« 冬化粧をした赤城山へ | トップページ | 妖怪にゃおん、旅立つ »

霧氷バカ赤城山5連チャン

160131g1xm2_6700_dpp2

 とにかく綺麗な霧氷が見たいと気付けば赤城山5連チャン。求めているのは主峰黒檜山のダケカンバに着くビッシリかつ繊細な霧氷を赤城ブルーバックで。
 この日は冷たい季節風としつこい雲に苦しめられるも、霧氷を作り育てているのはこの風と雲。やがて、風の止み間、雲の切れ間に、あこがれの景色が目の前に広がります。見事だ。どこからともなく、うわ~、き~れい、の声もあがり、みな足を止められてしまうのでした。

160131g1xm2_6642_dpp1

 いっこうに山頂に辿り着きません。空待ち陽待ち人去り待ち。標準タイム90分の道のりに220分もかかってしまった霧氷バカ。これでいいのだ。これがいいのだ。

*撮影2016年1月31日 Canon PowerShot G1X MarkII/Digital Photo Professional 4.3
*赤城山/黒檜山登山口~黒檜山~展望台 往復(群馬県前橋市)

【霧氷バカの振り出しに戻る】 ムショーにムヒョーが見たくて赤城山へ(第855号)

(第860号)

|

« 冬化粧をした赤城山へ | トップページ | 妖怪にゃおん、旅立つ »

コメント

雪山で青空をバックに美しい霧氷、これはたまりませんね。写真だけ見ているとのどかな風景にも見えますが、これだけ霧氷がついているのですから、相当気温は低いのでしょうね。撮影しながらとはいえ、冬の雪山をゆっくり歩くのは、かなり過酷な試練かと想像します。

投稿: Suekichi | 2016年2月 2日 (火) 17時12分

Suekichiさん、今回は霧氷そのものもとてもキレイでした。
気温自体は低くありません(大沼8時マイナス6度、山頂13時マイナス2度)でしたが、とにかく風が冷たかったです。この風の中での待ちの時間が「過酷な試練」でしたね。霧氷を眺めて幸せな時間でもありましたけど。
ただし、待ちが長いと身体が冷えて、しだいに手の指に凍傷の症状も出ました。防寒装備や対策の見直しが急務と心得ました。安全登山が第一です。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年2月 2日 (火) 18時04分

おはようございます。
5連チャン、うらやましく拝見しています。これだけ見事な霧氷を見られるのなら是非行きたくなりますが、雪道の運転が心配です。
当方雪道運転経験なし、スタッドレスを履いた普通の乗用車(FF)ですが、現地までどんな道路状況だったでしょうか?

投稿: youic | 2016年2月 3日 (水) 07時43分

youicさん、私もずうっと指をくわえて眺めていました。今季ようやく気力と装備を整えたので元を取るべく通っています。(と言っても手袋と冬用ズボン買っただけですが。あ、どさくさに紛れてスノーシューも買っちゃった(^^ゞ)

さて、お尋ねの件。当方はFFの軽です。スタッドレスは今シーズン新調しました。赤城道路(県道4号)の姫百合駐車場から上は難易度の高いアイスバーンで、金属チェーン併用でないと走れない場合もあると思います。
不安であれば、車は麓の富士見温泉(道の駅)に停め、そこからバスで上がる方法があります。ヤマレコにはバス利用での山行記録もたくさん載っていますよ。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年2月 3日 (水) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬化粧をした赤城山へ | トップページ | 妖怪にゃおん、旅立つ »