« 草紅葉の大平原とアルペン気分の稜線と | トップページ | 小さい秋に寄り添う長月の尾瀬あるき »

川越夕景(41)

 前触れもなく夕焼けが現れました。慌てて撮りました。今年いちばんの焼けと言っていいでしょう、始まりから終わりまで約10分、じつに素晴らしい空でした。頼むから、こういうの、ぼくが尾瀬の中にいるときに出してくれませんかねえ‥‥。
Dscf5185
2014年9月20日17時48分頃撮影 埼玉県川越市南西部にて
FUJIFILM XQ1 プログラムAE,1/125,F4.2,ISO100,EV-2/3,換算50mm,PROVIA

 p.s. 前号で予告している3連休の尾瀬報告は、目下、鋭意編集中です。あんまりにも見事な夕焼けだったので、つい割り込んでアップしてしまいました。

(第724号)

|

« 草紅葉の大平原とアルペン気分の稜線と | トップページ | 小さい秋に寄り添う長月の尾瀬あるき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 草紅葉の大平原とアルペン気分の稜線と | トップページ | 小さい秋に寄り添う長月の尾瀬あるき »