« 奥秩父西沢渓谷の紅葉を下見する | トップページ | もみじ狩り三昧の3連休 »

ブナの照葉を求めて奥多摩三頭山へ

Img_6017

 奥多摩でも一足早く紅葉が始まっています。10月最後の週末で、紅葉前線は1500mあたりまで下りてきています。尾瀬に行けず見逃してしまったブナ黄葉が見たくて、奥多摩三山の最高峰・三頭山(みとうさん、中央峰1531m)へ。辺りの森は木々の照葉で黄金色に染まっていました。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 スタートは「檜原都民の森」から。森林公園(埼玉県滑川町)のような整備された公園のイメージでしたが‥‥
Img_5466

 意外や意外、あたりは手付かずの自然林が広がっています。
Img_5475

 三頭沢沿いの登山道「ブナの路」で山頂を目指します。沢にも秋の風情。
Img_5541

 ムシカリ峠まで来ると照葉のブナ。陽を浴びた黄褐葉の色彩に言葉が出ません。
Img_5644

 ブナの褐葉をバックに透き通るミズナラの黄葉が際立つ
Img_5677

 辿り着いた三頭山西峰の頂上(1524m)では冠雪した富士山のお出迎え。う~ん、素晴らしい眺めだ‥‥
Img_5704

 西峰から鶴峠に向かう尾根通しの樹間から。富士山が見えると、なんか、うれしいね♪
Img_5729

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 さて、当初の目的に戻って、光り輝くブナ黄葉。
Img_5741

 サラサドウダンの燃え上がるような紅
Img_5715

 カエデの紅葉もお見事
Img_5837

 西面尾根で神楽入ノ峰を経て鶴峠と向山の分岐まで下り、北面の巻き道からヌカザス尾根の鶴峠分岐へと登り返します。それにしても、なんという色合いだろうか‥‥Img_5928

 見上げるとブナの照葉の見事なグラデーション‥‥
Img_5969

 青空に映えるカエデの紅葉には散々写真を撮らされました。
Img_5993

 カエデ、ブナ、オオカメノキ(別名ムシカリ)の色模様
Img_6026

 黄~橙~茶のグラデーションに染め上がる登山道です。Img_6044

 三頭山の頂上近くでは落葉が進んでいます。シラカンバの葉はもうありません。まだ13時前なのに日は傾いています。
Img_6061

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 戻り着いた三頭山西峰頂上にて再び富嶽眺望。昼を過ぎたら雲が広がって富士山ご覧のとおりなので、大沢山には行かず鞘口峠に向かって真っ直ぐ帰ります。
Img_6090

 三頭山の三角点のある東峰頂上(1527m)はもう冬木立優勢。
Img_6115

 積もったふかふか落ち葉を踏みながらの下山にて、以下省略。
Img_6156

 最後に、朝は日が当たって強コントラストだった三頭大滝を撮影しておしまい。
Img_6194

 以上のような感じで紅葉狩りの1日が終わりました。紅葉の美しさは想像していた以上で、尾瀬病を治してしまうに十分な威力がありました。ここまで広く美しいブナ林は奥多摩では日原川源流域にしかありません。一見の価値アリでしょう。
 川越から檜原まで片道約65km2時間、近くはないけど遠くもなくて、自然に触れたいとき気軽に訪ねられる貴重なエリアだと再認識しました。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

<余録> 檜原街道沿い、立ち寄った「蛇の湯温泉たから荘」の外観
Img_6214
 単純硫黄冷鉱泉(自然湧出)。都内唯一の「日本秘湯を守る会」加盟施設。お湯は申し分なかったけど、休憩場所が喫煙フリーなのは頂けません。たった1本のタバコだけで髪も服も湯上がりの方が臭くなってしまいますからね。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

*撮影2014年10月25日(土) *機材Canon PowerShot G1 X MarkII
*三頭山&檜原都民の森(東京都檜原村/神奈川県小菅村/秩父多摩甲斐国立公園)

(第739号)

|

« 奥秩父西沢渓谷の紅葉を下見する | トップページ | もみじ狩り三昧の3連休 »

コメント

Canon PowerShot G1 X MarkIIはやっぱりPowerShot S200より写りが良いですね。奥多摩も3段紅葉が見頃ですね、富士山麓も歩きたくなりました。

投稿: pulsar | 2014年10月26日 (日) 17時39分

あ~綺麗ですね!!!
春は新緑が綺麗でしたが、紅葉も素晴らしいですね、ただ、これからシーズンになると人も増えてバスが混みますね・・・ 大滝でこれだけ色づいてると今週末がギリギリくらいか?

たった1本のたばこ。ほんとに煙の臭いは最悪ですね。
やっとたどり着いた山頂や景色のいいところでプカプカ漂ってるとゲンナリしてしまいます。

投稿: てばまる | 2014年10月27日 (月) 09時40分

色づいたブナ林がとても素敵です。
土曜日は天候も安定して風もなく、紅葉狩山行には最高だったのではないでしょうか。

三頭山は登ったことがありませんが、こんなに美しい森なら「都民」でなくても行きたくなりますね。標高がある分、奥多摩湖畔や御岳渓谷あたりの紅葉シーズンより少し早く見頃になり、道路の混雑もまだそれほどではないのでしょうか。

投稿: Suekichi | 2014年10月27日 (月) 12時05分

pulsarさん
 奥多摩の奥の方は自然林が多く新緑や紅葉は格別です。尾根筋からは富士山も見えますしね。へたくそな写真もサマになるので有り難いです。
 G1X2の写りは良いです。コレ1台で事足ります(コレで無理なのは諦める)。ただ、大きさ&重さは、もはやコンデジではありません。S120/S200でも十分よく写るので、S系の手軽さコンパクトさが恋しくなるときもあります。

てばまるさん
 三頭山へはバスで座れないと長いからツライですね。紅葉は来週でも間に合うとは思いますが、上の方だと遅いかもしれません。直前のヤマレコなどで要チェックですね。
 山でのタバコは街中以上に迷惑と感じます。喘息持ちには脅威でもあります。せめて風向きぐらい気にしてくれればいいのですが、そういう気配りの出来る人はそもそも人前では吸いませんからね。山頂での喫煙受難率は極めて高いので、たいてい私は山頂は素通りします。この日の三頭山西峰も配慮無き煙突だらけでした。

Suekichiさん
 素敵な色合いのブナ黄葉どんぴしゃりで最高でした。午後になったらけっこう風が出て、それで葉がヒラリしたり、それがまた良かったです。
 都民の森なる名称の悪イメージで三頭山を避けてきましたが、林相のすばらしさに驚きました。奥多摩は山域が広く垂直分布も大きいので長く紅葉が楽しめます、混雑も分散します。以前のような激しい渋滞も少なくなりました(電車やバスは混みます)。

投稿: 鉄まんアトム | 2014年10月27日 (月) 13時35分

鉄まんアトムさん
 いつもながら素晴しい腕前に
驚いています。
 三頭山…こんなに綺麗でしたかあ
表現力の乏しい私には
素晴しい!!の言葉しかないのですが
時季真っ盛りの光、色、本当に素晴しいですね。

特に西峰頂上からの雲海に頭を出している
富士はお見事でした!!

投稿: 奥武蔵の山人 | 2014年10月28日 (火) 12時24分

美しい紅葉の中を歩き、山頂で神々しい富士を仰ぎ見る。
身体が浄化され、精神が清められるコースですね。見ていて癒されます。
行ってみたいけど、ウチからだとたっぷり3時間かかりそうです。頑張って早起きしないといけません。

投稿: youic | 2014年10月29日 (水) 07時42分

奥武蔵の山人さん
 料理も写真も素材が命、たまたま行ったときが紅葉の真っ盛りで運良く晴れたおかげでしょう。三頭山には私好みの素材がたくさんあると感じました、まだ行ったことないけど新緑も格別でしょうね。500mぐらいの“ゆる登山”で済むのも高ポイントです。
 雲が出て富士山見えなくなっちゃったなぁ~と現地では思って、予定していた眺望のコースを外してしまったのですが、言われてみると、こっちの方がフォトジェニックですね、いやぁ、失敗しちゃったな~(毎度のことですが‥‥笑)

youicさん
 紅葉の尾瀬に行けない鬱憤が全部吹き飛びましたよ。尾瀬裏燧を彷彿させるようなブナの美林には本当に癒されました。そして、冠雪の富士山にトドメを刺されて帰ってきました。こうして克服したかに見えた尾瀬病ですが、初雪の便り1つで‥‥(^^ゞ)
 youicさんのところからですと奥多摩は遠いですね、とくに檜原は。片道3時間だと気軽に行ける場所ではありません。この近さでここまで楽しめれば、という感じ方がありますから、山域の印象はこちらからと比べて変わってしまうかもしれませんね。

投稿: 鉄まんアトム | 2014年10月29日 (水) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奥秩父西沢渓谷の紅葉を下見する | トップページ | もみじ狩り三昧の3連休 »