« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の7件の記事

今更ながらHOLUX m-241を買う

 今年に入って奥多摩と尾瀬(残雪期)で道に迷っています。2回ともスマホ(docomo ArrowsV F-04E)のGPSが測位不能に陥っているので、二度あることは‥‥にならぬようGPS装備の見直しが必要です。されど懐寂し‥‥安価小型のGPSロガーで補完できないか考え、今更ながらHOLUX m-241を買ってみました――。
Dscf2897

続きを読む "今更ながらHOLUX m-241を買う"

| | コメント (4)

4連チャンの尾瀬、ならず…

 3連休には日帰りでも尾瀬沼に行きたいと思いながら、荒天の予報に加え、身も懐もお疲れモードだったので見送りました。記録更新4週連チャンの尾瀬はならず、です。ところで、先週は、週のド真ん中の真っ昼間に、とある寄り合いの下見で某山に行ってきましたので、忘備録として綴っておきます。こんな森を抜けて‥‥
Dscf3746

続きを読む "4連チャンの尾瀬、ならず…"

| | コメント (6)

尾瀬笠ケ岳をあるく

 尾瀬国立公園の周縁部にあって、鳩待通りや至仏山の稜線から正三角錐の端整な山容を臨める笠ヶ岳(標高2057m)。至仏山と同じく蛇紋岩の山で花の名山として誉れ高く、以前から気になっていて、花の時期に一度行ってみたいと思っていたので、日帰りで出掛けてきました。とうとうやってしまった、3週連続の尾瀬です――。
Img_0490

続きを読む "尾瀬笠ケ岳をあるく"

| | コメント (4)

ワタスゲの白波立つ尾瀬大江湿原をあるく

 二十年に一度と評される2014年の尾瀬大江湿原のワタスゲ。あいにくの空模様にて、晴天下でふわふわ揺れる光景には巡り会えませんでしたけれども、まるで白波の流れるがごとく湿原を埋め尽くす様は圧巻でした。三平峠を越えて見に行った甲斐がありました――。(※前号からの続き)
Img_0069

続きを読む "ワタスゲの白波立つ尾瀬大江湿原をあるく"

| | コメント (4)

やはりワタスゲ大豊作の尾瀬大江湿原へ

Dscf3298_2

 尾瀬沼東岸は大江湿原のワタスゲが尾瀬ヶ原を上回る大豊作とのこと。尾瀬沼に向かうも体調悪化により尾瀬ヶ原にて引き返した前週から、誰かに後ろ髪をずうっと引っ張り続けられどうにもならなくなってきたので、思い切って出掛けてきました。

 見たかった大豊作のワタスゲはまさに大江湿原を埋め尽くしていました。けれども、着いた頃には曇ってしまい、翌日は未明から無情の雨。よって、思い描いたような写真は撮れませんでした。でも、行って良かった、諦めかけていた二十年に一度の現場に立てただけでも幸せです。悔いはありません。(‥詳細は後日改めて →こちら

Dscf3325

*撮影2014年7月6~7日 尾瀬沼の大江湿原にて FUJIFILM XQ1

【関連記事】 ワタスゲ大豊作の尾瀬に行くも‥‥退却(第703号)
*このほかの尾瀬関連記事は、カテゴリ「尾瀬」をクリックしてご覧下さい。

(第706号)

| | コメント (7)

ワタスゲふわふわの尾瀬ヶ原をあるく

 体調悪化により途中で退却を決めた先週末の尾瀬歩き。体調を崩す前の初日の日中、雨模様ながらも夕方まで雨は持ちこたえてくれたので、ふわふわのワタスゲを眺めながら尾瀬ヶ原を歩くことができました――。(※第703号からの続き)
Img_9348

続きを読む "ワタスゲふわふわの尾瀬ヶ原をあるく"

| | コメント (2)

政府の行為によつて再び戦争の惨禍が‥

 安倍晋三内閣は2014年7月1日、集団的自衛権の行使容認を閣議決定しました。憲法が定める改正手続きを経ずに、憲法の根幹を空洞化するクーデター宣言にほかなりません。
 すでに安倍内閣は、武器輸出禁止の原則も撤廃しており、人からコンクリートへ、コンクリートから武器へ、そして海外での武力行使へと、日本を乗っ取りつつあります。安倍内閣の存続こそが、「わが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険」そのものなのではないでしょうか。

 超高齢社会に移った日本では、近隣諸国との緊張を回避しながら、どうやって若年世代を育み福祉を回していくかが国家的喫緊課題であるのに、安倍内閣の政策は正反対なのばかり。
 では、こんなヤバイ事態なのに、安倍内閣の支持率が高いのはなぜなんでしょう。目先の経済さえ良ければ構わないと言うのなら、要するに「最後は金目」じゃん。ああ、いじましや、くわばら、くわばら。

20140701
 ‥起こることのないやうにする決意、いずこへ

*参考 日本国憲法第98条第1項
「この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。 」

(第704号)

| | コメント (2)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »