« 銀の一番星も、北へ | トップページ | ふるさとが近きになりて思ふこと »

HOKUTOSEI Auld Lang Syne

150312_img_0467_lr1
寝台特急北斗星 2レ EF510-512+24系25形 / 撮影2015年3月12日 東北本線 片岡~蒲須坂

Should auld acquaintance be forgot, and never brought to mind ?
Should auld acquaintance be forgot, and days of auld lang syne ?

For auld lang syne, my dear, for auld lang syne,
We’ll take a cup o’ kindness yet, for days of auld lang syne.
<スコットランド民謡「Auld Lang Syne」(邦題:蛍の光)より引用>

北斗星、また会う日まで‥‥

(第771号)

|

« 銀の一番星も、北へ | トップページ | ふるさとが近きになりて思ふこと »

コメント

13日にヒガハスの夜撮影に行ってしまいました。
地元の人が数人撮影に来ている程度でちょっと拍子抜けでしたが、陣取りの人がもういましたね。
そして、もう撮れないであろう夜の撮影に成功しました。ブログの方を見てください。関東ではもう撮れません。
そして14日もヒガハス考えたのですが、結局上野駅でした。青空と北斗星号、まだチャンスはありますね。

投稿: てばまる | 2015年3月14日 (土) 23時37分

てばまるさん、おばんでございます。
こちらへのコメント頂戴の前に、すでにてばまるさんの記事を読んでコメントも書かせていただいたところです。昨日今日とニアミスの連続ですね、じつは私も昨晩はヒガハスでお見送り、てばまるさんとは線路を挟んだ反対側にいましたから。(ちなみに、下り列車に対しては西側が定番なので、西側には最低でも20人ぐらいはいたと思います。)

てばまるさんの撮られた写真、拝見しました。素晴らしいの一語に尽きます。最初で最後の機会をあそこで挑もうという度胸も見事です。感服いたしました。個室寝台の車窓から寝ながら眺めた北斗七星を思い出しました。

臨時化後のダイヤは、以前の「北斗星1号」の時間帯になりますから、それ自体については、往年の姿再び、といったところで楽しみではあります。

投稿: 鉄まんアトム | 2015年3月14日 (土) 23時54分

私も西側の道路脇で撮ってましたよ〜 最初は私だけでしたが、車が何台か集まってきました。もしかしたらあの中にアトムさんもいたのかな? だとしたら超ニアミスです(^o^)/
北斗七星の方角と北斗星号の位置関係も考慮して西側にしました。Googleマップでロケハンすると、やはりヒガハスあたりが一番いい感じでしたし、仕事後も十分間に合う位置でしたが、初めての場所に夜ですから勝手が分からなかったけど、うまく撮れて良かったです!

投稿: てばまる | 2015年3月15日 (日) 08時29分

てばまるさん、写真を拡大しながら改めて確認してみたら、写っている建物などから、おっしゃるとおり西側からですね。失礼しました。

私の位置からではフラッシュがちょうど見えなかったので、それだけで、てっきり反対側の“事件”だったのかと早合点した次第でした。

投稿: 鉄まんアトム | 2015年3月15日 (日) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銀の一番星も、北へ | トップページ | ふるさとが近きになりて思ふこと »