« BCLの血が騒いでラジオもう1台 | トップページ | 晩秋へと移ろう尾瀬を縦断する(プロローグ) »

川越夕景(37)

 毎度お馴染みの場所で恐縮ですが、日没後、にわかに雲が素敵な色に染まり出したので写してみました。台風一過による夕焼けなのかもしれません。色の移り変わりの速さはまさに秋の空、といった感じでしょうか、10分くらいの間のドラマでした。学童保育のお迎えに向かう前の時間でもう真っ暗になる寒露の候の夕暮れです。

P1200815
Panasonic DMC-LX3 プログラムAE,Av2.2,Tv1/125,ISO80,WB太陽光,EV-2/3
川越市役所駐車場にて2013年10月9日午後5時半頃撮影

(第635号)

|

« BCLの血が騒いでラジオもう1台 | トップページ | 晩秋へと移ろう尾瀬を縦断する(プロローグ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BCLの血が騒いでラジオもう1台 | トップページ | 晩秋へと移ろう尾瀬を縦断する(プロローグ) »