« 銀ぶら♪ | トップページ | 初めての銀ぶら♪(後編) »

初めての銀ぶら♪(前編)

160718g1xm2_8898

 気運の力は善くも悪くも絶大で、北アルプス初登頂からわずかひと月にて再び常念山脈の稜線へ、前回眺めるだけで思いを残してきた大天井岳(おてんしょうだけ、標高2922m)に軽々と押し上げられてきました。
 大天井岳は本邦第30位の高さで常念山脈最高峰。前回の燕岳より一段高く、そして槍ヶ岳に一段と近く、山頂界隈からは、槍・穂高連峰のみならず、上位30座のすべてが見える“日本の屋根”を実感できる別天地でありました。

 それでは、常念山脈の稜線「パノラマ銀座コース」を縦走するぶらり旅、略して“銀ぶら♪”の初日をダイジェストで――

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 登山口までの種々のハプニングは割愛し、いきなり稜線から。上山中はガスで眺望なしだったけど、稜線に上がってビックリ。素晴らしい晴天で燕岳を往復してしまいました。イルカくんも上機嫌にみえました。
G7x_4684

 北アルプスでは今年、ハクサンシャクナゲが当たり年だそうです。
G7x_4677

 コマクサは、もう、そこいらじゅうに咲いている状態です。G7x_4743

 予定外の燕往復で1時間ロスしました。燕山荘出発は13時を過ぎました。そうそう、昼食は合戦小屋名物のスイカ800円也。いくらスイカ好きとはいえ1人でこの量は多かったな‥‥
G7x_4594

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 さて、話を戻し‥‥ブログ上では一気に前回の到達点・大下りノ頭へ。
G7x_4754

 ここから先はまた新たな一歩の始まり。さあ、行こうじゃないの~Let's la Go♪
G7x_4764

 稜線上をずっと平坦に進むのかと思いきや、けっこうなアップダウンあり
G7x_4771

 東側にトラバースして樹林内にも入る。
G7x_4800

 それでも、為右衛門吊岩を越すと再び稜線上の道となり、大天井も近づいてきます。
G7x_4815

 そして切通岩(標高2680m)。今回最大の難所だが、見た目ほどの危なさや険しさは実際には感じない。(※危険箇所であることは厳然たる事実)G7x_4828

 切通岩をすぎ、槍ヶ岳に続く喜作新道を分けてからが本当の意味での難所かもしれない。標高2870mの大天荘までの600mほどで約200mを一気に登らなければならない。足が上がらず前に進まない‥‥
G7x_4848

 しかし、振り返ると、縦走の醍醐味、いま歩いて来た合戦尾根からの稜線が眼下に‥‥ありゃ、谷川岳にワープしちゃったか??(笑)(谷川岳から望む主脈稜線に似てる!?)
G7x_4855

 中房温泉から約11キロ、1500mを登って大天荘に16時半到着。燕山荘から先で出会った人はたったの5人でした。なお、大天荘の全容と立地はこんな感じ。
G7x_4907

 17時半、肉料理の夕食(※肉と魚を選択できます)
G7x_4915

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 夕食後は山頂にて佇みます。高瀬渓谷は雲海の下、お日様は鷲羽岳の方へと沈んでいきます。いやあ、この感じ、最高です!
160718g1xm2_8904

 回れ右をすると、安曇野の方から上がってくるガスでブロッケン現象が!(初体験です)
G7x_4935

 夕焼けはナシでしたが、東南の空にはビーナスの帯と大雲海! こんなにパステルチックで色鮮やかなビーナスベルトは見たことがない。息をのむ美しさ、もう絶句です!!
160718g1xm2_8922

 ビーナスベルトが完全に消えるまで楽しみました。やがて上高地からもガスが上がってくるようになったので引き上げます。とてもとても感動的なトワイライトアワーでした。
160718g1xm2_8950

 小屋に戻って喫茶室で至福の一杯。この日は明るい月夜でした。
G7x_4988

 大天荘。静かで、とても雰囲気の良い山小屋でした。ちなみに、今宵の寝床は、定員8人の4畳1区画を独占するスイートルーム状態です (o^^o)

 ※ 後編につづく――

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

*撮影2016年7月18日(海の日) Canon PowerShot G7 X / G1X MarkII
*中房登山口→燕岳→燕山荘→大天荘(泊)~大天井岳/中部山岳国立公園

(第895号) 

|

« 銀ぶら♪ | トップページ | 初めての銀ぶら♪(後編) »

コメント

いや~イイですね!
北アルプス稜線縦走の爽快感がつたわってきます。
見ているだけでも感染しそう?(笑)

投稿: Suekichi | 2016年7月24日 (日) 13時04分

Suekichiさん
パノラマ銀座の縦走は、天気に恵まれれば、まさに爽快そのものですよね。
感染? 元を辿ればSuekichiさんの方から私が感染してココに至ってるんですけど。(笑)

投稿: 鉄まんアトム | 2016年7月24日 (日) 14時01分

そうそう、この黄昏時がいいんですよね~ 尾瀬や平地で見るのとはまた別物ですよね。地球の息づかいが聞こえてきそうです。
それにしても、スイートルームとは平日は空いてますね。
布団1枚に数人なんて絶対に無理です(T-T)

投稿: てばまる | 2016年7月25日 (月) 09時44分

てばまるさん
今回はちょっと雲やガスが優勢で、風もありましたが、その分、ドラマティックな夕暮れが楽しめました。見渡す限りの雲海は稜線泊まりならでは、ですね。

まだ「布団1枚に数人」を体験したことがありません。混めば1人1枚でも息苦しさを覚えるのに、2人で1枚は寝られないでしょう。数人なんて色々な意味で絶対おかしいです。
自宅で夫婦別室にしておきながら、山小屋で知らないおっさんと同じ布団で寝付けちゃったら怒られますって。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年7月25日 (月) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銀ぶら♪ | トップページ | 初めての銀ぶら♪(後編) »