« シロヤシオを求めて奥武蔵有間峠へ | トップページ | 花咲く春の谷川岳を縦走する »

川越夕景(44)

160517dscf1159_lr

 子どもを学童保育で拾ってからの家路で空が見事に焼けました。行き当たりばったり場所を探す余裕もなく撮りました。前回『43』からすでに1年7か月、こんな空から少し遠ざかっていたせいか夕焼けのニオイを嗅ぎ付けられず、後手に回りましたね。
 でも、久しぶりに三度焼けまで続くような長い夕焼け空を見ました。季節の節目が初夏からさらに進もうというところ。だいぶ日も長くなりました。写真は午後7時の三度焼けの空です。

 ちなみに、その約20分前の一度目の焼け色はこんな感じ↓↓↓でした。
160517dscf1134

*撮影2016年5月17日 川越市大字小室地内 FUJIFILM XQ1 / Adobe Lightroom5.7

(第884号)

|

« シロヤシオを求めて奥武蔵有間峠へ | トップページ | 花咲く春の谷川岳を縦走する »

コメント

綺麗な夕焼けですね~ 水面は田んぼでしょうか? 水鏡の季節ですね、何か電車が通ってシルエットになれば絵になりますね。おっとすっかり撮り鉄の目になってます(^^;)

投稿: てばまる | 2016年5月20日 (金) 10時32分

てばまるさん、このクラスの夕焼けはかなり久しぶりな気がします。
水面はお察しのとおり田んぼです。ここらへんでは水を入れてすぐに植えてしまうので、水鏡が見られるのはほんの一時です。
川越は田園風景の撮影ポイントもたくさんあって列車本数も多くて撮りやすいのですが、被写体に魅力を感じず‥(^^ゞ

投稿: 鉄まんアトム | 2016年5月22日 (日) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シロヤシオを求めて奥武蔵有間峠へ | トップページ | 花咲く春の谷川岳を縦走する »