« 次に行くべき山は・・・ | トップページ | 遅ればせながら、山の日制定を記念して »

涼を求めて奥多摩川苔谷へ

160812img_5580

 北アルプスから戻ってまもなく1カ月。次の山を巡らしているうち旧盆を迎えてしまいました。遠出すれば混雑は必至ゆえ気乗りしません。そこで昨夏に味を占めた奥多摩の渓流へ、今年は川苔谷(かわのりだに)です。
 日原街道の川乗橋バス停から川苔谷に分け入り、美しい淵や小さな滝を眺めながら登っていくこと約1時間40分、奥多摩を代表する名瀑「百尋の滝」へと辿り着きます。

160812g1xm2_9124 百尋ノ滝(ひゃくひろのたき、標高885m)。滝壺は轟音にあらず、しかし絶え間なく弾け落ちる水の音、そして万緑の中を風が吹き渡っています。晴れれば午後2時前後に架かる虹を期待しましたが、不発でした。1時間ほど撮影と納涼を楽しみ、来た道を戻ります。

Img_5593
 沿道はたくさんのタマアジサイ(○玉紫陽花、×多摩紫陽花)に彩られていました。涼しさの演出に一役買ってくれています。盛夏の奥多摩もいいものですね。

*東京都奥多摩町 川乗橋バス停~川乗林道~細倉橋~百尋ノ滝 往復4時間(撮影込)

(第900号)

|

« 次に行くべき山は・・・ | トップページ | 遅ればせながら、山の日制定を記念して »

コメント

涼しさが伝わってくるようです。こういう時期には、頂をめざさず、溪谷を歩くのもいいですね。

投稿: Suekichi | 2016年8月16日 (火) 11時29分

Suekichiさん、奥多摩はちょっと歩くだけでこのような渓谷に立てるのが魅力です。これくらい標高のある水辺はかなり涼しく、避暑にはもってこいですね。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年8月16日 (火) 12時21分

盛夏の頃はほとんど行かない奥多摩ですが、こういう涼しいところは行ってみたいですね。
けっこう滝も多いですから、沢登りの方にも人気らしいですね。そこまでいくと涼を求めるでなくなりますが(^^;)

奥多摩と言えば御岳山のレンゲショウマ、毎年いってみよ~とは思うのですが実現しません(^^;)

次に奥多摩訪れるのは秋かな。そしてヤマセミ通い!

投稿: てばまる | 2016年8月17日 (水) 09時59分

てばまるさん、この日も細倉橋より下で沢登り(練習?)の団体を何組も見掛けました。
御岳山のレンゲショウマは私も同じです。地元の名所はついつい後回し。(笑)

奥多摩は秋冬がベストシーズンでしょうね。近年、その折り紙付きの紅葉の美しさにはすっかり魅了されております。こうして夏にも通い出すと、魅力は四季を通じて、になりますね。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年8月17日 (水) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 次に行くべき山は・・・ | トップページ | 遅ればせながら、山の日制定を記念して »