« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の12件の記事

浦電S字カーブをゆく北斗星

150728_p7281360_lr1

 廃止が目前に迫るなか、やや息切れ感のあった北斗星撮影。そんな気持ちを切り替えるべく、いまだ一度も立っていない通称「浦電S字」に行ってみました。ちょっとカメラワークをしくじってしまいましたが、いい塩梅の露出で“銀斗星”を写せた気がします。
 札幌ゆきは残すところ10回の運転となりました。気負わずに最期の姿を見届けられたら、と思います。

150728_p7281366_lr1
 今日はまだ余裕ありましたが、振り向くと、南行き湘南新宿ラインが背後から忍び寄っておりました。大宮以南の有名撮影地はどこも「刺客」だらけです。あぶないあぶない(^^ゞ

撮影2015年7月28日 OLYMPUS STYLUS 1s / Adobe Lightroom5.7
札幌ゆき臨時寝台特急「北斗星」 8007レ 東北本線赤羽~浦和(旧浦和電車区西側)

(第825号)

| | コメント (2)

涼を求めて奥多摩海沢渓谷へ

150725_img_3973

 そろそろ山が恋しくなってきました。しかし、遠出する元気はなく、近場の奥多摩なんかは暑くてダメだと思う時季ですが、リハビリがてら、涼しげな場所を選んで歩いてみました。海沢(うなざわ)です。
 海沢園地まで車で入り、苔むす渓谷に沿った「海沢探勝路」を往って来い。とくに各滝の周辺では水の流れが風を生み、空気はミスト、ずっと居ると寒いぐらいでした。納涼の狙いはバッチリ。北斗星熱もこれで一気に冷めたかもしれません。

150725_img_3823

*東京都奥多摩町 海沢園地~三ツ釜ノ滝~ネジレノ滝~大滝 往復3時間半(撮影込)

(第824号)

| | コメント (2)

北斗星、最終章へ

150722_img_3777_lr1
札幌ゆき臨時寝台特急「北斗星」 8007レ 東北本線東大宮~蓮田
撮影2015年7月22日 Canon PowerShot G1 X MarkII / Adobe Lightroom5.7

 ヒガハスのハスは蓮田のハス。場所は蓮田市大字蓮田。地名の由来は字のごとし。そんな蓮田の蓮田と北斗星を絡め撮りたいと思っていたものの、ハスの花が咲くのは朝だけ、しかも今年は不作のようで、花も終盤にさしかかり後がなくなってきました。とりあえず記録です。
 北斗星の臨時運行も残り1か月を切り、前売り寝台券の発売もすべて終わりました。いよいよ最終章です。

(第823号)

| | コメント (2)

北斗星華やかしき頃の思い出に

 寝台特急「北斗星」に初めて乗ったのは1990年2月、いまから25年も前のことです。ドットプリンターで打ち出された当時の寝台券を見ていると、隔世の感がありますね。流れた時の長さを感じます。
900207_hokutoseiticket

続きを読む "北斗星華やかしき頃の思い出に"

| | コメント (0)

遠き日の思い出に

150719_img_3753_lr1

 東北本線大宮~宇都宮間の開業130周年を記念して、この3連休、同区間に旧型客車による特別列車1往復が走りました。遠くへのお出掛けができない連休でしたが、国鉄時代を彷彿させる姿が見られ、束の間の時間旅行を楽しめた気がします。
 さて、いよいよ余命1カ月となった寝台特急北斗星。使われているブルートレイン24系客車も解体ではなく、動態保存にて、日本の鉄道史に輝く名車両として生きた姿で後世に残して欲しいものです。

150718_img_3748_lr1

【写真】 宇都宮線開業130周年記念列車 2015年7月18・19日運転
<上>19日、DD51-897牽引、蓮田~東大宮 <下>18日、EF81-81牽引、東鷲宮~栗橋

(第821号)

| | コメント (2)

みたびワシクリ島川インカーブにて

150715_img_3731_lr1
上野ゆき臨時寝台特急「北斗星」 8008レ 東北本線栗橋~東鷲宮
撮影2015年7月15日 Canon PowerShot G1 X MarkII / Adobe Lightroom5.7

 夏休み前の平日最後の上野ゆき北斗星を、爽快な青空が広がるワシクリ島川カーブのイン側で待ち受けました。しかし、次第に雲増し増し、列車通過直前に晴れ戻すも、通過のとき斑に陰ってしまい3度目の正直ならず。少し現像で手を加えてみましたが‥‥

 でも、ダメな写真はダメ。これは真理です。仮に全体が酷くピンぼけした写真を116時間かけて現像しても絶対修復できません。なのに、ピントは合っている確信しているとか言い出したらバカの極み。能無しが多数を占める寄合でピントは合っていると喝采を博したところで、ダメ写真に変わりありません。
 いっとき成り上がっても、早晩、寄合の仲間ごとゴミクズとして世から葬り去られるのが関の山でしょう。真理は曲げられません。

(第820号)

| | コメント (0)

北斗星をクリコガインローで

150713_r0035828_lr1
札幌ゆき臨時寝台特急「北斗星」 8007レ 東北本線栗橋~古河
撮影2015年7月13日 RICOH GXR+GR LENS A12 28mm / Adobe Lightroom5.7

 クリコガインローとは、東北本線の栗橋古河間におけるインカーブをローアングルで撮る、の略です。初めてここに立ちましたが、いやはや、シャッターを切るタイミングが非常に厳しい場所です。
 それを承知しながら、動体には滅法弱く、“高性能レリーズタイムラグ付き(笑)”のカメラ投入。先行する普通電車で繰り返し練習するも、もう笑っちゃうぐらいタイミングが合いません。もっと手前に寄せたかったけど、こんなカットでとりあえず妥協です。

(第819号)

| | コメント (2)

黒川の大鉄橋をゆく北斗星

150711_img_3676_mc1
上野ゆき臨時寝台特急「北斗星」 8008レ 東北本線白坂~豊原(福島栃木県境)
撮影2015年7月11日 Canon PowerShot G1 X MarkII / Adobe Lightroom5.7

 梅雨の中休みが見込まれた週末、山に行きたい気持ちをぐっと堪え、廃止が目前に迫っている北斗星の撮影を続けました。朝から快晴の予報とあって、大鉄橋を渡るブルートレインが青空バックで撮れる!と睨み、丑三つ時より家を出ての遠征です。
 現地に着いてみると、まあ、いつものことながら雲が抜けきらず、そのまま列車を迎える羽目に‥‥。青空バックは叶いませんでしたが、薄日が差し込み少しコントラスト出たので仕上げはモノクロームで。こういう時には銀釜様々ですね。

続きを読む "黒川の大鉄橋をゆく北斗星"

| | コメント (2)

雨にけぶるワシクリ水沢踏切にて

150706_p7061008_lr1
札幌ゆき臨時寝台特急「北斗星」 8007レ 東北本線東鷲宮~栗橋
撮影2015年7月6日 OLYMPUS STYLUS 1s / Adobe Lightroom5.7

 雨狙いでのワシクリ水沢アウトカーブ。現地に着くといつも雨が上がってしまっていたのですが、この日、ようやく雨の中での撮影ができました。‥‥と思いきや、想定外の銀釜だ‥‥また行かなきゃいけなくなるじゃん。(笑)
 北斗星の運転は残り17往復となり、これから夏休みが始まって平日でも人が増えていくでしょう。お行儀の悪いのもやってくれば、白と黒のツートンカラーの車もやってくる。そろそろ手仕舞いを見据えて取り組みたいです。

(第817号)

| | コメント (2)

もうだまっちゃいられない! 戦争法案No! 小江戸パレード

150710_koedoparade

 憲法9条の堅持を求めるのは「平和ボケ」なんかじゃありません。現実を見て現実の中で現実に即して9条を選んでいるのです。戦争屋の口車に乗せられて、集団的自衛権の行使を許すだとか、安保法案に賛成するだとか、そういう人たちこそ「平和ボケ」を疑ってください。

 戦争とは、実はそれを望む人がいて、そういう輩どもが準備を始めたところからもう始まっているんです。私たちの時代を戦前にしてはいけない。私は、安保法案に、絶対反対です。

(第816号)

| | コメント (0)

玉原の森をあるく

P7040968_lr2

 週末は家族で泊まりの尾瀬を計画していましたが、土日とも微妙な予報にてパス。代わりに日帰りで玉原(たんばら)の森を歩いてきました。尾瀬に劣らぬ美しいブナ林が広がっていて、またひとつ、好きな場所ができてしまいました。

続きを読む "玉原の森をあるく"

| | コメント (3)

鉄道老舗2誌の北斗星特集を読む

Dscf8952

 来月(2015年8月)の北斗星完全廃止を前に、鉄道雑誌の老舗2誌がともに北斗星特集を組んできました。甲乙付けがたいから両方買って損はありませんけど、表紙1つ取っても、やはり、ピクトリアルは深いなぁ~。子どもにはこの良さは分かるまい。
 北斗星を愛する私のためにPDF自炊用と合わせ2冊ご寄贈くださった某P氏、そして、それをわざわざ弊宅まで届けてくださった某M氏に、この場を借りて御礼申し上げます。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 p.s. 最後に乗りたいと思って何度となく「10時打ち」を為しても成らず。旅行会社が相当数を事前に押さえているからでしょう。最終列車のツアー募集も始まっています。白旗上げて旅行会社に魂を売るか、いや矜恃を保つか。まさに瀬戸際です。

(第814号)

| | コメント (2)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »