« 今季7度目の赤城山も霧氷丸坊主 | トップページ | 霧氷に魅せられ今季8度目の赤城山 »

十五の春

十五の春に咲かぬ桜もあります。きっと其処此処にあります。
そんな桜たちもみなそれぞれ世界に一つだけの花なのであります。
だから日々健やかに生きている以上を望んではいけないのかもしれません。

何を隠そう私自身も十五の春に咲けず当時の自分と重ね合わせ色々思い回してしまったけれど、もう止めて、きちんと省みることだけはしつつ、前を向いて歩き出すとしよう――

やっと出掛けられる気分が戻ってきたので電車に乗って奥武蔵へ。
山の駅に降り立ったとたん花粉の大海原へと投げ込まれたようで‥‥
この2週間分以上の涙と鼻水が一気に出ちゃってまた泣き腫らした春彼岸の休日です。

170319_img_4141
セツブンソウ 奥武蔵日向山「山の花道」にて2017年3月19日撮影/埼玉県横瀬町

(第934号)

|

« 今季7度目の赤城山も霧氷丸坊主 | トップページ | 霧氷に魅せられ今季8度目の赤城山 »

コメント

十五の春。うむ、先生におまえの順位だとここしか無理だと言われて当時ならず者の集まりで県下最低ランクだった水産高校に1発合格でした。入って見れば納得で、製造科でしたが卒業するまでクラスで3位でして如何に頭の悪いのが集まっていたかがわかりますが、変な奴らばかりでしたがなかなか楽しかったです。

前置きが長くなりましたが、セツブンソウの自生地に行ってこられたようで、花を見ると気分も落ち着きますね。
高尾山では花粉は少ないですが奥多摩に行くと最悪になります(+o+)

投稿: てばまる | 2017年3月22日 (水) 09時29分

てばまるさん、示唆に富むコメント、ありがとうございます。
標題に関し私の方から公に書けるのは本文の内容にて留めておきたいと思います。

早春花はみな可憐で癒されますね。花粉でヒドイ目に遭うと分かっていても毎年見たくなってしまいます。奥武蔵の花粉地獄は奥多摩を上回っているかもしれません。

投稿: 鉄まんアトム | 2017年3月22日 (水) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今季7度目の赤城山も霧氷丸坊主 | トップページ | 霧氷に魅せられ今季8度目の赤城山 »