« アカヤシオ咲く大持山雨乞岩にて | トップページ | 奥多摩倉戸山で花見のつもりが »

入間源流の苔生す森にて

170503img_5927

 憲法記念日の奥武蔵歩きで五月雨式レポート第3弾です。この日の目的地・大持山へは横倉林道終点から取り付くのが最短で、アニメ「ヤマノススメ」で一躍有名になったウノタワを通り抜けていきます。
 登山口からウノタワへは入間源流の横倉沢(ナギノ入)に沿って上がっていきます。その源頭を越えた森の一角に、なぜかそこだけ、岩が大小無数に転がり苔生す空間があります。北八ヶ岳や屋久島の森にいるような気分に浸れます。ここに来るだけでも良いです。新緑の時季に来たのは初めてで、若葉と苔とのハーモニーがじつに見事でした。

*撮影2017年5月3日 Canon PowerShot G7 X 横倉沢源頭上部/埼玉県飯能市

(第941号)

|

« アカヤシオ咲く大持山雨乞岩にて | トップページ | 奥多摩倉戸山で花見のつもりが »

コメント

苔の森の新緑、とても美しいですね。北八ヶ岳の苔も素晴らしいですが、針葉樹林の若芽の黄緑色が楽しめるのは枝の先端だけで、一面の新緑の森にはなりません。このコースは以前から一度行ってみたい・・・と思いつつ、ついつい行きやすい場所ばかり歩いています。

投稿: Suekichi | 2017年5月 9日 (火) 08時58分

Suekichiさん、この苔のエリアは、写真で見ると一面のようですが、現地に立つとほんの一角で過大な期待は禁物であります。

秩父や横瀬からだとコースが組みづらいところですので、思い切って名栗側に回っていただいた方が無難ですね。名郷基点ならコースは多様で、とくに紅葉期はオススメですよ。下の方はパッとしませんけど。(林道で上まで上がってしまえば多くを割愛可能)

投稿: 鉄まんアトム | 2017年5月 9日 (火) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アカヤシオ咲く大持山雨乞岩にて | トップページ | 奥多摩倉戸山で花見のつもりが »