« 霧氷に魅せられ今季8度目の赤城山 | トップページ | 桜、流れて »

パステルカラーの氷川橋にて

170407img_4883

 3月下旬になっても雪山で戯れていたせいか、例年なら桜に明け暮れる頃を迎えてなお気分が春に切り替わりません。それでも咲いている桜は日々目に付くもので、ふと気になり、いつもの場所へと出向いてみました。
 なんともう花筏です。夕陽を浴びてすごくキレイ。きっとこれが今年の極でしょう。良いときに来ました。心の中が一気に柔らかく明るく澄んだ調子になりました。春一色です。

*撮影2017年4月7日 Canon PowerShot G7 X 川越市宮下町二丁目“誉桜”

(第936号)

|

« 霧氷に魅せられ今季8度目の赤城山 | トップページ | 桜、流れて »

コメント

おお~! 川が桜の花びらで埋め尽くされてますね!
これもタイミングでは流れてしまいますから、ベストでしたね。しかも夕陽を浴びて美しいです! 

投稿: てばまる | 2017年4月11日 (火) 01時35分

てばまるさん、美しさが伝わって何よりです。
そうなんです、1時間違いでもだいぶ様子が変わります。花筏のタイミングはまさに運ですね。事務所から徒歩5分の場所でもなかなかベストのタイミングには合いません。

投稿: 鉄まんアトム | 2017年4月11日 (火) 22時35分

鉄まんアトムさん、こんばんはです。
春の華やかで優しげな夕陽を受けた満開の桜と満面の見事な花筏。いいショットです。さすが小江戸川越、風情がありますねぇ!
このような花筏、一度見てみたいものです。

投稿: youic | 2017年4月12日 (水) 18時25分

youicさん、ここの花筏は流れていたり溜まっていたり神出鬼没で、なかなか狙いどおりに撮らせてはくれません。咲き始めて満開までは水鏡で、花筏が混ざって半々くらいになった頃が一番キレイですね、いろんな模様が楽しめます。

なお、この水路は荒川水系の一級河川である新河岸川で、かつてこの下流から江戸までが舟運で結ばれていました。現在の隅田川に合流し東京湾へと流れています。

投稿: 鉄まんアトム | 2017年4月13日 (木) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 霧氷に魅せられ今季8度目の赤城山 | トップページ | 桜、流れて »