« 10年前、奥能登にて | トップページ | 間に合ったハナネコちゃん »

春うららかなる仙波東照宮にて

 とても小さい社ながら、日光東照宮や久能山東照宮と肩を並べるほどの格式を持つ川越の仙波東照宮。その境内には、川越藩主松平信綱公によって1639年に植えられたと伝わるエドヒガンの大木があります。春うららかなる日ざしを受け、うち1本が見頃を迎えていました。春本番の週末となりそうです。

150326_img_0858
PowerShot G1 X MarkII 絞り優先AE,f8.0,1/250s,ISO100,Ev-1/3,WB太陽光B1,M1
2015年3月26日午前9時頃撮影/川越市小仙波町一丁目の仙波東照宮にて

(第776号)

|

« 10年前、奥能登にて | トップページ | 間に合ったハナネコちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10年前、奥能登にて | トップページ | 間に合ったハナネコちゃん »