« 続・北斗星と雪山と | トップページ | カマスニジカシ »

ワシクリカシギラ

 北斗星ネタが続いているので“ワシクリカシギラ”で箸休め。ワシクリカシギラとは、東北本線の東宮~橋間にて寝台特急「カシオペア」の車体側面が夕陽でギラリ黄金色に輝く現象です。原理は“ダイヤモンド富士”と同じで年に2回、数日限りのお楽しみです。
 くせ者は列車ダイヤ。運転は週3回だし、たった数分遅れても列車通過を前に日が沈んじゃうし、微妙な時間差で対向列車が裏に被ったりもします。北へ向かう夜汽車を狙いどおりギラリできたなら、にんまりしたまま家に帰れましょう。

Img_9712_lr1
札幌行き臨時寝台特急「カシオペア」8009レ EF510-509+E26系 東北本線東鷲宮~栗橋間
Canon PowerShot G1 X MarkII / Adobe Lightroom5.7

 この写真、いくつかの予定を当日午後から『万障繰り合わせ』ての成果でして、撮影日は内緒ということで(^^ゞ) ちなみに、此処での北斗星ギラリは、もう撮れません。

(第765号)

|

« 続・北斗星と雪山と | トップページ | カマスニジカシ »

コメント

鉄まんアトムさん、おはようございます。
連日のように鉄にはしる姿を思い浮かべ、微笑ましくブログを拝見しています。風景に比べたらほんの一瞬しかないシャッターチャンスのため仕事をやりくりして駆けつけるなんて、もう完全に撮り鉄さんですね。背景や光線状態を把握しての渾身のワンショット、実にお見事です。
この調子だと今シーズンの前半は尾瀬に来れないのではと、勝手に心配しています。

投稿: youic | 2015年3月 2日 (月) 07時48分

連日の出動ですね。
ほうほう、そういうシチュレーションもあるのですね。雪ヤマセミとか桜カワセミとかと同じですね。
ダイヤモンド富士と原理が同じならこの場所以外でもそういうポイントがあるのでしょうね。
でも、肝心のカシオペアが走らなくなると・・・
北斗星も臨時扱いになりますし・・・
ホームは混むので外で撮影したいといろいろ検索してますが周辺がスッキリ撮れるのはやはり大宮以北でないと難しいみたいですね。

投稿: てばまる | 2015年3月 2日 (月) 10時21分

>youicさん
 色々サボった話を素敵にまとめていただき、ありがとうございます。(汗)
 たしかに、走る列車の撮影は1秒未満の世界です。コンデジの私には扱いに無理があります、無茶と言ってもいいでしょう。ワンショットに賭ける度胸もなく、連写してみて、あとは運任せです。
 できれば尾瀬とは二股を掛けたいところですが、シーズンが始まってみないと分からないですね。いまの状態で尾瀬の話を始めたら怒られそうです。(笑)

>てばまるさん
 さすがですね、お見立てのとおりです。列車のダイヤは決まっていますから、ギラリのポイントは、春に北上し、秋には南下してきます。日没時刻と太陽高度、それと列車に対しカメラを構えている位置や角度の関係でマイベストの時期や場所も前後するでしょう。
 周辺をスッキリとなると大宮以南では難しいですね、列車を正面から望遠で狙うしかありません。ヒガハス(東大宮~蓮田間)で一度撮ってみてはいかがでしょう。駅から歩いても遠くはないし、混んでもキャパに余裕もあります。

投稿: 鉄まんアトム | 2015年3月 3日 (火) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続・北斗星と雪山と | トップページ | カマスニジカシ »