« ワタスゲ大豊作の尾瀬に行くも‥‥退却 | トップページ | ワタスゲふわふわの尾瀬ヶ原をあるく »

政府の行為によつて再び戦争の惨禍が‥

 安倍晋三内閣は2014年7月1日、集団的自衛権の行使容認を閣議決定しました。憲法が定める改正手続きを経ずに、憲法の根幹を空洞化するクーデター宣言にほかなりません。
 すでに安倍内閣は、武器輸出禁止の原則も撤廃しており、人からコンクリートへ、コンクリートから武器へ、そして海外での武力行使へと、日本を乗っ取りつつあります。安倍内閣の存続こそが、「わが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険」そのものなのではないでしょうか。

 超高齢社会に移った日本では、近隣諸国との緊張を回避しながら、どうやって若年世代を育み福祉を回していくかが国家的喫緊課題であるのに、安倍内閣の政策は正反対なのばかり。
 では、こんなヤバイ事態なのに、安倍内閣の支持率が高いのはなぜなんでしょう。目先の経済さえ良ければ構わないと言うのなら、要するに「最後は金目」じゃん。ああ、いじましや、くわばら、くわばら。

20140701
 ‥起こることのないやうにする決意、いずこへ

*参考 日本国憲法第98条第1項
「この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。 」

(第704号)

|

« ワタスゲ大豊作の尾瀬に行くも‥‥退却 | トップページ | ワタスゲふわふわの尾瀬ヶ原をあるく »

コメント

おはようございます。
全く同感です。閣議決定ってなんだよ!こそこそやらずに正々堂々やれよ!憲法は最高法規だぞ!
と怒っています。
ところで、その後体調いかがでしょうか?
ワタスゲ、満喫は出来なかったかもしれませんが、最低限は楽しんできたようですね。私はどうもワタスゲとは縁遠いようです。

投稿: youic | 2014年7月 3日 (木) 07時50分

youicさん、共感いただき、ありがとうございます。
今回の閣議決定によって憲法自体が変わったわけではありません。日本国憲法によって日本国民に保障された自由及び権利は、時々の国民が不断の努力によって保持した上で、永久の権利として信託されているはずの将来の国民へと引き継いでいく責務があります。私たちは試されていますね。

さて、体調はほぼ快復です。微熱はもうありません。
尾瀬のワタスゲはいま大江湿原で見頃を迎え、すごいことになっているようです。行きたいけど週末の天気はワタスゲ向きではなさそうです‥。

投稿: 鉄まんアトム | 2014年7月 3日 (木) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワタスゲ大豊作の尾瀬に行くも‥‥退却 | トップページ | ワタスゲふわふわの尾瀬ヶ原をあるく »