« あこがれの日本アルプスへ第一歩 | トップページ | あこがれの日本アルプスへ(後編) »

あこがれの日本アルプスへ(前編)

G7x_4045

 前号にてプロローグを書いたとおり、日本アルプスに第一歩を踏み出しました。最初の一座には、槍ヶ岳を間近に望めて初級者でも安全に行ける山として、常念山脈の燕岳(つばくろだけ)を選びました。花崗岩の岩肌と白い砂礫にハイマツの緑との組み合わせが特異の景観をなし、その優美な姿から“北アルプスの女王”と称えられる山でもあります。

 前編では初日の模様をダイジェストで――

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 燕岳へは中房温泉の登山口(標高1462m)から。麓での雨も晴れ上がり、いよいよ登高差1300m超の「北アルプス三大急登」に挑みます。登り始めのカラマツ林の美しいこと‥‥
G7x_3870

 樹林帯をひたすら登り続けます‥‥。花は色々あったけど、一番多かったのはイワカガミかな? 稜線のコマクサはまだ咲き始めです。
G7x_3903

 第1、第2、第3、そして富士見ベンチと休みながら登って中房から約3時間、標高2350mの合戦小屋に到着します。ちょっと遅めのお昼ごはんはこちらで。(うどん販売は翌日から)G7x_3943

 合戦小屋を過ぎると視界が開けだし、目指す燕山荘(えんざんそう)や燕岳が見えてきます。槍の穂先も樹間からチラチラ顔を出し‥‥
G7x_3960

 だんだんと槍ヶ岳が本格的に見え始めてテンションupupMAXになりますが、じつは、このあたり、最後の1キロ&1時間が一番ツライ‥‥
G7x_3988

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 そんなこんなでどうにか燕山荘(標高2712m)に辿り着きました。14時半を回り、新たな雲も湧き出しているので、急ぎチェックインを済ませ燕岳頂上を目指します。
G7x_4032

 イルカ岩の撮影は、ちょっとお座なりな感じでゴメンナサイ。
G7x_4042

 おっと、ライチョウさんだ。先を急ぐからまた後で会おうね。
G1x2_8395

 燕さまのてっぺんが近づいてきました。
G7x_4059

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 そしてそして、とうとうわが人生初、あこがれの北アルプスの頂に立つときがやってきました。燕岳、標高2763メートルの頂上、北方には後立山連峰が見えてる~、うひょ~~ (※狭い山頂で風もあり、慣れるまでは少し怖い)
G1x2_8439

 西方には北アルプス裏銀座オールスターズのみなさん、すっげぇ~~
G7x_4064

 南方には北アルプス中核部のみなさん~~素晴らしい眺めだ‥‥(放心状態)
G1x2_8438

 恋い焦がれていた槍ヶ岳の眺めはズームアップにて。ヤリホの稜線にかかっていた雲が取れて、やったぁ~~
G7x_4070

 山頂で1時間、恍惚として座り込んでしまいました。さあって、16時半だ、パノラマ銀座の稜線を眺めながら小屋に戻るとするか‥‥G7x_4087

 ありがとう、ハクサンイチゲの槍ブーケ。これぞまさしくpricelessだよね~(o^^o)
G7x_4048

 小屋に戻ってテラスでやることと言えば、槍見酒だ! しかし、すぐに酔いが回ってこのとおりの有り様。高所での一気飲みはご用心。(笑)
G7x_4094

 いい感じに空に雲が乗っていたので派手な夕焼けを期待しちゃったけど、ほんのり程度で打ち止め、夜のとばりに包まれていきます。
G7x_4139

 ほぼ満月の夜は更けていきました‥‥風が強く体感は氷点を下回っています。
G1x2_8606

 ※ 後編につづく――

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

<おまけ> 燕山荘の当日の夕食
G7x_4107
 ちなみにテラスでのビールは大750ml(1000円)、こちらは中500ml(800円)です。調子に乗って夕景前にちょっと飲み過ぎました。

*撮影2016年6月17日 Canon PowerShot G7 X / G1X MarkII
*中房温泉登山口→合戦小屋→燕山荘(泊)~燕岳/中部山岳国立公園

【プロローグ記事】 あこがれの日本アルプスへ第一歩(第889号)

(第890号)  

|

« あこがれの日本アルプスへ第一歩 | トップページ | あこがれの日本アルプスへ(後編) »

コメント

はじめての北アルプス登山、梅雨晴れに恵まれてよかったですね。燕岳に最後に登ったのは四半世紀以上前ですが、「イルカ岩」や「蛙岩」は記憶にあります。パノラマ銀座の稜線にはとても心を惹かれますね。写真もすばらしいですが、実際にはもっと雄大な光景でしょう。続編が楽しみです。

投稿: Suekichi | 2016年6月23日 (木) 09時12分

Suekichiさん、初日の麓では気を揉みましたが、稜線は雲の上でした。
地図を見て「蛙岩」は非常に気になりましたね。これは絶対行かねば、と。(笑)

パノラマ銀座とは良く言ったもので、雄大という言葉が安っぽく聞こえるほどの遙かさですね。私がこれまで歩いてきた中でもっとも素晴らしい稜線の一つでした。Suekichiさんに四半世紀以上も遅れての、ようやくの北アルプス第一歩です。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年6月23日 (木) 09時57分

前編~(^-^)/ 人生初という実感が伝わってきますね~ 初めてなのに素晴らしい展望に恵まれましたね。3000m級ともなると麓は雨でも稜線は晴れてることは多いようです。北岳でもそうでした。

次は、白馬岳がお勧めですね。でもここも夏場は激混みですけど・・・

投稿: てばまる | 2016年6月23日 (木) 14時12分

てばまるさん、感動おじさん状態が炸裂しております。ご容赦下さい。(笑)
今回は目的が「とにかく槍見」だったので、初日から感無量でした。この日は空いていて、山頂ではほとんどの時間を独り占めでしたし、山小屋も20名前後と至って快適でした。

北岳も白馬岳も花の名峰ですね。アルプスでは、将来的には雲ノ平を歩いてみたいですが、いつになることやら‥‥。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年6月23日 (木) 16時26分

アトムさん、おはようございます。
北アルプスデビュー、おめでとうございます。梅雨の時季だというのに好天に恵まれ素晴らしい眺望をゲット、うらやましく拝見しています。
赤城はお散歩で、谷川岳、燕岳で足慣らし。
こうなると次の山は?
尾瀬に行くヒマがなさそうですね。

投稿: youic | 2016年6月24日 (金) 08時07分

youicさん、念願の北ア初登頂でした。好天に恵まれたと言うよりは、好天をピンポイントで狙って行ったという感じです。高層天気図とも睨めっこしました。

赤城がお散歩の見立ては合っているとして、谷川、燕が足慣らしなんて滅相もございません。現状、私の持てる諸々の能力のほぼ目一杯です。
次はどこでしょう? 気力も財力も尽きそうですので、ビアガーデンの高尾山とか?(笑)

投稿: 鉄まんアトム | 2016年6月24日 (金) 13時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あこがれの日本アルプスへ第一歩 | トップページ | あこがれの日本アルプスへ(後編) »