« ふたたび霧氷の花咲く赤城山へ | トップページ | 冬化粧をした赤城山へ »

新春初歩きは霧氷の花咲く赤城山へ

160111img_5688_lr1

 寒中お見舞い申し上げます。さて、2016年最初の山歩きは(も?)霧氷の花咲く赤城山へ。昨年末から数えて連続3回目の霧氷山行で、もう霧氷バカと言ってもいいでしょう。富士山も拝める好天と予想以上の霧氷付きに、幸先の良さを感じる歓喜の初歩きとなりました――

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 赤城道路から目に飛び込んでくる主峰黒檜山(くろびさん・標高1828m)。真っ白とは言わないけど、いい感じの霧氷付き♪
Img_5613

 前2回が黒檜直登だったので今回は駒ヶ岳へ。霧氷が解けないうちに早く稜線に上がりたいのに、歩き始めてすぐ足を止められてしまいます‥‥
Img_5680

 ヤシャブシ(?)の枝に付いた透き通った霧氷はクリスタルガラスの小細工のよう。赤城ブルーも全開!
160111r0036108_lr1

 それは、朝日が差し込んでくると、ひときわ唸るほどの美しさです。Img_5697

 稜線に上がると笹原の大展望で、東側には光っている利根川や渡良瀬遊水池、そして筑波山も見える。イイネ!
Img_5710

 回りには霧氷の木々‥‥Img_5752

 だめだ、全然先に進めない‥‥
160111img_5792_lr1

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 それでもようやく駒ヶ岳山頂(赤城山第二峰・標高1685m)に到着。下から1時間半以上もかかってしまったけど、まだ霧氷あるね♪
Img_5812

 駒ヶ岳山頂付近から霧氷越しに大沼(おの)が見える。まだ完全に氷結しておらず、面白い模様を見せていた。
Img_5817

 同じく霧氷越しに浅間山。大きく、美しい。
P1113399

 駒ヶ岳から黒檜山へ向かっていったん下る道は霧氷のトンネルにImg_5824

 駒ヶ岳と黒檜山の鞍部は霧氷の花咲く森の道。満開だ♪♪(笑)
R0036170

 早く進まねばと思うも、だめだ、足を止められてしまう‥‥
Img_5846

 大タルミ付近から見上げる黒檜山。やはり遅かったようだ、だいぶ解けてしまっている‥‥
Img_5866_1

 振り返って駒ヶ岳の山肌は、まるで花咲か爺さん降臨のよう。
P1113503

 ときたま風が吹くと散る霧氷で花吹雪の舞い、絶句です。。。
Img_5909

 そして、黒檜山頂が近づくと、いま歩いてきた稜線を見下ろす大展望。
160111img_5933_lr1
 手前の霧氷が解けてしまったのは残念だけど、小沼(この)の先にJPEGでは飛んでいた富士山がRAWにはしっかり写っていましたよ!(虫眼鏡で見て下さいね)

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 そんな感じで以下ほぼ割愛。黒檜山頂を通り越し展望台でランチして下山です。長野や新潟の各県境方面の山には雲がかかって姿が見えませんでした。
Img_6023

 解け崩れる霧氷のシャワーを幾度となく浴びながら、大沼へと下って行きます。
Img_6108

 午後1時を過ぎた「黒檜山4」の標識のあたり。ここまでまるで夢の中にいるようなひとときでしたが、この先、霧氷はなくなってしまいました。
Img_6122

 当初予定は3連休初日。これを朝寝坊で逃す大失態。翌10日は関越に乗るも先方で発生した事故渋滞に巻き込まれ東松山まで進むも中止。そして迎えた連休最終日でした。霧氷は11日が一番良かったようで、計らずして得られた“ほぼ本命霧氷山行”に感謝感激です。なお、黒檜山頂の温度計はマイナス4度でした。<完>

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

*撮影2016年1月11日 G7 X/GXR A12 28mm/ STYLUS1s ※一部Lightroom5.7
*赤城山/駒ヶ岳登山口~駒ヶ岳~黒檜山~展望台往復~黒檜山登山口(群馬県前橋市)

【関連記事】
ムショーにムヒョーが見たくて赤城山へ(第855号)
ふたたび霧氷の花咲く赤城山へ(第857号)

(第858号)

|

« ふたたび霧氷の花咲く赤城山へ | トップページ | 冬化粧をした赤城山へ »

コメント

先日はブログにコメントいただき、ありがとうございました。そこで触れられていた棚ボタとはコレでしたか!
いや~素晴らしい。まさに満開ですね。
透き通るような青空を背景とした白い枝もいいですし、花咲か爺さん降臨の山肌も見事です。

投稿: Suekichi | 2016年1月13日 (水) 15時35分

Suekichiさん、こちらにもコメントありがとうございます。
中止した10日は結局霧氷ナシでした。間接的かつ段階的ではありますが、“怪我の功名の禍転じて福となる棚から牡丹餅”でした。暖冬で新鮮な霧氷が何度も見られます。でも、そろそろ、白い景色の本格霧氷が見たくなってきました。バカを極めたいです。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年1月13日 (水) 16時50分

いや~3回目とは極めますね~!!
しかも3連休連日出動態勢だったとは。。でも正に3度目の正直!! 素晴らしい霧氷の光景は綺麗だったでしょうね!! こちらからだとなかなか霧氷の出来る山は遠くて遠くて・・・

でも1回くらい雪山に行きたいですが・・・どうなりますやら・・・

投稿: てばまる | 2016年1月14日 (木) 11時57分

てばまるさん、えぇ、やはり極めてこそのバカですから。(笑)
青空バックのガチ霧氷が撮れてなかったので狙っていました。この日はもう祭りに近いレベルで、みなさん顔が綻んでいましたね。進まないと解ける、進むと撮れない、撮っていると進めない、そのループで『ムッヒョ~♪』の数時間でした。

関東近郊の山で霧氷狙いだと、ほかには、箱根、丹沢、奥日光あたりでしょうか。土日に赤城でしたら、前橋駅8:45発の直通バスで9:40過ぎには駒ヶ岳登山口に立てます。

投稿: 鉄まんアトム | 2016年1月14日 (木) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふたたび霧氷の花咲く赤城山へ | トップページ | 冬化粧をした赤城山へ »