« 奥多摩で二兎を追う者は一兎をも得ずの巻 | トップページ | やっぱ2台持ちは面倒でござるの巻 »

紅葉のムーミン谷で童心にかえる

 紅葉は山から麓へ、そして麓から里へと移ろっています。11月も下旬、今シーズン最後となるかも知れない紅葉狩りに、家族連れで近場の里山である“ムーミン谷”まで出掛けてきました。子どもと一緒になって童心に返った気分です。
Dscf6515

 今でも十分に子供っぽいアンタがそれ以上子供になってどうすんの、と感じた諸君、この続きは読まなくて結構です。(笑)

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 ムーミン谷 こと あけぼの子どもの森公園(埼玉県飯能市)のシンボルがこちら「ムーミン屋敷」。子どもたちの目の輝いていること!! 職業柄、この建物の種類や構造、建物図面と各階平面図が気になります。Dscf6379

 もちろん、ムーミン谷だから「水あび小屋」だってあります。スナフキンは、いるかな??
Dscf6532

 時間切れで加治丘陵に回れず紅葉狩りにはなりませんでしたが、園内のメタセコイアが見事な色彩でした。
Dscf6480

 春の新緑も相当にイイに違いない‥‥
Dscf6562

 たくさんの落ち葉も踏めました。
Dscf6490

 ちなみに、園内はこんな感じになっています。(園内の案内板より)
Dscf6356

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 ところで、この日は、なんと「幸運の赤い電車(RED LUCKY TRAIN)」を4回も見てしまいました。何か良いことあるかな‥(o^^o)‥(写真は、西武池袋線の仏子~元加治にて)
Dscf6351

 ですが、そんな幸せとは裏腹に、突然カメラ(XQ1)が壊れてしまいました。ズームレバーの操作ができなくなる故障です。帰宅後すぐに修理に出してきました。手元にカメラがありません。こういうときは危険です、新しいカメラに手を出さぬよう気をつけなければなりません。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

*撮影2014年11月23日(日・祝) *機材FUJIFILM XQ1
*あけぼの子どもの森公園(入園無料・西武池袋線元加治駅徒歩20分・駐車場あり)

(第745号)

|

« 奥多摩で二兎を追う者は一兎をも得ずの巻 | トップページ | やっぱ2台持ちは面倒でござるの巻 »

コメント

アトムさん
こんにちは

あら~ おみえになられましたか
 さすがによい雰囲気で撮られてますね。
当方も当然、日頃のウォーキングエリアですから
行くことはあるのですが
身近すぎて、安心しきって時季を外す・・・

しかし、アトムさんに取り上げて戴いた
ことによって
この地が全国に広がって嬉しいかぎりです(感謝!!)

次回は是非、加治丘陵に上がれれて展望台と、
もしお時間が有れば唐沢流域の樹林
(加治丘陵・か唐沢流域樹林帯 トラスト6号)に
廻られると良いでしょう。

投稿: 奥武蔵の山人 | 2014年11月24日 (月) 14時00分

紅葉も里に市街地にも降りてきましたね。やっと銀杏の黄葉も始まってきました。
ムーミンの家? 僕も以前図面などのトレースの仕事をやっていたこともあり、こういう曲線の多いのは大嫌いでした(^^;)

カメラ故障ですか? 早く直って戻るといいですが、幸い紅葉シーズンも終わってるので、少しは我慢は出来そうですね(^^;) シーズン中だと絶対他に手が出ます!

投稿: てばまる | 2014年11月25日 (火) 10時57分

>奥武蔵の山人さん
 ムーミン谷へは子どもが小さいときに出掛けて以来です。加治丘陵は豊かな森が広がっていて良いところですね。オススメのコースにも出掛けてみたいと思います。ちなみに、私なんぞのブログごときに周知や宣伝の効果など全くありません。

>てばまるさん
 曲線の図面トレースは想像しただけでもイヤですね、せっかく重ねたフレキシブル定規がくしゃみでもしてズレたら発狂しそう(^^;)。
 カメラは、壊れる時期としては、今はちょうど良かったと思います。買って1年未満なので、これがシーズン中だったら本当に危険です。私の使い方が過酷なのか、毎日持ち歩いているからか、ポケットサイズのコンデジはこれで3台連続で故障が生じています。

投稿: 鉄まんアトム | 2014年11月26日 (水) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奥多摩で二兎を追う者は一兎をも得ずの巻 | トップページ | やっぱ2台持ちは面倒でござるの巻 »