« LAMY Safari なる万年筆を手にする | トップページ | 赤城山のお助け砂 »

続・霧氷でWhite Christmasの赤城山へ

161225g1xm2_0879

 昨年暮れの赤城山での霧氷狩りについて、続編できませんと言い切っておきながらの続編です。地蔵岳から黒檜山へのハシゴで、記録として積み残していることを備忘録がてら綴っておきたいと思います。よって新鮮なネタではありません、興味あればお付き合いください――

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 地蔵岳からは、手前に遮るものがなく関東平野が一望できます。正面に光るぐねぐねは渡良瀬川です。ちょっと二分割気味かな・・・
G1xm2_0890

 この日は富士山もよく見えていました。富士の左の高みが今年注目の雲取山です。
G1xm2_0983

 山頂の南側は一面の霧氷で遠く筑波山の姿も。この青空と霧氷群で2時間以上も夢中になって撮ってしまいました。
G1xm2_1056

 地蔵岳からの眺めは、なんと言っても大沼と黒檜山越しに上越国境方面が望めること。ただ、切り取り方は難しいですね。奥の白い峰は上州武尊山です。
G1xm2_0900

 谷川連峰の越後側からは雲が乗り越えてきていました。写真正面が上越国境の蓬峠です。
161225g1xm2_1098

 山頂の西側からは北アルプスも見えます。写真では、左端の槍ヶ岳から常念山脈が続き中央は燕岳や鷲羽岳、そして右へは裏銀座の山々が並び、右端に薬師岳です。
161225pc256057

 黒檜山の猫岩尾根をズームアップしてみると、まだ霧氷が着いています。昼を過ぎちゃうけど、天気は穏やかだし、これは登るしかないでしょう・・・(笑)
Pc255986

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 で、いったん下って黒檜山へハシゴ。しかし、猫岩の上の方まで登っても登山道の周りに霧氷は現れません。でも、下りてくる人から「上はすごくきれいだよ」の言を糧に登り続けます。
Img_2786

 向かいの尾根は霧氷で真っ白です。
Img_2793

 そして「黒檜山4」の標識を過ぎたあたりから一気に霧氷が現れ・・・
Img_2826

 その先はもうお祭りとなります♪♪
G1xm2_1135

 いつも歩く朝方の時間帯とは光の当たり方が違って、これまた見事です。
G1xm2_1168

 午後の霧氷だから写真映えするような繊細さには欠けるものの、目で見るには申し分なく、この中を歩くのは楽しくて仕方ありません♪♪
G1xm2_1187

 飛ばして登ってきたつもりだったけど、山頂稜線まで1時間40分(cf. CT1:30)もかかってしまいました。もう下からの光線です。
G1xm2_1197

 風もなくとても静かな山頂でした。
Img_2869

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 さて、こんな霧氷群で名残惜しいのですが、15時を過ぎてしまいました。時間も時間なので一気に下っていきま~す。
Img_2883

 だいぶ日も傾いてきました。沈みゆく太陽を正面に、逆光で輝く霧氷を見ながらの下山は楽し~い!!
Img_2907

 あっという間に霧氷ゾーンを抜けます。赤城神社はもう日が陰り、夕日で黒檜の山肌が染まり始めました。ここまで下りればもう安心です。
Img_2922

 明るいうちに下山完了。残照に浮かぶ黒檜山を見て家路へ。この日は関越渋滞がなく2時間で帰れました。
Img_2935

 年が明け1月3連休の大雪、そして、先週末からの「最強寒波」の襲来で、大沼も氷結し、赤城山も本格的な雪山へと変身しました。機会があればまた、青と白の世界を撮りに出掛けてみようと思います。昨シーズン買ったスノーシューが家で眠っています。

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

*撮影2016年12月25日 Canon G1X MarkII/G7 X /OLYMPUS STYLUS1s
*赤城山/地蔵岳(見晴山駐車場往復)~黒檜山(黒檜山登山口往復)

【関連記事】 霧氷でWhite Christmasの赤城山へ(第920号)

(第924号)

|

« LAMY Safari なる万年筆を手にする | トップページ | 赤城山のお助け砂 »

コメント

続編出ましたね!(^_^;)
まだまだチャンスはありますから、冬の間は何度か行かれるのでしょうね。
それにしても、この青空との組み合わせは絶品ですよね!! 渓流ばかり籠もってないで、ちょっと白銀の世界を歩いて見たくなります。

スノーシューもしばらく使ってなくてタンスの肥やしです。少し劣化もあるので買い換えたいですが、使用頻度を考えると、ちょっと躊躇しちゃいます。

投稿: てばまる | 2017年1月19日 (木) 00時55分

てばまるさん、続編出ちゃいました。(^^ゞ)
その後、行く機会に恵まなかったので、在庫放出する余裕が生まれました。

青空と霧氷との組み合わせは本当に美しいですね。見飽きることなどけしてありません。雪で下草が隠れると雰囲気も変わるので、無雪期だけでなく厳冬期も撮りに行きたいです。渓流も雪が降るとまた格別でしょうね。

投稿: 鉄まんアトム | 2017年1月19日 (木) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LAMY Safari なる万年筆を手にする | トップページ | 赤城山のお助け砂 »