« 妖怪にゃおん、旅立つ | トップページ | 今季6度目の赤城山へ »

雪晴れの奥多摩石尾根へ

160207g7x_6781_lr2

 降雪後の晴天が休日に合えば迷わず山へ。日の出インターから檜原街道で奥多摩の三頭山を目指します。途中の雪景色のあまりの素晴らしさに悪魔が耳打ち。引き返し青梅街道で鷹ノ巣山へと針路を変えました。
 この臨機応変策は裏目に出たようで、石尾根の木々には全然雪が付いていません。しかも雲まで出ちゃって富士山もお隠れ遊ばされ‥‥。まあ、こういうときもありましょう。それでも、鷹ノ巣山では名残の雨氷が出迎えてくれましたし、東方には房総半島を望み、西方には南アルプスが輝き、厳冬期の石尾根の雰囲気は十分楽しめました。

G7x_6763

*撮影2016年2月7日 Canon PowerShot G7 X/Adobe Lightroom5.7
*峰谷(奥)~浅間尾根~鷹ノ巣山往復(東京都奥多摩町/秩父多摩甲斐国立公園)

(第862号)

|

« 妖怪にゃおん、旅立つ | トップページ | 今季6度目の赤城山へ »

コメント

霧氷の赤城山もいいですけど、1枚目の石尾根の写真など、かなり奥深い山の雰囲気が漂い、なかなかいいですね。でも、そんなにトレースが固まっているルードではなさそうなので、登りは結構大変だったのではないでしょうか。

投稿: Suekichi | 2016年2月15日 (月) 10時15分

Suekichiさん、真っ白な石尾根を期待しましたが、問屋に在庫無し。(笑)
石尾根の雰囲気には格別な味わいがありますね。

尾根通しのトレースはほぼ明瞭でしたが、巻き道は薄く自信がないので通るのをやめました。思ったより人が少なく、サブルート的な浅間尾根ではトレースの甘いところもありました。赤城より数段上と感じました。なお、この日は、石尾根にて彩雲も見られました。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年2月15日 (月) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 妖怪にゃおん、旅立つ | トップページ | 今季6度目の赤城山へ »