« 錦繍の奥多摩タワ尾根をあるく | トップページ | 山の紅葉もそろそろ仕舞い »

紅葉の奥武蔵ウノタワさんぽ

 予定のない休日の朝に青空を見たら気持ちは山へと一直線。前日の奥多摩もみじ狩りの疲れもなんのその、8時半の遅出ながら、奥武蔵ウノタワ(標高約1075m)を目指して家を出ました。ウノタワは奥武蔵きっての癒しスポット。写真がランドネ風になっていますが、私の作風が変わったわけではありません、そういう場所なんです――。
Img_7187_1

 カラマツの林が独特の雰囲気を醸しているランドネ空間 (笑)
Img_7226

 紅葉にはギリギリ間に合ったかな‥‥
Img_7165

 この日一番のナイス!!な紅葉 (‥かな?)Img_7211

 ウノタワ伝説によれば、むかし、この地は沼だったとか‥‥
Img_7173

 地面の緑は草ではなく苔の色なんですね。
Img_7190

 地形的には峠であり、ここで道は3方向に分かれています。
Img_7228

 冬型気圧配置で約束された青空も雲優勢でした‥‥
Img_7231

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 ウノタワへは横倉林道の終点(標高約710m)まで車で乗り入れるのが最短コース。川越から林道終点までは地元道で飯能市街を抜け名郷バス停を経て2時間足らず、そこから徒歩で約1時間の道のりです。このコースの隠れたもう1つの魅力がこちら‥‥
Img_7076

 どか~ん、と苔ワールド登場なのです。フェチにはたまらない場所でしょう。
Img_7086

 苔ワールドの先には奥武蔵らしからぬ広葉樹の森も広がっています。鮮やかな黄色に染まっているのはチドリノキ(別名ヤマシバカエデ)でしょうか?
Img_7153

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 時間があるので大持山(1294m)の先の「雨乞岩」まで足を伸ばしました。ウノタワからは急坂を上がっていきます。青空バックの紅葉はやはりキレイ。
Img_7245

 ウノタワ上の展望地から有間山稜方面の眺めは錦繍に彩られていました。
Img_7252

 横倉山(1197m)の稜線はもう落葉期
Img_7270

 こんな色のがあれば私は必ず撮ります!(これはタカノツメかな?)
Img_7279

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 そして、辿り着いた雨乞岩から見下ろす紅葉の山肌。ちょっとピークを過ぎたようですが、もこもこの景色に間に合いました。春もみじ(→第690号参照)とどちらがいいでしょう‥‥。
Img_7366

 雨乞岩から眺める小持山より連なる高ワラビ尾根、奥には両神山や浅間山も見えています。絶景ですね。
Img_7368

 反対側に回れば関東平野が一望。スカイツリーが見える、きっとオレ様の家も見えているはずだ !(^^)!
Img_7390

 大持山から妻坂峠にかけても紅葉は終盤。日差し待ちをしていましたけど、まもなく14時、そろそろ帰らないといけません。
Img_7401

 リンドウの花が閉じているのは日差しが乏しかった疎明資料。
Img_7409

 来た道を引き返し、日が陰って寂しくなったウノタワを通って帰ります。
Img_7437

 下りは速くて15時に車を回収し、入間航空祭に伴う大渋滞を避け再び地元道で16時半には家に着きました。やはり飯能名栗は奥多摩以上に近いです。このエリアの紅葉はラストでしたから、起きがけにスパッと決断して来られたのは良かったです。

 以上、前号(→第741号)と併せ、もみじ狩り三昧の2日間でした。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

*撮影2014年11月3日(月・祝) *機材Canon PowerShot G1 X MarkII
*横倉入~ウノタワ~大持山~雨乞岩(埼玉県飯能市・旧名栗村/県立奥武蔵自然公園)

(第742号)

|

« 錦繍の奥多摩タワ尾根をあるく | トップページ | 山の紅葉もそろそろ仕舞い »

コメント

鉄まんアトムさん
 こんばんは
行かれましたか ウノタワ !!
何時もながら素晴しいお写真の数々
指を咥えて拝見しました。
広葉樹が鮮やかな色に染まっていて
ウノタワの一番よい時季かも知れませんね。
行きたかったですね。

私も行こうと思っていたのですが、
先週は脇腹を打撲で、医師から停められていました。
これからだともう遅いでしょうね。
実は昨年の秋に行ってみたのですが遅かったです。
http://mkaifuu.blog.fc2.com/blog-entry-151.html
遅くても、今一度行きたいと思っています。
入間川(名栗川)の源流から川沿いを歩いて
河口(若洲とディズニーランドの間)までを
空いたときをみて少しづつ歩いています。
因みに先日は上戸公園・川越橋から川島町の越辺川と小畔川の出合までを歩いてみました。
そんなことでもう一度源流を確認し、ついでにウノタワを
廻りたいと思っています。

いつもながら素晴しいお写真をありがとう御座いました。

投稿: 奥武蔵の山人 | 2014年11月 6日 (木) 21時55分

奥武蔵の山人さん
 秋のウノタワは初めてでした。どちらを向いてもイイ感じでした。今年は紅葉の訪れが早く、3日の時点でも見頃には数日から1週程度遅かったようです。これからの季節、色はなくなってしまいますけど、小春日和の陽だまりで喫茶と洒落込むのも乙かもしれません。
 横倉からウノタワに登っていく途中、水が湧き出しているところがありますが、あれが入間川の最初の一滴、源なんでしょう。ウノタワに染みこんだ水が川越まで流れてきていると思うと浪漫ですね。‥‥打撲、お大事に。

投稿: 鉄まんアトム | 2014年11月 6日 (木) 23時18分

自然が作った美しい公園のような場所ですね。
以前、大持山へは、鉄まんアトムさんと一緒に歩きましたが、ウノタワは未踏エリアです。奥武蔵にこんないい雰囲気の所があるなんて! 私の所からも比較的近いので、ぜひ一度訪ねてみようと思います。

投稿: Suekichi | 2014年11月 7日 (金) 17時35分

Suekichiさん
 四周は急な斜面なのにウノタワの一角だけ平坦地で、芝生を植えた森林公園のようでもあります。不思議な空間ですね。奥武蔵でもこの界隈は自然色濃く、渓流やら、眺望やらと、いろんな要素が詰まっているところでもあります。ぜひ今度ご一緒しましょう。
 Suekichiさんと武甲~大持と歩いてからもう3年です、樹間から垣間見える武甲南斜面がカラマツで黄色く染まっていました。また行きたくなりました。

投稿: 鉄まんアトム | 2014年11月 8日 (土) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 錦繍の奥多摩タワ尾根をあるく | トップページ | 山の紅葉もそろそろ仕舞い »