« 五百円札の富士を眺めに雁ケ腹摺山へ | トップページ | 今季もまた霧氷の赤城山へ »

川越大師喜多院なごりの紅葉

161206p1210759
 今季の紅葉もいよいよ見納めの時が来たようです。例年遅めの川越大師喜多院でも終盤となりました。木枯らしが境内に葉を舞わせるなか、参道に架かる「どろぼうばし」のモミジが有終の輝きを見せていました。

161206p1210741

 事務所で保管していた古いカメラ(と言ってもたかだか8年前の)を久しぶりに持ち出してみました。あちこち陳腐化は否めないけれど、写りは新しい物に引けを取りません。古くても良い物は良い。寿命尽きるまで使い続けたい名機です。

*撮影2016年12月6日 川越市小仙波町一丁目 Panasonic DMC-LX3/Lightroom5.7
*【昨年の喜多院の紅葉は‥‥】 仙波山なごりの紅葉(第853号)

(第917号)

|

« 五百円札の富士を眺めに雁ケ腹摺山へ | トップページ | 今季もまた霧氷の赤城山へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 五百円札の富士を眺めに雁ケ腹摺山へ | トップページ | 今季もまた霧氷の赤城山へ »