« 桜色競演 | トップページ | もえぎの尾根を歩いて奥多摩三ツドッケへ »

山笑う陸郷桜仙峡にて

160416g1xm2_8106

 長野県北安曇郡池田町陸郷地区。この山あいに「桜仙峡」と名付けられた桜の名所があります。人の手が介在している吉野山に対し、こちらは実をついばむ鳥によって種が運ばれ作られた自然の風景といわれています。自生する山桜はゆうに数千本超。この週末を逃せばまた来年というタイミングで、なんとか見て来られました――

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 朝日が照らす陸郷地区。写真的にはなかなか難しいところで、取捨を誤ると全部入りの欲張り構図になって絵が破綻します。(笑)
G1xm2_8105

 未明の霧や早朝の斜光狙いでしたが、午後遅めの光線も半逆光で悪くありません。山がイイ感じに笑っていますねsmilegoodG1xm2_8287

 日没近くには桜仙峡のシンボルツリー?が輝いていました。
G1xm2_8312

 桜仙峡から見下ろす谷間を夢の郷(夢農場)といい、そこから桜仙峡を見上げるとこのような感じになります。
G1xm2_8222

 池田町観光協会が「見頃」と伝えていたものの、桜は、明らかに散り終わる頃で、花は少なく色もくすんでいました。今後の情報の客観性と精度の向上に期待します。
G1xm2_8210

 翌日が雨予報だったので留まってみましたけど、雨はほとんど降らず、夜半からの風が荒れ狂っていました。花もさらに落ちました。潮時のようです、引き上げます。帰り際、北アルプスの峰々に虹が架かりました。もし機会あれば次回は見頃の雨を狙いたいです。
G1xm2_8354

*撮影2016年4月16・17日 陸郷桜仙峡にて Canon PowerShot G1 X markII

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 今回、明け方からの行動が前提で予算も乏しかったため、二晩とも車中泊しました。食料や物資に事欠かず遊びでやっていても身体に堪えます。
 時を同じくする熊本や大分での地震。家を失い、あるいは家に戻れず、やむなき避難で車中泊を余儀なくされている方々の辛苦たるや‥‥察するに余りあります。事態の1日も早い収束と適確な行政対応を祈るばかりです。

(第877号)

|

« 桜色競演 | トップページ | もえぎの尾根を歩いて奥多摩三ツドッケへ »

コメント

おお~ これは凄いですね~
全て天然の山桜ですか!! 桜源郷って感じですね!!
こういうところがあるなんて知りませんでした。

投稿: てばまる | 2016年4月19日 (火) 20時07分

てばまるさん、山に自生する桜は素朴で良いですね。だいぶ散ったあとの最終盤でしたが、それでも十分見応えがありました。最盛期に当たれば壮観でしょうね。

なお、この場所は、すでに雑誌で紹介されたり撮影ツアーの標的にもなっています。知名度は全国区かと思います。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年4月19日 (火) 23時56分

アトムさん
こんにちは
拝見しました。これは素晴らしいところですね。
それをまた丁寧かつうまく再現されて流石です。
これは行って観たいところにメモさせてもらいます。

八徳の一本桜・・・これもアトムさんの記事を拝見して
今年初めて行ってみました。
同じ市内におりますが知らずにいましたよ。
お陰でコチラも素晴らしい桜を観ることが出来て
良かったです。
 有り難う御座いました。これからも参考にさせて頂きますのでよろしくお願いします。

投稿: 奥武蔵の山人 | 2016年4月20日 (水) 12時40分

奥武蔵の山人さん、今回ご紹介の写真はとくに変わった構図ではありません。きっと誰でも同じように撮るし撮れると思います。ぜひ現地で確かめてきて下さい。(笑)

今年は八徳の桜には手が回りませんでした。八徳のはロケーションもさることながら、木も大きく見応えがありますね。なんだかんだ言って、地元の桜とじっくり向き合う方が良いものを見られると思います。あ~、やっていることと言っていることが全然合ってませんけど。(汗)

投稿: 鉄まんアトム | 2016年4月20日 (水) 17時59分

こんばんは
 今年当方が初めて行った「八徳の一本桜」ですが、
当方の記事中、昨年のアトムさんのブログから・・・
について記載させていただきました。
 事後のお伝えで申し訳ございません。
もし不都合があるようでしたらご教示願えま
せんでしょうか。よろしくお願いします。

投稿: 奥武蔵の山人 | 2016年4月24日 (日) 22時56分

奥武蔵の山人さんの八徳記事、拝見しました。
満開にドンピシャでしたね、写真じっくり楽しませてもらいました。

また、記事中でのご紹介ありがとうございます。なお、こうした内容のお問い合わせでしたら、今後は直接メールにてご連絡いただければと思います。よろしくお願い申し上げます。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年4月25日 (月) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜色競演 | トップページ | もえぎの尾根を歩いて奥多摩三ツドッケへ »