません。

投稿: 鉄まんアトム | 2017年8月10日 (木) 15時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尾瀬のワタスゲに呼ばれて | トップページ | 北八ッ雨池初逍遙 »