« 新聞投稿掲載、尾瀬の「再整備」再考を | トップページ | 秋高し川越氷川祭にて »

谷川連峰 白毛門、錦繍の稜線をあるく

161007img_7147

 谷川連峰に白毛門(しらがもん)という一風変わった名の山があります。谷川岳東面の一ノ倉沢など国内屈指の岩壁群を見渡す格好の展望台として知られています。
 冬季、白くなる山頂を白髪頭と見立て、その近くにある2つの岩塔(ジジ岩・ババ岩)がちょうど門のように見えるのが山名の由来と云います。急坂ゆえ行って帰ってくると大変さのあまり髪の毛が真っ白になるからではありません。(笑)

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 標高1720mの白毛門へは土合口から3キロ足らずで1040mを登ります。標準で3時間30分かかります。登り始めて2時間半、松ノ木沢ノ頭(1472m)で森林限界を越えます。
Img_7086

 松ノ木沢ノ頭より、目指す白毛門の山頂とジジ岩・ババ岩を仰ぎ見ます。なるほど、確かに門だ。ここまで大変な登り、ここからも大変な登りが続きます。
161007img_7090

 近くから見ると、なかなか凛々しいピークです。冒頭の写真はここから撮りました。161007img_7137

 山頂はこんな感じです。独立した山と言うよりは、稜線上の小ピークのようでもあります。
Img_7158

 白毛門の山頂から眺める笠ヶ岳(写真左)から朝日岳へと続く稜線。この辺りの紅葉がちょうど見頃のようです。なお、正面にひときわ大きく見える山体は朝日岳ではなく、その前衛峰(小烏帽子・大烏帽子)です。
161007img_7176

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 それでは、時間に余裕があるので、笠ヶ岳の方へと進んでみることにしましょう。稜線の西側には、マチガ沢、一ノ倉沢、幽ノ沢など谷川岳東面の大岩壁が迫ります。
161007img_7216

 あまりよろしくない今年の谷川紅葉の中にあって、この辺りでは、そこそこのものが見られました。
Img_7209

 いや、そこそこどころではありません、白毛門東側斜面の紅葉はとりわけ見事でした。
161007img_7241

 あまりの美しさに、何度も立ち止まり振り返っては写真を撮ってしまいます。ベストではないようだけど、うぅ~~ん、大満足だ。
161007img_7250

 そんな錦繍の稜線を歩み進めていくと、本日のラスボス登場。はあ~これ登るのかぁ~~。心が折れそうになる笠ヶ岳への最後の急坂です。Img_7256

 その急坂を登り詰め息を切らして山頂に上がると、目に飛び込んでくるのは、朝日岳の姿や上越国境稜線の大展望っ!!
Img_7269

 蓬峠から清水峠にかけての雄大な景色をご覧ください。(※クリックで拡大)
Dscf1478_yomogi_pshimizu_p

 笠ヶ岳山頂(1852m)。谷川連峰の馬蹄形縦走路すべてが見渡せる素晴らしいところでした。この日は妙高火打に北アルプス(立山と鹿島槍ヶ岳)まで見えました。越後側の視程がよければ日本海や佐渡島も見えるようです。
Img_7270

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 もう少し進みたい気持ちもありましたが、時間と余力を残すべく本日は笠ヶ岳にて折り返すことに決定。尾瀬の山も間近に見えたし、ま、いいかって。実際は、この先のこの道を見て気力が萎えたのが正直なところ。(笑)
Img_7271

 さあ、笹原光り輝く来た道を戻ります。・・・さっき白毛門を稜線上の小ピークだなんて言っちゃったけど、れっきとした貫禄ある山ですね、訂正します。
Img_7279

 紅葉がハズレの年でこれなら、当たり年はどんなになるんだろう・・・
Img_7309

 光線の向きが変わり、行きとはまた違った見え方になります。サラサドウダンもキラキラグラデーションですね。
Img_7341

 やっぱり帰りも足止めさせられた白毛門の斜面を“Velvia”の色彩でどうぞ
161007dscf1487

 森林限界より下の、樹林帯の紅葉はもう少し先のようです。
Img_7058

 下りには結局登りとほぼ同じ時間がかかりました。気持ち、頭が朝よりも白くなったような・・・?? 以上、天気に恵まれすぎ(て写真的には微妙になっ)た2016年の谷川連峰紅葉登山第2弾でした。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

<おまけ> 湯檜曾川を挟んで対岸に架かる谷川岳ロープウェイ。そのゴンドラ内からは白毛門・笠ヶ岳がよく見えます。(2015年9月撮影)
150929img_4786

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

*撮影2016年10月上旬 Canon PowerShot G7 X / FUJIFILM XQ1
*土合口~白毛門~笠ヶ岳ピストン(群馬県みなかみ町/上信越高原国立公園)

【2016谷川紅葉登山第1弾は‥】 谷川連峰 万太郎山、錦繍の坂道をあるく(第905号)

(第907号)

|

« 新聞投稿掲載、尾瀬の「再整備」再考を | トップページ | 秋高し川越氷川祭にて »

コメント

紅葉も展望もとても素晴らしいですね。
調子が良ければ笠ヶ岳まで・・・と思いつつ白毛門には何度か登っていますけど、急登で体力・気力を消耗して、結局白毛門で引き返すのが常になっています。でも笠ヶ岳まで行けば清水峠まで見えるのですね。こういうよく晴れた日に一度は頑張って行ってみたいです。

投稿: Suekichi | 2016年10月12日 (水) 12時29分

Suekichiさん、急登も紅葉も展望も想像以上に素晴らしかったです。
下りではストック最長130センチにしても短く感じました。足が短いから届かない‥‥

白毛門から見える国境稜線は七ツ小屋山までが精一杯ですが、笠ヶ岳に上がった瞬間にその東側が朝日岳まで遮るもの無く一気に開けます。巻機山も見えて、越後山脈を身体で感じられるでしょう。ちょっと大変ですけど、天気が良ければ行って損はありません。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年10月12日 (水) 16時48分

またまた天気最高で紅葉もピーク? 絶景展望ですね~(^-^)/ やはり晴れてくれないと紅葉は映えませんよね。

燧ケ岳、至仏山、もうひとつの笠ヶ岳も見えてますね。
今週末は尾瀬入り予定ですが、紅葉はいまいちのようです。しかも、NHKで尾瀬の紅葉が見ごろと言ってしまったので混みそう・・・

投稿: てばまる | 2016年10月13日 (木) 10時24分

てばまるさん、どちらかと言うと天気に予定を合わせました。
笠ヶ岳の絶景は想像以上でした。いずれ朝日岳にも足を伸ばしたいです。
稜線の紅葉は晴れないと冴えませんね。樹林帯や渓流沿いなら雨も歓迎ですが。

今週末は天気がとても良さそうで、どこも激混み鬼渋滞でしょう。尾瀬に入れるのもあと1月足らずですが、現時点で具体的な予定がありません・・・ (ちなみに、今週末は「川越まつり」です。)

投稿: 鉄まんアトム | 2016年10月13日 (木) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新聞投稿掲載、尾瀬の「再整備」再考を | トップページ | 秋高し川越氷川祭にて »