« 初めての銀ぶら♪(前編) | トップページ | 初めての銀ぶら♪~epilogue~ »

初めての銀ぶら♪(後編)

G1xm2_9094

 初めての銀ぶら♪2日目。中房で出した登山届には、下山先を「中房または一ノ沢」と書きました。こんなすこぶる上天気なら、福沢諭吉先生が1枚飛んで行ってしまうけど、行き先は一ノ沢(=縦走)に決まりでしょう。

 それでは、初日に続き、常念山脈の稜線「パノラマ銀座コース」を南に進む“銀ぶら♪”の2日目をダイジェストで――

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 3時過ぎに小屋から出てみると、東側は一面の雲海で、空はもう明るく白んできています。左下の山中の光は燕山荘です。
G1xm2_8952

 前回、そして前夕ほどではないけれど、今朝もまた西の空にはビーナスの帯が現れました。御来光を受けて、槍・穂高連峰の稜線がモルゲンロートに染まります。
160719g1xm2_9020

 何を血迷ったか、モルゲンロート最高潮の頃合いを自撮りに専念。風景カメラマンとしてあるまじき行為です。でも、我ながら良く撮れてる‥‥遺影はこれでいいかな。(笑)
G1xm2_9027

 御来光目当ての団体さんが去って、山頂は貸切となりました。日の出直後よりもこれくらいの方が私は好き。
160719g1xm2_9035

 南に目を転じれば、パノラマ銀座コースを一望。雲海の奥には、南アルプス(右)、八ヶ岳(左)、そして富士山が浮かんでいます。
G7x_5052

 富士山を少しアップ
G1xm2_9037

 ここでまたもや失態発覚。うっかり小屋に弁当を置いてきてしまったので、取りに戻ります。素晴らしき、朝の大天井のてっぺんでした。
G7x_5064

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 これが朝弁当です。これ自体は酢飯でおいしかったですが、こんなことなら小屋での朝食でも良かったんじゃないかと‥‥(汗)
G7x_5073

 それはさておき、食事を終えたら荷物をまとめ、いま一度、山頂へ。1時間もすれば日の周りも随分と変わり、景色も一変します。どうです、このヤリホの眺め!また貸切です!!
G1xm2_9081

 またまた名残惜しいけどもう7時半、潮時です。大天荘を後にしますが、でもすぐに、ナカテン(中天井岳)に捕まります。
G1xm2_9087

 昨日歩いてきた稜線を振り返ると、感慨にふけってしまいます。
G7x_5142

 槍様、どぉ~~~ん!!(ピーカン&順光もなんのその)
G7x_5144

 そして、これから向かうパノラマ銀座コースの未踏区間。まさしく大パノラマですねえ、中央と南の各アルプス、富士山もまだ見えています。
G7x_5148

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 とにかくもう雄大な天空トレイルで、燕~大天井とはまた雰囲気も異なり‥‥
G7x_5219

 足元の花やヤリホの見え方が全然違うし、本来、大天井~常念を中心にレポしないといけないんだろうけど、もう胸がいっぱいで‥‥
G7x_5239

 大天荘から実質2時間。横通岳を巻いていくと、ようやく常念小屋が見えてきます。正面には、立ちはだかる“ぬりかべ”のごとき常念岳が‥‥
G7x_5252

 申し訳ないけどその他割愛し、唐突ですが、槍バックのライチョウさんをどうぞ。
G7x_5337

 上記とは場所が違うけど、ライチョウの雛がちょろちょろ動き回ってて、これがめっちゃカワイイんだわ~
G7x_5280

 ‥‥というわけで、常念岳に登る気力は残っていません。常念小屋でラーメンを食べ、この定番の風景のなかで1時間半ほど休んで、常念乗越から一ノ沢に下ります。
G7x_5315

 沢なのか道なのか判然としないガレっガレで水浸しのトレイルに少々難儀。ところどころのお花畑に癒されるも、長い、長い‥‥。そんな花道には早くも秋の七草オミナエシが飾られていました。
G7x_5379

 山の神まで下りてくれば一安心。登山の無事に感謝を捧げます。(この時点で予定下山時刻を過ぎ、予約したタクシーを待たせてしまっているのですが)
G7x_5440

 初めての銀ぶらは最高の縦走日和でした。下山のコースタイムをオーバーするぐらいですから、常念を見送ったのは大正解でしょう。あ、前回の大天井様と違って、常念様への思いは全然残してきていないので、ご心配なく。(笑)

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

<おまけ> 朝の大天井頂上からは、槍ヶ岳の右の奥に白山が浮かんでいるのが見えました。石川県人としては富士山が見えるよりうれしかったです。なお、槍の下の影は常念山脈と大天井による影です。
G7x_5048

 前回に引き続き、今回も感動おじさんの有頂天に最後までお付き合い下さり、ありがとうございます。中折れ&尻切れレポで申し訳ありません。<完>

*撮影2016年7月19日 Canon PowerShot G7 X / G1X MarkII
*大天荘~東天井岳(巻き)~横通岳(巻き)~常念乗越~一ノ沢/中部山岳国立公園

(第896号)

|

« 初めての銀ぶら♪(前編) | トップページ | 初めての銀ぶら♪~epilogue~ »

コメント

いやいや、素晴らしいモルゲンロートですね! なのに自撮りですか~確かにあるまじき行為ですね(^-^;) でも、人が居るとなかなか自撮りは大変ですから1枚撮っておいて正解でしょう。酢飯はいいですね、疲れてるときには食べやすいです。

なにはともあれ素晴らしきパノラマを堪能して無事に下山ですから、もう感無量でしょうね(^-^) 北岳の時の明けゆく大天上と御来光はわたしも大感激でした。

投稿: てばまる | 2016年7月25日 (月) 21時14分

てばまるさん
やはりあるまじき行為ですよね。魔が差しました。(T-T)
ふだん自撮りなんか全然していないのに、まったくもって不可解です。(笑)

だけど、2日間全体では、そんなマヌケ沙汰も軽く笑い飛ばせるほど充実した縦走でした。何より無事に帰ってこられたことに感謝したいと思います。まさに感無量です。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年7月25日 (月) 23時01分

モルゲンロートに染まる槍穂高、朝日の輝く雲海、そして大展望の広がるおだやかな稜線。これを目で見て足で歩けばまさに感無量ですね。
 それでもって、人は少なく小屋もゆったりくつろげて・・・なんてのは滅多にないでしょう。運を使い果たしてしまったとか? しばらくチャージしたほうがいいかもしれませんね。(笑)

投稿: Suekichi | 2016年7月26日 (火) 08時51分

Suekichiさん
この条件を狙って行ったわけではないのですが、偶然こうなりました。これぞ夏山!が満載でしたね。どれもスケールが大きすぎて私の写真では到底伝えきれません。
運はどうでしょう? 乗っているときは乗り続けた方が良い場合もあります。でも、資金のチャージは必要ですね。日帰り山行1回分をタクシー代に使ってしまいましたし。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年7月26日 (火) 12時33分

いやぁ〜、こりゃまた素ん晴らしい光景のオンパレード‼︎もう目の毒です。
梅雨の時期なのにいい気象条件に恵まれ、良かったですね。
登ればいつも見られるものではないのに、北アルプスでは2戦2勝。まさに神ってます。
ところで不肖ワタクシ、12年前に燕、西岳、槍ヶ岳と縦走したことがありますが、この記事のおかげでその時のことを懐かしむことができました。
それはいいけど、一方で尾瀬病が発症しません。

投稿: youic | 2016年7月27日 (水) 08時14分

youicさん
初日の夕方に槍穂が雲に入ってしまいましたが、それ以外は姿を見せてくれていたので良かったです。大人気で混み合うコースが貸切状態で夢のようでした。ビギナーズラックでしょうね。きっと次あたりに全部持って行かれます。(笑)

12年前に表銀座縦走済みでは大先輩ですね。西岳まで行くと槍が目の前で圧倒されるでしょうね。行ってみたいけど、たぶん私は水俣乗越から上高地に逃げます。
尾瀬病が寛解しても他のが発症したらタチが悪いですよ。他人の芝生はだいたい実際よりかなり青く見えるので要注意です。

※絵文字が勝手に変換されてしまったようで申し訳ございません。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年7月27日 (水) 16時10分

私も以前燕山荘1泊したことがあります、次は一ノ沢往復で常念小屋泊を計画しています。やっぱり槍ヶ岳の朝焼けを見たいものです、9月に予定しています。

投稿: pulsar | 2016年7月29日 (金) 20時50分

pulsarさん
常念山脈から見る朝の槍ヶ岳に感動してしまいました。いずれ徳本峠~蝶~常念も歩いてみたいです。
9月に常念ですか、紅葉の頃でしょうか、いまから楽しみですね。私も秋の常念山脈を見てみたくなってきました。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年7月30日 (土) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初めての銀ぶら♪(前編) | トップページ | 初めての銀ぶら♪~epilogue~ »