« ふるさとが近きになりて思ふこと | トップページ | 春遠からじ »

川越鉄道開業120周年

 1895(明治28)年3月21日に当時の「川越鉄道」が川越~国分寺間を全線開業してから、本日で120周年を迎えました。現在の西武国分寺線全区間と新宿線の東村山~本川越間にあたり、西武鉄道で最も古い路線です。
 これを記念して当日限りで国分寺~本川越間に臨時特急が走るのですが、列車ダイヤを公表しないうえに、乗車できるのは1万2千円もする記念切符購入者(360組)に限るとのこと。ずいぶんと上から目線で節操のない記念行事なんだなぁ‥‥シラケドリ飛びまくり。こういうのに迎合したくないので記事はここまで、写真は蔵出しです。

130216_img_8669
デイタイムに毎時1往復運転されている本川越~国分寺間の直通普通電車
2013年2月 西武新宿線本川越駅にて

【関連記事】 東武東上線開業100周年(第689号)

(第773号)

|

« ふるさとが近きになりて思ふこと | トップページ | 春遠からじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふるさとが近きになりて思ふこと | トップページ | 春遠からじ »