« 氷の華シモバシラ咲く奥高尾山稜をあるく | トップページ | 会津駒ヶ岳駒ノ小屋からメルヘンチック賀状届く »

年賀状2014

2014_nenga

  謹んで新春の御祝詞を申し上げます

旧年中は、格別のご厚情をいただきまして、誠にありがたく存じます。
本年もいっそうのご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。
 2014年元日

 写真は尾瀬ヶ原ゆるぎ田代にて――。春まだ浅き5月の尾瀬、湿原に雪解け水が溢れる数日の間にだけ見られる“逆さ至仏”。わずかな風でも倒影が掻き消されてしまうため瞬景なのだが、この日はおだやかに晴れ渡ってゆっくり満喫できた。

 尾瀬に足繁く通い始めて丸5年が過ぎました。この5年は私自身にとって重い課題を背負い続けていた歳月でもありました。過去4年、不退転を有言実行すべく、年賀状に込めた思いを年頭このブログに記してきましたけれども、昨年ようやく「重い課題」に決着がつきました。出した答えは正しかったと思える1年でもありました。
 というわけで、今年の年賀状のデザインにはメッセージ性が全くありません。純粋に、尾瀬の早春風物詩を楽しんでもらうための、呪縛が解けた年賀状をお届けしました。

(第658号)

*追伸 前年に続き2013年の鉄道乗りつぶしも進捗ゼロだった(距離は乗ったのですが…)ので、毎年大晦日に連載していた「てつのみち」は休載としました。

|

« 氷の華シモバシラ咲く奥高尾山稜をあるく | トップページ | 会津駒ヶ岳駒ノ小屋からメルヘンチック賀状届く »

コメント

アトムさん、遅くなりましたが、明けおめです。
素晴らしい年賀状に感激、あの時のなぜか楽しかった時間がよみがえります。私の手元にも戻ってきた四つ切り写真がありますが、放置せず飾ることにします。
今年も尾瀬での出会いができるといいなぁと思っています。会津駒にも足を伸ばすかも、まぁ今年もよろしくお願いします。

投稿: youic | 2014年1月 6日 (月) 07時40分

youicさん、こんにちは。こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
逆さ至仏の写真は弊事務所においても展示中で、お客様の評判も上々です。毎日見ていても全然飽きません。フィルムからのプリントだと質感はさらに良いでしょうね。

会津駒には是非とも足を運んでみて下さい。山頂で折り返してしまう人もいるようですが、その先こそが白眉です。天上の楽園の度合いはアヤメ平の比ではありません。
浅草6:20発の快速会津田島行きに乗れば土日だけでもゆっくり行って来られます。出来るならば、大清水から入って尾瀬沼で1泊し、それから駒ノ小屋でもう1泊して、下山後は温泉にでも入って帰れたら御の字です。

投稿: 鉄まんアトム | 2014年1月 7日 (火) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 氷の華シモバシラ咲く奥高尾山稜をあるく | トップページ | 会津駒ヶ岳駒ノ小屋からメルヘンチック賀状届く »