« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月の4件の記事

霧氷に魅せられ今季8度目の赤城山

170325r0036572

 春分を過ぎ桜の便りも届き始めた3月最後の土曜に寒の戻り、三度正直の霧氷を期待し、ダメ元で赤城山に行ってみました。
 赤城道路の車窓から見える地蔵や黒檜は真っ白で、ヤッター!の高揚感とともに、これで心置きなくシーズンを仕舞える安堵感に満たされました。中腹では繊細で美しい本格霧氷に出迎えられ、感無量です。ただ、登るほどに気温があがり、上の方までは間に合いません。風もなく日差しはさすがにもう春のものでありました。

170325r0036481

 霧氷に魅せられ8度も通い詰めた今季の赤城山。なかなか思うようにはいかなかったけれど、最後の最後で冬将軍の置き土産に巡り逢え良い写真も撮れて、素晴らしいシーズンでした。感謝感激です。

*撮影2017年3月25日 RICOH GXR+GR LENS A12 28mm 赤城山主峰黒檜山にて

(第935号)

| | コメント (2)

十五の春

十五の春に咲かぬ桜もあります。きっと其処此処にあります。
そんな桜たちもみなそれぞれ世界に一つだけの花なのであります。
だから日々健やかに生きている以上を望んではいけないのかもしれません。

何を隠そう私自身も十五の春に咲けず当時の自分と重ね合わせ色々思い回してしまったけれど、もう止めて、きちんと省みることだけはしつつ、前を向いて歩き出すとしよう――

やっと出掛けられる気分が戻ってきたので電車に乗って奥武蔵へ。
山の駅に降り立ったとたん花粉の大海原へと投げ込まれたようで‥‥
この2週間分以上の涙と鼻水が一気に出ちゃってまた泣き腫らした春彼岸の休日です。

170319_img_4141
セツブンソウ 奥武蔵日向山「山の花道」にて2017年3月19日撮影/埼玉県横瀬町

(第934号)

| | コメント (2)

今季7度目の赤城山も霧氷丸坊主

170304r0036435

 今週末も朝4時起きで赤城山に行きましたが、またしても霧氷はすっからぴん、2週連チャンで丸坊主やらかしてもうたぁ~。くぅ~~(×_×)
 そんな次第で、黒檜や駒はもちろん、地蔵や長七郎にすら登る気力がなくなり、とりあえず車道沿いの白樺純林にて朝日浴びる冬木立を撮影。このまま歩かず帰ろうかとも思いましたが、五輪尾根をスノーシューで少しだけ散歩しました。独り占めでした。雪も腐ってきており今季はこれで仕舞いとなりましょう。

Img_2012
 五輪尾根野坂峠の指導標。至沼田20kmって、えっ!? 道あんの? 歩いて行く人いんの? スケールでかいな、赤城山はヾ(´ε`*)ゝ

*撮影2017年3月4日 赤城山白樺純林/五輪尾根にて

(第933号)

| | コメント (2)

霧氷丸坊主だった今季6度目の赤城山にて

170225img_3839

 前号に書いたとおり、群馬太田でのペンクリニックへの先回りで赤城山を歩いてきました。朝4時起きで関越の鬼渋滞をかわし今季最早にて現地に到着するも、狙いの霧氷が全くありません。やってしまいました、確定丸坊主です。
 このまま太田に行っても早過ぎるし、コンディションは快晴無風の雪山日和ですから、とりあえず軽~く地蔵岳でスノーシューハイクしましょう。八丁峠から南面はまるでゲレンデのようで、実際にスキーで滑っている人もいます。山頂に上がると北面の眺望が爽快でした。

170225_g1xm2_1843

 あまりにあっけなく登れて未だ時間を余しているので、下山は黒檜や大沼を正面に大洞へ。こちらは小動物以外のトレースがなく、プチラッセルを楽しみながら豪快に下りました。シャツ1枚でも汗ばむ陽気にシーズンの終わりを感じた今季6度目の赤城山でした。

*撮影2017年2月25日 赤城山地蔵岳にて

(第932号)

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »