« 錦繍の尾瀬ヶ原をあるく | トップページ | カラマツ黄葉を求めて多摩源流域へ »

紅葉の奥多摩石尾根さんぽ

151018img_1754

 川越まつりの日でしたが、紅葉が見頃を迎えているという奥多摩は石尾根の鷹ノ巣山界隈を歩いてきました。狙いはカラマツの黄葉でしたので、ちょっと目指す時期と場所を間違えたようです。それでも予期せずこんな風景が見られ充実の一日でした――。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 鷹ノ巣山頂からは冠雪の富士山。東側は一面の雲海です。
151018img_1681

 御前山も雲海に沈もうというところです。大岳山は見えません。
151018img_1693

 鷹ノ巣避難小屋付近の石尾根がいちばんの紅葉の見頃でした。
151018img_1626

 北側の透き通る青空に映えます。
151018img_1646

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 鷹ノ巣山を乗っ越して石尾根縦走路の巻き道へ。ここも期待を裏切りません。
151018img_1797

 上ばかり見ていると足元の宝石を見逃してしまうので要注意です。
151018img_1800

 春に新緑の目映いところは、やはり秋も見事です。151018img_1829

 場所によっては、もうふかふか落ち葉の散歩道です。151018img_1858

 日陰名栗峰に上がる石尾根縦走路にて151018img_1881

 こんな感じのカラマツ黄葉が見たかったんだけど、今日はここまで。151018img_1905

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 気付くと雲海が稜線まで上がって来ちゃったので下山を急ごう!
151018img_1929

 でも、こういうのがあるから、うわぁ~ってなっちゃうんだよね♪
151018img_1952

 午後の陽に照らされる鷹ノ巣斜面がきれい。トップ画像のあの木も見える!
151018pa183254

 鷹ノ巣山の水場はちょろちょろだったけど冷たくてうまい。喉を潤したら、さあ!
151018img_1963

 まだ淡い色づきの浅間尾根を一気に下ります。
151018img_1971

 鷹ノ巣避難小屋から約1時間の快速下山で奥集落へ。秋の日はつるべ落とし。南斜面でも東側はあっという間に陰ります。(正面はノボリ尾根)
151018img_2004

 峰谷では十月桜が満開の見頃でした。
151018img_2016

 さて、紅葉前線はどんどん山を下っており、今週末は今回のリベンジか、別のどこか手頃なところへ出掛けたいです。ただし、今晩からまた歯の治療を始めます。やられ具合によっては意気消沈の週末になるかもしれません。

*撮影2015年10月18日 Canon PowerShot G7 X / OLYMPUS STYLUS 1s
*峰谷(奥)~鷹ノ巣山~水根山~日陰名栗峰~奥(秩父多摩甲斐国立公園)

【関連記事】 奥多摩石尾根さんぽ(第695号)

(第845号)

|

« 錦繍の尾瀬ヶ原をあるく | トップページ | カラマツ黄葉を求めて多摩源流域へ »

コメント

トップの写真、しばらく寝転がって眺めていたいような、実に気持ちのいい青空ですね。ほかの写真も、紅葉の奥多摩の気持ちよさが伝わってきて、見ているだけで楽しめました。

投稿: Suekichi | 2015年10月22日 (木) 16時32分

奥多摩も稜線の方は紅葉最前線ですね! 秋にはあまりこの界隈は行ったことがないです。まあ、週末は混むのです(^-^;) カラマツだと、雲取山方面の方でしょうか?

奥集落から最短ルートですが、登りはそれなりにキツイですよね。

投稿: てばまる | 2015年10月22日 (木) 20時49分

>Suekichiさん
 キャノン機がオリンパスブルー以上に美しい青を記録してくれました。紅葉を楽しむには奥多摩は本当に良い場所です。この日は風もなく、暑くも寒くもなく穏やかな秋晴れの日でした。ぜひSuekichiさんも一度出掛けてみて下さい。

>てばまるさん
 秋の石尾根は今回が初めてでした。カラマツは見た感じ千本ツツジより西が良さそうでした。雲取山だと私の足では秋の日帰りは難しそうです。
 奥からの鷹ノ巣は、下の方の急登を1時間がんばれば、あとは快適で美しい森の尾根道です。峰谷バス停から奥までは350mもの標高差があります。

投稿: 鉄まんアトム | 2015年10月22日 (木) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 錦繍の尾瀬ヶ原をあるく | トップページ | カラマツ黄葉を求めて多摩源流域へ »