« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月の8件の記事

続・北斗星と雪山と

 天気図を見ると「今週も山が見える!」で蒲須坂3連チャン決行しました。先週よりも山に雪が多く、しかも鮮やかに見えていました。先行列車で修整を繰り返し臨むも、いざ本番で画角を広げ過ぎてしまいました。失敗です。北斗星通過時に日が陰ったのも残念です。

150228_img_9934_lr1
上野行き寝台特急「北斗星」2レ 東北本線片岡~蒲須坂間 2015年2月28日 8時35分頃撮影(約45分遅れ)
Canon PowerShot G1 X MarkII / Adobe Lightroom5.7

 そうは言いつつ、この情景を見られただけで十分満足です。北斗星と雪山との組み合わせは、私にとっては、きっと、これが見納めとなるでしょう。毎日朝に夕に北斗星を見られるのもあと13日となりました。

【関連記事】 北斗星と雪山と (第763号)

(第764号)

| | コメント (0)

北斗星と雪山と

 天気図を見て「これは山が見える!」と確信したので、中5日でのカマス遠征敢行です。無風の放射冷却で霜が降り靄も立って気を揉みましたが、北斗星と雪山と、列車通過の頃にはそこそこの塩梅に。朝日を浴びて走るあこがれの“恋人”はいつにも増して美しく見えました。

150221_img_9435_lr3
札幌発上野行き寝台特急「北斗星」2レ 東北本線蒲須坂~氏家間 2015年2月21日 7時50分頃撮影
Canon PowerShot G1 X MarkII / Adobe Lightroom5.7

 わずか1秒のシャッターを切るために片道2時間半かけて来ています。せっかくですから、ロケハンがてら少しカモレ(貨物列車)なんぞに手を出してみました。

続きを読む "北斗星と雪山と"

| | コメント (3)

再び北斗星と青空と

150219p1170110_lr1
上野行き寝台特急「北斗星」2レ 東北本線蓮田~東大宮間 2015年2月19日 9時22分頃撮影

 雪晴れの朝を期待しましたが、雪は降りもしませんでした。それでも「ヒガハス」まで道草出勤。ざっと見て50人ほどは居たでしょうか、ちょっとの隙間に入れさせてもらい、朝の光をたっぷり受けながら東京を目指す北斗星を拝んできました。見飽きることはありません、何度でも通いたいです。
 なお、前回より顔重視で狙うも、コンデジLX7(光学望遠端90mm)では長さが全然足りません。掲載写真は盛大にトリミングしました。

【関連記事】 北斗星と青空と(第760号)

(第762号)

| | コメント (0)

続・北斗星と青空と

150215_img_9217_lr1
上野行き寝台特急「北斗星」2レ 東北本線片岡~蒲須坂間 2015年2月15日 8時14分頃撮影(約30分遅れ)

 撮り鉄の真似事が高じ、雪付きの北斗星も撮っておきたくなりました。朝4時起きで東北本線の超有名撮影地「カマス」まで遠征してきました。予想したよりも冬将軍に踏ん張られ、寒気の雲で澄んだ青空とはいかず陽当たりも弱かったのですが、足回りにしっかり雪の着いた北斗星2レを写せました。とりあえずヨシとしましょう♪

続きを読む "続・北斗星と青空と"

| | コメント (2)

北斗星と青空と

150213_img_9148_lr1
上野行き寝台特急「北斗星」2レ 東北本線蓮田~東大宮間 2015年2月13日 9時53分頃撮影
Canon G1 X markII / Adobe Lightroom5.6

 超有名撮影地「ヒガハス」に行けるスケジュールだったので出動してきました。現場でお話しした撮り鉄さん曰く、列車が30分前後遅れたため定刻より光線が宜しくなかったようですけれども、今日は空が澄んでいて濃く写りました。私にしてはこれで十分満足です。定期列車としての北斗星はあと1箇月。みなさん、よい旅路を~♪

続きを読む "北斗星と青空と"

| | コメント (2)

北斗星2レと逢瀬を重ねる

 定期運転終了まで1カ月あまりとなった寝台特急「北斗星」。撮り鉄の真似事をしてみようと有名撮影地の「ヒガハス」か「ワシクリ」にでも行ってみるつもりだったところ、前夜が飲み会にてお約束の朝寝坊。しかし、列車が遅れていたため、大宮駅ならギリギリ間に合うだろうと飛んでいきました。

150211_img_8959
上野行き寝台特急「北斗星」2レ 撮影2015年2月11日 9時59分頃 大宮駅にて(写真上下とも)

 先月末に続いての大宮駅での上野行き北斗星2レとの逢瀬。前回は雪で見えなかったヘッドマークが今回はバッチリでした。つぎはどこかで札幌行き1レを見送りたい。残された機会はわずかで失敗は許されません。休前日の飲み会は当面禁止です。

150211_img_9013
 いわゆる「ケツ打ち」。ブルートレインゆえ青い車体も重要な要素なのに、今回の写真では青を全く表現できていませんね。撮り鉄は難しい‥‥あとは“見る鉄”でいいかな(^^ゞ)

【関連記事】 北斗星、最期の冬(第756号)

(第759号)

| | コメント (4)

ロウバイ香しき長瀞宝登山へ

Dscf7417

 家族の要求により、ロウバイが見頃を迎えた長瀞宝登山(ほどさん、標高497m)に連れて行かれました。山頂へは秩父鉄道の長瀞駅近くからロープウェイも架かっていますが、隣の野上駅より“長瀞アルプス”を2時間弱歩いて向かいます。そうして辿り着いた山頂の人波にまずは驚かされました。人気のお山のようです。

 山頂一帯のロウバイは山肌を黄色く染めてしまうほど咲いていて、甘く爽やかな香りに包まれ見事でした。ウメやマンサク、フクジュソウなども咲いていました。穏やかに晴れてはいたものの薄雲が広がってしまい、写真が冴えないのは仕方ありません。

P1160992

*行程/野上駅~長瀞アルプス~野上峠・小鳥峠~宝登山山頂~宝登山神社~阿左美冷蔵~氷池往復~野上駅 撮影/2015年2月7日 LX7 & XQ1

(第758号)

| | コメント (6)

雪晴れの奥多摩湖畔をあるく

 東京で雪が降った翌日が運良く土曜とあって、奥多摩あたりを歩こうと企んで床に就きました。しかし翌朝“事情”が生じ、家を出られたのは8時過ぎ。ホリデー快速おくたま5号(奥多摩駅10時23分着)に乗るのが精一杯でした。遅い時間でも雪が残る場所で短時間で行けて展望も、となると此処しか思い浮かびませんでした――。

Img_8840
 御前山に登る大ブナ尾根のサス沢山(標高940m)にて望む奥多摩湖全景。写真正面には倉戸山、そこから右上へと伸びる榧ノ木尾根の先に鷹ノ巣山、中央奥は飛龍、その左に黒川鶏冠山、大菩薩連嶺と続く。

続きを読む "雪晴れの奥多摩湖畔をあるく"

| | コメント (3)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »