« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の6件の記事

春財布

Img_3821

 人前で出すのが躊躇われるほどに使い込まれた我が財布。使い始めて約20年、服飾には無頓着なワタクシでさえ見るに堪えぬ状態を数年引きずって、とうとう穴もあき出したので、新調を決めました。春に財布を買うのは縁起が良いのだそうで、これにあやかって金運の駄駄漏れに歯止めがかかる御利益を期待しております。
 色は無難に黒と思っていましたが、注文間際に気が変わり、オークという一番明るい色にしてみました。四十半ばのおっさんには少々派手だったかもしれません。でも、エイジングが楽しめそうな良い色合いです。気に入りました。

(第663号)

| | コメント (2)

山でのデジカメ電源確保を企む

 山でのデジカメの電源確保にはいつも悩まされています。私の持っているカメラはUSB充電には対応していません。カメラ2台、予備バッテリーが3~4個ずつあっても、AC給電できなければ丸3日は保ちません。

Img_3810

 そこで目を付けたのが万能充電器「MyCharger Multi mini」(日本トラストテクノロジー社製、※写真の右下)。電池に合わせ可動式の端子を動かし、バネが付いた蓋を閉め固定してUSBから充電する仕組み。2千円でお釣りが来るので試してみました。

続きを読む "山でのデジカメ電源確保を企む"

| | コメント (2)

防災を口実に山での太陽光発電に備える

 災害に備えるため、と言えば、たいていの山道具は買えます。今回は、災害時に最低限の通信電源と飲料水が確保できるよう、以前から目を付けていた携帯型の太陽光発電機と浄水器などに予算が付きました――。
Img_3776

続きを読む "防災を口実に山での太陽光発電に備える"

| | コメント (5)

全録を謳う模範小六法に省略あり

 仕事柄、六法は毎年(忘れなければ!)買い換えるもので、受験生時代から、三省堂の『模範六法』を使い継いできました。主要法令の3段組は見易く慣れ親しんだ体裁ですが、なぜか会社法が4段組で使いづらさを感じています。
 一方で、同じ三省堂から、「不動産登記法および同令・規則、商業登記法および同規則および登録免許税法を全録して、司法書士の実務上の必要にも応えているとの編集方針の小型版『模範小六法』が併売されています(※1)。模範六法は、場所を取るし、値段も高いし、重くて持ち歩けないし、というわけで、今回初めて『小』に手を出してみました。

続きを読む "全録を謳う模範小六法に省略あり"

| | コメント (0)

会津駒ヶ岳駒ノ小屋からメルヘンチック賀状届く

2014_nenga_komanokoya

 昨年の会津駒ヶ岳への初登頂(→第621号)で、一晩お世話になった駒ノ小屋より年賀状を頂きました。葉書のデザインは、パステル調で描かれた絵が会津駒の景色と重なって見えるメルヘンチック。手書きの文章も添えられており、その内容は、私が泊まったときの状況や管理人さんご夫妻と交わした会話を踏まえたものでした。素敵な年賀状です。
 記憶か記録か存じませぬが、これを宿泊した一人1人になさっているのだとしたら、並大抵の苦労と配慮ではありません。小屋に居ても小屋を離れても、持て成されている感、ひしひしと伝ってきます。会津駒ヶ岳は、日帰りしてはいけない山だと悟りました。

R0033992
▲駒ノ大池を見下ろす高台に建つ駒ノ小屋そのものもメルヘンチックな佇まい。(※霧がかかる4時間半前の撮影、2013年8月9日、福島県檜枝岐村にて、GXR+GR Lens A12 28mm)

【関連記事】 あこがれの会津駒ヶ岳から中門岳をあるく(第622号)

(第659号)

| | コメント (2)

年賀状2014

2014_nenga

  謹んで新春の御祝詞を申し上げます

旧年中は、格別のご厚情をいただきまして、誠にありがたく存じます。
本年もいっそうのご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。
 2014年元日

 写真は尾瀬ヶ原ゆるぎ田代にて――。春まだ浅き5月の尾瀬、湿原に雪解け水が溢れる数日の間にだけ見られる“逆さ至仏”。わずかな風でも倒影が掻き消されてしまうため瞬景なのだが、この日はおだやかに晴れ渡ってゆっくり満喫できた。

 尾瀬に足繁く通い始めて丸5年が過ぎました。この5年は私自身にとって重い課題を背負い続けていた歳月でもありました。過去4年、不退転を有言実行すべく、年賀状に込めた思いを年頭このブログに記してきましたけれども、昨年ようやく「重い課題」に決着がつきました。出した答えは正しかったと思える1年でもありました。
 というわけで、今年の年賀状のデザインにはメッセージ性が全くありません。純粋に、尾瀬の早春風物詩を楽しんでもらうための、呪縛が解けた年賀状をお届けしました。

(第658号)

*追伸 前年に続き2013年の鉄道乗りつぶしも進捗ゼロだった(距離は乗ったのですが…)ので、毎年大晦日に連載していた「てつのみち」は休載としました。

| | コメント (2)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »