« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の7件の記事

奥多摩石尾根さんぽ

 飽きもせず、3週連続の奥多摩歩きです。5月も下旬で、標高をある程度上げないと新緑や芽吹きが見られません。しかし、連戦中のお疲れモードゆえ、ガッツリ登りたくもありません。というわけで、峰谷の奥集落から浅間尾根(せんげんおね)で石尾根を目指しました。鷹ノ巣山では、前回2年前はお留守だったあの人が居ました――。
Img_6804

続きを読む "奥多摩石尾根さんぽ"

| | コメント (3)

川越夕景(40)

 客先での所用を終えての帰り道、朝からの本降りの雨が弱まり天気雨に変わりました。すると、やはり、出て来ました。虹です。そのまま写真が撮れる場所まで車を走らせ、間に合いました。虹が大きすぎて広角25ミリに全然収まりきらず、パノラマモードにて撮りました。久々に見た完全な虹です。頼むから、こういうの、尾瀬で、出してくれないかなぁ~祈(^^;)~。
Dscf2050

 けっこう長持ちの虹で、20分くらいは弧を描いていました。空に薄い雲が残って夕焼けを予感したのでその場に留まってみましたが、残念ながら不発に終わりました。
Dscf2100

*埼玉県川越市笠幡地内にて2014年5月21日撮影 FUJIFILM XQ1

(第694号)

| | コメント (2)

シロヤシオを求めて再び奥多摩川苔山へ

 シロヤシオを求めて奥多摩の真名井北稜から川苔山を歩いたのが1週間前。しかし、シロヤシオにはほとんど出会えず、下山の際には深刻な道迷いにも遭いました。それでも初志貫徹、週末、再び川苔山を目指しました。あきらめずに行ってみた甲斐はありました――。
Img_5786

続きを読む "シロヤシオを求めて再び奥多摩川苔山へ"

| | コメント (7)

11年前、江差にて

2003_0310_img_4776

 北海道を走るJR江差線の末端部分(木古内~江差間42.1km)が、2014年5月11日をもって廃止されました。この区間には、いまから11年前の2003年3月、青森県八戸市への所用のついで(?)に乗って江差市街で1泊しました。かつて、ニシン漁で栄華を馳せたのも今は昔、ひとけのない寂しい町だったなぁ~と記憶しています。

続きを読む "11年前、江差にて"

| | コメント (0)

シロヤシオを求めて奥多摩真名井北稜へ

 奥多摩や奥武蔵ではアカヤシオが終わり、替わって標高の低いところからシロヤシオが咲き始めています。いくつかの候補の中より、家から一番近い真名井北稜を歩いてきました。見るには見られましたけれども、立っていられないほどの予想外の強風が吹き荒れていて、花を目の前にしながら写真はほとんど撮れませんでした。
Img_5400

続きを読む "シロヤシオを求めて奥多摩真名井北稜へ"

| | コメント (2)

逆川乗越より奥武蔵縦走路を往って来い

 今年もGW後半の1日で奥武蔵を歩きました。大持山~小持山のアカヤシオが見たい、有間山稜の芽吹きも見たい、ならば広河原逆川林道で標高約1000mの逆川乗越(さかさがわのっこし)まで車で上がってしまえばラクなんじゃないか、と悪知恵が働きました。残念ながらアカヤシオはもう終盤でした。
Img_4912

続きを読む "逆川乗越より奥武蔵縦走路を往って来い"

| | コメント (7)

東武東上線開業100周年

 東武東上線は、1914(大正3)年5月1日に当時の東上鉄道が池袋~田面沢(たのもさわ、現在の川越市大字小ケ谷地内)間を開業してから、本日で100周年を迎えました。
 その記念として、本日1日1往復限り、2種類のリバイバルカラーをまとった特別編成列車が走るというので、駅まで行ってきました。すっかり見飽きて全然興味もなかった東武8000系電車の丸顔ですけれども、廃車が進んで残りはコイツだけかと思うと愛おしくも思えてきます。(川越駅にて)
Img_4503

続きを読む "東武東上線開業100周年"

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »