« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の15件の記事

再び、田園地帯を駆け抜けるブルートレイン

 前回のワシクリでの撮影からたった5日ですけれども、風景は一変。田んぼに水が入り、ところによって田植えも終わっています。北斗星通過の頃には予想以上に青空が広がり、これで風さえなければ、という条件でした。水鏡はオアズケです。

150430_img_2449_lr1

 前回は早切りを悔やみましたが、今回は逆に遅切り‥。まあ、僅差で裏被りを免れましたし、先頭が行き過ぎなかっただけでもマシと思わねばバチが当たります。次の上野発「北斗星」は7日後。その間にも季節はどんどん進んでいってしまうでしょう。

札幌行き臨時寝台特急「北斗星」 8007レ 東北本線東鷲宮~栗橋
撮影2015年4月30日 Canon PowerShot G1 X MarkII  / Adobe Lightroom5.7

【関連記事】 田園地帯を駆け抜けるブルートレイン(第790号)

(第792号)

| | コメント (2)

再び北斗星と菜の花と

 北斗星と菜の花を絡め撮った4月11日の写真に納得できず、それから同じ場所に数度通うも、先客あり乱入あり雲配給ありと毎度うまくいきません。花も終盤となった27日は最後の機会でしょう、しかも快晴、ちょっと仕事を抜け出しヒガハス往復です。

150427_img_2356_lr1

 風が強くて菜の花は暴れまくり、予測不能の運任せ手持ち一発勝負(※連写無し)であったものの、ほぼイメージどおりの写真になりました。今日まで咲き残ってくれていた菜の花たちに感謝感激です。

札幌行き臨時寝台特急「北斗星」 8007レ 東北本線東大宮~蓮田
撮影2015年4月27日 Canon PowerShot G1 X MarkII  / Adobe Lightroom5.7

【関連記事】 北斗星と菜の花と(第784号)

(第791号)

| | コメント (5)

田園地帯を駆け抜けるブルートレイン

 札幌行き寝台特急「北斗星」が東京を発って40分あまり、列車は、埼玉県北東部に広がる田園地帯を駆け抜けていきます。利根川まぢかの東北本線東鷲宮~栗橋間、通称“ワシクリ”では田んぼに水が入り始めました。土の色が見える最後の機会かもしれません。

150425_img_2345_lr1

 柔い西日を受け、金帯と青い車体を鈍く光らせながら近づいてくる長大編成は恰好良すぎるでしょう。今日も一写入魂。この雰囲気は青釜ならではでしたねえ。

札幌行き臨時寝台特急「北斗星」 8007レ 東北本線東鷲宮~栗橋
撮影2015年4月25日 Canon PowerShot G1 X MarkII  / Adobe Lightroom5.7

(第790号)

| | コメント (5)

代掻き田と北斗星と

 季節はまもなく八十八夜。ヒガハス界隈では、代掻きが始まり、田んぼに水鏡の見られる時季を迎えつつあります。田植え前後のごく短期間の風物詩ながら、その大事な頃合いに北斗星の運転がありません。少ない機会に一写入魂です。

150423_img_2245_lr1
桜咲く札幌に向かう臨時寝台特急「北斗星」 8007レ 東北本線東大宮~蓮田
撮影2015年4月23日 Canon PowerShot G1 X MarkII  / Adobe Lightroom5.7

(第789号)

| | コメント (4)

黄昏空と北斗星と

 船岡で上り北斗星を撮った帰り道、夕方に下っていく北斗星も撮ります。できるだけ北で撮りたかったものの栃木県内で日没にて、土地勘のある蒲須坂にしました。立つ位置の東西は大いに迷いましたが、黄砂で?霞む空に賭けてみました。

150418_img_2162_lr1

 太陽は日光連山の大真名子山あたりに沈んでいきました。派手な夕焼けは出なかったものの、たそがれ色の空が広がったところで北斗星通過です。写真がどこか滲んで見えるとしたら、数十秒前に通過した対向の貨物列車によって垂れた汗しずくかもしれません。

札幌行き臨時寝台特急「北斗星」 8007レ 東北本線蒲須坂~片岡
撮影2015年4月18日 Canon PowerShot G1 X MarkII  / Adobe Lightroom5.7

(第788号)

| | コメント (2)

一目千本桜と北斗星と

 北斗星の廃止が決まってまず思ったのは、桜と絡め撮っておきたい、ということ。すぐ頭を過ぎったのが東北本線大河原~船岡間の白石川堤「一目千本桜」。沿線随一の桜名所です。
 しかし、此処は、調べれば調べるほど難しい。片道300キロ超と遠く、列車通過は日の出直前の午前5時頃、雲が厚ければシャッターは切れず、晴れて撮れたとしてもザラザラドロドロの写真になってしまうだろう‥‥。

150418_img_1918_lr1
上野行き臨時寝台特急「北斗星」 8008レ 東北本線船岡~大河原 しばた千桜橋にて
撮影2015年4月18日 Canon PowerShot G1 X MarkII  / Adobe Lightroom5.7

 でも、行きました!! が、結果はご覧の想像どおり。しかも、タイミングはいまいち、後は暈けているだけでなく切れちゃっているし‥‥sweat02

続きを読む "一目千本桜と北斗星と"

| | コメント (2)

坊主なら五十歩百歩か?

150415_img_1873_1

 雨上がりの青空にて、こんなときこそ北斗星の編成写真を撮っておかねばと、ヒガハス寄り道出勤です。狙いどおり撮れたかと思いきや、最後の瞬間、裏に普通電車が‥‥。秒の差のいたずらで写真は坊主と成り果てました。ちくしょー(笑)
 線路を挟んだ反対側では、桜がまだ咲き残っておりました。欲をかいてこちらの構図で撮っていたら、もろに表被りで丸坊主となっていたところです。でも‥‥

150415_dscf8613

 同じ坊主なら、小坊主も丸坊主も五十歩百歩か? いや、待て、写っているといないとでは天と地の差があるんじゃないか?? う~ん、悩ましい問題です。あれこれ考えすぎて迷っているうちに列車通過でおじゃん、なんてこともありました。

*撮影2015年4月15日 「北斗星」8008レ 東北本線蓮田~東大宮

(第786号)

| | コメント (2)

多摩森林科学園にて桜さんぽ

Dsc_0348

 日曜は春もみじを求め奥多摩へ、の算段崩れ家族サービス動員です。車いすで手軽に桜を楽しむ近場の山歩き、の無茶ぶり要求を満たしてくれたのは、JR高尾駅近くの多摩森林科学園サクラ保存林。まるで吉野山、は言い過ぎですが、丘の斜面に咲く多種多数の桜による色彩美が何とも言えません。心まで桜色に染まりました。

撮影2015年4月12日 SONY Xperia Z3 Compact
国立研究開発法人森林総合研究所 多摩森林科学園/東京都八王子市

(第785号)

| | コメント (0)

北斗星と菜の花と

 寝台特急「北斗星」が臨時化されてから初の“青釜”牽引となった週末。前夜から降っていた雨が上がり空も見えてきたので、夕方の陽射しを当て込みヒガハスへ。しかし、期待むなしく、空一面どんより雲に覆われるなかでの列車通過でした。
 まだ数本の桜が咲き残っていて後ろ髪引かれたものの、少し南に場所を移し、たくさんの菜の花と組み合わせてみました。香りいっぱい春を感じながら、桜前線を追いかけ追い越していく夜汽車を見送りました。

150411_img_1791_lr1
札幌行き臨時寝台特急「北斗星」8007レ 東北本線東大宮~蓮田間
撮影2015年4月11日 Canon PowerShot G1 X MarkII  / Adobe Lightroom5.7

(第784号)

| | コメント (2)

なごり雪と北斗星と

150408_img_1647_lr2

 東京でまさかの4月の雪。雨が雪に変わったのを見て、車を走らせ現地に着いたのは列車通過の4分前、組み合わせや構図を考えている余裕までは残されていませんでした。季節はずれの雪と北斗星と、夢を見ているかのよう。名曲『なごり雪』のままの情景です。

150408_img_1668_lr1
臨時北斗星編成のシンボル“
復活ロビーカー” ヒガハスでの雪との組み合わせは最初で最後?

上野行き臨時寝台特急「北斗星」8008レ 東北本線蓮田~東大宮間
撮影2015年4月8日 Canon PowerShot G1 X MarkII  / Adobe Lightroom5.7

(第783号)

| | コメント (5)

続・北斗星と桜と

150406s0098296_lr2

 寝台特急「北斗星」と桜との組み合わせの再挑戦。狙っていた4日発の便が運休になってしまったものの諦めきれず、なのにドジを踏んで、持ち合わせがポケットカメラ1つながらヒガハスまで出張ってきました。
 あいにくの小雨ぱらつく花曇りなれど、桜はもう待ってくれますまい。裏に被っていた対向列車が僅差で抜けたのは幸運としか言いようがありません。

札幌行き臨時寝台特急「北斗星」8007レ 東北本線東大宮~蓮田間
撮影2015年4月6日 FUJIFILM XQ1 / Adobe Lightroom5.7

(第782号)

| | コメント (2)

夜の大宮駅に上野行き北斗星?!

150404_img_1623_lr2
 鉄ヲタならすぐ気付くこの写真の違和感。闇夜の大宮駅4番線に上野行き寝台特急「北斗星」が停まっているからです。日時は4月4日午後10時です。
 このホームでの北斗星の定刻は午前9時02分。しかし、青函トンネル内での先行列車の発煙事故による影響で、3日夕に札幌を発った北斗星は函館駅にて夜を明かし、約13時間も遅れて大宮に辿り着いたのでした。ルミネの屋上照明も消えてしまっています。

150404_img_1605
 この出発案内板から分かるように、時計が一回りしちゃってるんですね。影響はこの列車だけに留まらず、4日発札幌行き、翌5日発上野行きがともに運休。1編成だけによる綱渡り臨時運行の危うさがさっそく露呈してしまいました。

*撮影2015年4月4日 上野行き臨時寝台特急「北斗星」 遅8008レ JR大宮駅にて
Canon PowerShot G1 X MarkII / Adobe Lightroom5.7

(第781号)

| | コメント (2)

誉桜残照

150402_img_1452

 咲き尽くした桜たちに残照の夕べ。前々号の「誉桜燦燦」と同じアングルで撮ってみました。ちょっと表現に品がないのを承知で言えば、エロい光です。これを一口で桜色と言ってしまえるほど世の中は単純ではないし、画一なものでもありません。

撮影2015年4月2日/川越市宮下町二丁目の新河岸川沿い「誉桜」
Canon PowerShot G1 X MarkII

(第780号)

| | コメント (0)

北斗星と桜と

150402_img_1416

 寝台特急「北斗星」の臨時運行が始まりました。大宮辺りでの北斗星と桜との組み合わせは、きっと今日1日限りにて鬼籍入りでしょう。余命5カ月足らず、何をやっても悔いは残るでしょうけれども、精一杯、見届けたいと思います。

*撮影2015年4月2日 札幌行き臨時寝台特急「北斗星」8007レ 東北本線東大宮~蓮田間

(第779号)

| | コメント (4)

誉桜燦燦

150401_dscf7923

 こういうのを見てしまうと、今後おいそれとは、桜が咲き誇るだの満開だのと言えなくなってしまいます。花燦燦、この桜の木がここまで開いているのを見たことがありません。あまりの迫力に立ち尽くしてしまいました。

150401_dscf7966

 雨の桜風景を狙って足を運んだのに、雲が消えて青空が見えてきました。夢か現か幻か、咲いて間もない誉桜に早くも花筏が浮かびはじめた4月の始まりです。

*撮影2015年4月1日 川越市宮下町二丁目の新河岸川沿い「誉桜」/FUJIFILM XQ1

(第778号)

| | コメント (2)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »